私も使用するおすすめビットコインFX取引所 Bybit はこちら

Three Arrows Capital(3AC)の破綻が仮想通貨相場に及ぼす影響

Three Arrows Capital(3AC)の破綻がビットコイン相場に及ぼす影響仮想通貨コラム

かつて世界最大規模の暗号通貨ヘッジファンドとも言われたThree Arrows Capital(3AC:スリーアローズキャピタル)の破綻は、Terraショックをモロに食らってしまったことから引き起こされたものです。

以前は安定した利回りの裁定取引で成功していたヘッジファンドが、リターンを加速させるために暗号通貨でレバレッジをかけることを決め、リスク管理を怠りTerraUSDキャリートレードを行うために資金を借り入れたことで、その代償を払うことになったその顛末。

そしてその影響はビットコイン仮想通貨相場にどこまで影響を及ぼすのか?調べました。

3ACについて

zhusu

zhusu

Three Arrows Capital(3AC)は、zhusuとKyleLDaviesが主導する暗号ベンチャーキャピタルファンドです。
ピーク時には、推定180億ドルの資産を管理しており、この分野の上位3つのVC(ベンチャーキャピタル)にランク付けされていました。 彼らの最も成功した投資には、 $AVAX 、 $NEAR 、 $ETHが含まれます。

残念ながら、不十分なリスク管理、貪欲、無謀さが混ざり合って破産し、クリプト市場全体に深刻な影響を及ぼしています。

スーとカイルは裁定取引を専門にしており、銀行員時代はわずかな価格の差から利益を得るよう訓練されました。何度も何度もそれを繰り返せば、お金はどんどん増えていきます。3ACは、非効率な店頭取引であるNDF(ノンデリバラブル・フォワード)市場のアービトラージ(裁定取引)からスタートし巨万の富を得ました。

3ACは世界最大の暗号資産ファンドだった

優れたトレーディングの評判と、彼らがコントロールする資産の大きさが相まって、3ACは非常に寛大な条件で借入を行うことができました。
例えば、上場企業であるVoyagerは、3ACに数億ドルを無担保で15,250BTCと3億5000万USDを貸し出しました。3ACのデフォルトは無防備な状態でこれらの貸出資産を直撃しました。

Terraは3ACのスポンサーの一つだった

ある時点で3ACは暗号通貨市場に目を付け、キャッシュアンドキャリーベーストレーダーとして取引を行うようになりました。無期限先物スワップは、その歴史の中で、純支払ショート – つまり、あなたが米ドルを売って、BTCを購入し、その後BTC / USDを販売する場合、あなたは時間の経過とともに資金を獲得することができます。

これらの通貨裁定取引や資金調達取引は非常に収益性の高い取引ですが、同時に資本集約的な取引でもあります。
デリバティブ取引をするためには証拠金を計上する必要があり、他の取引所で同等かつ反対のポジションを持っていても信用を得ることはできません。

このサイクルの世紀のキャリートレードは、Do KwonとTerraUSDがスポンサーとなっていました。
TerraUSD (UST) は DeFi アルゴリズムの安定コインでした。

3ACは2022年2月にLuna財団による10億ドルの調達の一部としてLUNAトークンに2億ドル以上を投資していましたが、この金額は5月中旬にTerraエコシステムが崩壊して以来、実質的に無価値になってしまいました。

USTキャリートレードはシンプル

  1. 20%未満で米ドルを借入
  2. USDをUSTに変換する
  3. USTをAnchorに預けて20%獲得する。
  4. 年換算の含み益=20%-借入費用

利益を出すためには、その逆をやることになる。

  1. アンカーからUST+USTの利息を引き出す
  2. USTをUSDに変換する
  3. 米ドルローンを返済する
  4. 残りは利益です

上記で示唆したように、3ACは自己資金だけでなく、USTキャリートレードを行うために個人とファンドから米ドルを借りたと思われます。

担保となるローンについて、3ACはビットコイン、イーサリアム、そして最も重要なことですが、その他の流動性が低く、より不安定な様々なアルトコインを組み合わせて担保として計上しました。

しかし、USTのドルペグが崩壊し、400億ドルのTerraエコシステム全体が1週間足らずでほぼ無価値になると、かつてはおいしいキャリートレードだったものがあっという間に全損失となりました。

3ACの破綻が中央集権型レンディング企業に直撃

Three Arrows Capital(3AC)のデフォルトが非常に衝撃的だったのは、世界最大の中央集権型仮想通貨レンディング企業(Celsius、Blockfi、Voyagerなど)の多くに破綻レベルの損失を与えたことです。

3ACローンの損失のために、これらの貸出レンディング事業の多くは、顧客の資金を転用しており債務超過に陥りました。暗号通貨エコシステムからの撤退は、ビットコイン、イーサリアム、そして多くのアルトコインで市場クラッシュを引き起こしました。

集権型レンディングは金を持て余していたことも一因

この数社(Celsius、Blockfi、Voyagerなど)に殺到した何十億ドルという資金は、責任ある借り手の供給を上回ったのです。彼らは資金を得るためにコストがかかったため、資金を投入しなければいけませんでした(皆に利子を払っていることを忘れてはならない)。

資金を貸し出さなければならないというプレッシャーから、企業は借入基準を下げざるを得ず、また3ACと全く同じキャリートレードを行うようになっていったのです。

しかし注目すべきは、中央集権型と非中央集権型の2つの市場のうち中央集権型のプレーヤーだけが一斉に破綻したことです。

分散型レンディングは担保を清算し、何の問題もなく運営されていました

Defiレンディングは無事だった

暗号通貨とDeFiを支える技術は、3ACとこれらの貸し手がトラブルに陥った理由とは何の関係もありません。
コミュニティによって管理されるプロトコルは、必要な担保の種類とその金額を明示する一連のルールを持っています。

機関投資家レベルの大きなプレイヤーが一斉に退場したことで、相場への信用取引を使った売り圧は大部分が一掃されたと見ることができると思います。
今後のビットコインはじめ仮想通貨市場は、信用収縮が起きているとはいえ買われる展開になるんじゃないかと予想します。

Defiレンディングは信用を一切必要としない

Compound(COMP)、Aave(AAVE)、MakerDAO(MKR)をはじめとしたDeFi レンディングプロトコルはルールに、

「分散型で貸し出しを行う場合、個々の人間による恣意的な判断は行われない。つまり、プロトコルは資金を貸すかどうか、どのように担保を確保するかという判断に、信頼に関連するデータポイントを一切考慮しない。」

という仕組みになっています。

私がビットコイン担保でUSDCを借りたい場合、プロトコルは借り手がビットコインで過剰に担保を設定することを要求します。
これは、ビットコインがUSDCのようなステーブルコインに対して、より変動性の高い資産であるためです。通常、最初の証拠金は借りたUSDCの価値の150%です。ビットコインが100ドルで、100 USDCを借りたい場合、100USDCのローンに対して1.5 BTCを担保として計上しなければなりません。

ビットコインの価格が下落した場合、通常はUSDCローンの価値の120%という設定レベルまで、プロトコルは直ちにプログラム的にビットコインを清算し、ほとんどの場合、100USDCは貸し手に返却されます。このレベルはプロトコルレベルで設定され、十分な数のガバナンス・トークン保有者が融資基準の緩和や強化に同意した場合にのみ変更することができます。

実際、今回の危機の中で、いくつかの融資プロトコルはその方針を変更しました。
(例:Compound.Financeの担保要素を調整する提案で、このプロトコルを管理するDAOによって承認されました。)

これらのプロトコルが持つ貸し手と借り手に関する情報は、イーサリアムのウォレットアドレスだけです。彼らにとって、3ACは残高のあるアドレスに過ぎません。
これらの融資プロトコルは、融資の方程式から信頼の必要性を取り除くという明確な目標を持って設計されており、数十億ドルの融資帳簿を管理しています。

これらのプロトコルは、彼らの融資基準、借り手/貸し手のアドレス、清算レベルは、ブロックチェーンにすべて公開されているため、完全に透明です。
巧妙なマーケティングキャンペーンしか考慮できない中央集権的な貸し手の不透明さとは対照的です。

コミュニティが保守的な証拠金要件を規定したおかげで、これら主要なDeFi融資プロトコルはすべて生き残ることができたのでです。
プロトコルは引き続きローンを発行し、ダウンタイムも発生していません。

3ACのまとめ

3ACの破綻についての顛末についてまとめましたが、それに対する解決策がより明確になってきたように思います。

3ACは、その投資手腕と大規模な資産プールにより、融資会社からほとんど担保なしで借入を行うことを許可されました。
その結果、3ACがマージンコールを満たせなかったとき、これらの金融機関はバランスシートにマリアナ海溝サイズの穴を作り、残念なことに、かつて10億ドル以上の評価を受けたこれらの「FinTech」新興企業は債務超過に陥りました。

巨大なプレイヤーが一斉に退場したことで、強制的な売り圧は大部分が一掃されたと見ることもできると思います。
今後のビットコインはじめ仮想通貨市場は、信用収縮が起きているとはいえ長期的に買われる展開になるんじゃないかと予想します。

システムから信用を取り除き、公平なコンピューターコードによって実行される透明な融資基準に純粋に頼れば、より良い結果を得ることができたのです。
これが学ぶべき教訓です。

問題は、中央集権的な暗号市場の信用収縮により、何十万、何百万という人間が再起不能になった今、資金を借りるために誰が残っているのか、ということです。
弱気市場が続く中、DeFiレンディングプロトコルはこの問題に取り組んでいくことになります。

この試練を通じて、新しい分散型金融システム(DEFI)が、また新たな試練を乗り越えたことを実証したことが大きな収穫になりましたね。

ある時点で、これらのDeFi貸出プロトコルの株価純資産倍率は再び魅力的になるでしょう。
BitMEXの創業者アーサーは、この弱気相場が終わる前に、Compound(COMP)、Aave(AAVE)、MakerDAO(MKR)をもっと低い水準で仕込む機会を待っているそうです。

そうそう、COMP、AAVE、MKRなどの銘柄を購入する為にはDEFIか海外取引所かしか手段はありません。海外取引所なら日本人も登録できるBybitをオススメしている当サイトですが、BinanceBitgetもいいと思います。

defiを使うならメタマスクやUniswapは必須です。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました