さとちんインジ(APS)を使った戦術|仮想通貨FXトレード専用インジケーター

ちんイン(APS)とは?仮想通貨FXトレードで使えるインジケーターの正体 ツール・自動売買

BitMEX(ビットメックス)のビットコインFXでいつも遊んでいる仙人です。

今回はツイッターで目にした「ちんイン」というインジケーターについて調べてみました。

なにやら、仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)に特化したインジケーターらしいのですが、あまり情報がなかったので記事で紹介することにしました。

さとちんインジとは?(APS:ALT PUMP SEARCH)

ちんインとは、さとちんさん(@satotin_fx)が作った有料のインジケーター(買い切り)で、「APS:ALT PUMP SEARCH」のことです。

さとちんさんが作ったインジケーター、略してちんインということなんですね。

今から価格が大きく動く仮想通貨が分かるかも!?というシグナルをとらえるためのインジケーターのようです。

当初アルトコインの中長期トレード用に作られたインジなのでALT PUMP SEARCHという名前ですが、バージョンアップの結果ビットコインでも使えるようになっているとのことです。

テクニカル分析のできる方、ファンダに強い方にとって、強力なエントリー根拠の1つになるとのこと。

また、購入特典として、単独でも販売している有料インジケーター6つセットもつけてくれるらしいです。

おまけインジケーターの名称

  1. くものすけ君
  2. 平均足を別枠で表示するインジ
  3. バインナンスのMA+1本を表示するインジ(雲付きもあり)
  4. 別枠で常に反転チャートを表示するインジ
  5. 別枠でBTCチャートを表示するインジ(他銘柄も可)
  6. 各時間足の200MAを8本一気に表示するインジ

バージョンアップは無料だそうです。

ちんインの使い方は?

TradingView(トレーディングビュー)というチャートツール専用のインジケーターです。
無料アカウントではインジケーターは3つまでしか使うことができないので、もし3つ以上インジ同時表示で使用したい場合は有料プランの「pro」にアカウントをバージョンアップする必要があります。

設定方法

TradingView(トレーディングビュー)のチャート画面にログイン後、インジケーターアイコンから画像のように選択します。

TradingView(トレーディングビュー)のチャート画面にログイン

引用:note

実例チャート

ちんイン(APS)がどのように動くかの事例を、開発者さんが実際インジだけを見てエントリーして暴騰に乗れたものを公開しています。

ELF/BTCの4時間足バイナンスのチャート:ピンクの垂直線でエントリー

ELF/BTCの4時間足バイナンスのチャート

引用:note

XRP/BTCのバイナンスのチャート:インジ上昇後→雲が赤から緑でエントリー

XRP/BTCのバイナンスのチャート:インジ上昇後→雲が赤から緑でエントリー

引用:note

ちんインは有料インジケーター。価格は?

購入をする前に、トレーディングビューのアカウントとnoteのアカウントを作成して用意しておく必要があります。

価格は¥5,980で、noteの販売ページで購入してから、コメント欄に書き込みをすることで、TradingViewインジケーターの使用権限が付与されるみたいです。

noteのアカウントを作成せずに購入した場合はコメントできないらしいので、開発者さとちんさんのツイッターDM宛に、購入時に送られるメールの画像、noteのアカウント名、トレーディングビューのアカウント名を送ることで使えるようにしてくれるそうです。

さとちんインジ(APS)の販売ページ(note)

ちんイン(APS)を使ったトレード戦略は使えるのか?

ちんインを使ったトレード方法としては、Binance(バイナンス)をはじめとした出来高が多いアルトコインを多く扱っている取引所で、シグナルが出た銘柄にエントリーして、高騰後に売り抜ける、という使い方がオーソドックスな方法のようです。

※どんなインジケーターであろうとも、必ずトレードで勝てるというものではありません。作者さんも申しておりました。

応用的な使い方としては、チンインでボラティリティ(値幅)の出るタイミングを図って、動く方向はbitfinexと
BitMEXのETH(イーサリアム)金利の偏り具合をみて判断するという使い方が今のところ考えられるようです。

①ちんインのシグナル点灯→ボラティリティの増加可能性UP

②bitfinexのETH(イーサリアム)金利の高騰、もしくはBitMEXのETH/USD資金調達率が大きくマイナス→ロングイン。

③BitMEXのETH/USD資金調達率が大きくプラス方向→ショートイン。

という感じ。ちんインとETH金利で動く方向を狙うということですね。

※これはあくまで仮設であり、未実証です。自己責任でお願いします。

BitMEXアルトコインFXの使い方|イーサリアムやリップルの違いと注意点
仙人 BitMEX(ビットメックス)のアルトコインFXについて、使い方やトレードする上での注意点も解説します。 BitMEXのアルトコインFXは、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム...

また、ロング・ストラドル(株価が上昇・下落のどちらかに大きく変動することを予想して、同ー限月、同ー権利行使価格の「コール買い」と「プット買い」を組み合わせる戦略)的なことで使うことも考えられます。

プットオプションのような考え方といえば、BitMEXのアップサイド利益契約のようなものもありますが、ちょっとややこしいですね。

さとちんインジを使う注意点

APSでのよく勘違いされている注意点があるので以下のことに注意してください。

APSインジの数値はロウソク足が確定するまでは不安定

ローソク足が確定するまではちんインの表示も未確定なので、足が確定した時点で、現在より一つ前の足までのインジを参考にしましょう。
これはAPSだけでなく、移動平均線などトレンド系インジやMACDRSIなどオシレーター系インジケーターなどどれでも言えることです。
日足や週足など長い時間軸で見てちんインの最近の動向を見たい場合は、4時間足などより短い時間軸でみて判断するなどして自身で調節しましょう。

ちんインが反応しても上か下かまではわからない

ちんインがビンビンに反応しているのを発見しても、そのシグナルが下なのか上なのかというところまでは判断できません。
上と下どちらに優勢なのかは、金利・他のインジケーター・チャートパターン・歩み値などを参考に判断していくことになります。

新型ちんイン S-APSが登場

APS(ちんイン)を改良したものです。

新型ちんイン S-APS

新型ちんインS-APSキャプチャ

一つのインジ内に最大8種類の銘柄のAPSを表示することができるので、
先行指標を複数確認、気になっているアルトの確認ミスを防ぐ、インジ枠を節約できるというようなメリットがあります。

すでにAPSを購入しており、ブログ・note・ツイッターで宣伝してくれた方に無料配布、もしくは追加購入2500円(期間限定?)で手に入れることができます。

詳細は開発者さんのnoteでご確認ください。

まとめ

ちんイン(APS)と呼ばれる、仮想通貨FXトレードで使えるインジケーターについて調べてみましたがいかがでしたか?

私も購入してみたのでいろいろ面白いチャートがあったら公開するかもしれません。

しかし最近は、海外の有名なチャーチストとかではなく、このようにツイッターで匿名の方でも優秀なインジケーターを考案していらっしゃるケースもちらほら確認しています。

今は、聖杯(絶対にFXトレードで勝てる必勝法のようなもの)は存在しないといわれていますが、いつか聖杯インジケーターを編み出す人も現れるんじゃなかろうかとも思っています。

聖杯をお持ちの方はこっそりと私に教えて下さいね、お待ちしています。

関連記事 【BitMEXの登録方法】BitMEX(ビットメックス)手数料を割引する口座開設方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました