ビットコインFX大口投資家、仕手筋の手口まとめ。クジラ(アルゴ)に乗れば必勝か?

仮想通貨コラム

普段からBitMEXでビットコインFXトレードを研究している当ブログですが、2017年末からでしょうか。

大口投資家によるビットコイン価格チャートの操作、というか影響が強くなってきていると言われています。

なぜビットコインの価格には大口投資家の影響が強く反映され始めたのか?

大口投資家とは、そもそも誰なのか?アルゴとは?

ビットコインFX大口投資家の価格操作の手口はどのようなパターンがあるのか?

クジラ(大口投資家)の意図を汲み取って同じポジションを持つようにすれば勝てるのか?

そのあたりの疑問を考察したり調べた結果わかったことを解説します。

関連記事 【BitMEX登録方法】大口も使っているBitMEX(ビットメックス)はすぐに口座開設できます

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の使い方はこちらで解説しています。

ビットコインFXの大口投資家とは誰なのか?


ビットコインやフィアット(法定通貨)を大量に保有している個人もしくは組織、正体は一体どのようなものなのでしょうか。

ビットコインを大量に保有している大口投資家にはいくつかのパターンが考えられます。

初期からビットコインに投資していた資産家

ビットコイン(1BTC)の価格がまだ10ドル(1100円)程度の時から投資していた個人投資家で、未だにビットコインを保有している人も世界には沢山います。

そのような仮想通貨の早期参入者の資産は一億どころか何十億円にも達しているかもしれません。

ただ、このようなビットコインを早期に買った個人投資家は保有したままガチホしている場合も多いらしく、ビットコインFXチャートを操作する仕手筋にはあまりいないと思います。たぶん。

ビットコインを保有している取引所関係

テザー(tether)の疑惑

仮想通貨取引所の関係で、ビットコインの価格操作がされている疑惑の代表格といえば、テザー(tether)です。
テザー(tether)社は、アメリカのBitfinex(ビットフィネックス)という大手仮想通貨取引所の子会社です。

テザー(tether)社が発行しているUSDTはUSドルのペッグ通貨として、1USDT=1USD=100円位に価値が固定されているわけですが、
このUSDTが実はUSドルの価値の裏付けがないままに無尽蔵に発行されているのではないか?という疑惑ですね。

もし価値の裏付けがないまま新規発行されているのだとしたら、無限にお金を生み出し続けることが出来てしまいます。

ただ、このテザー社の疑惑に関してはテザー社は公式に否定しています。真相はどうなのかはわからないですが、今の所大きな問題にはなっていないようです。

一ついえるのは事実として、テザー(tether)社がUSDTを新規発行する時期に、だいたいビットコイン価格が上昇する傾向にあることです

coinlibのスクリーンショット

coinlibのスクリーンショット

これはtether(USDT)の流れを追ったものです。ほとんどがビットコインとイーサリアムになっていることがわかります。

マウントゴックスの破産申請

仮想通貨交換会社マウントゴックスの破産管財人である小林信明弁護士が、破産財団に属するビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の一部、約430億円相当を売却したことを公表しました。

ただ、今は破産申請から民事再生に切り替えた関係で、ビットコインを売り叩く必要はなくなったとのことで、解決してよかったです。

組織的なトレーダー集団(アルゴ含む)

早期のビットコイン投資家も含まれるかもしれませんが、主に投機を目的に活動しているトレーダー集団組織が存在するはずです。
資金が集まれば、より利益を最大化させるために組織を形成することはごう自然な流れだと思います。

個人投資家ではなくファンドを募って資金を集めビットコイントレードで運用益を稼ぐプロトレーダー、またはアルゴというものです。

今ではすべての金融商品の市場、すべての銘柄でなにかしらのアルゴが稼働していると言われています。

アルゴとは

アルゴとは、トレンドラインや板・歩み値を読み、その上で何十億円以上の潤沢な資金を使って巨大な見せ板を出したり引っ込めたりしながら自分に有利な形を作り出し、他の小口トレーダーを誘い込んで利益を上げる積極的なシステムトレードプログラム、または運営団体のことを指します。

手口については後述します。

ICOで資金調達した組織

ICO(イニシャルコインオファリング)の資金調達は儲かります。(もうすぐ過去形になりそう)

イーサリアムやビットコインなど主要仮想通貨で資金を募り、その見返りとして、原価ゼロ(開発費のみ)の新規発行トークンを配当する。
投資家は新規トークンの値上がり益の恩恵を受ける、という仕組みですね。

では、ICOで資金調達した資金はどこに行くのでしょうか?
色んな使い道があるでしょうが、一定割合の資金は結局仮想通貨市場に留まると思います。

ビットコインでもっと稼ぎたいと思うでしょうし、一度に莫大なビットコインを法定通貨にすれば所在国の金融機関に目を付けられるリスクもあります。

ビットコインを使ってビットコインを稼ぐ為に、クジラ(大口投資家)になっているかもしれません。

ビットコインFXのプロ個人トレーダー

ビットコインFXのプロト個人レーダーといっても正式な資格があるわけではありません。

ビットコインFXで稼ぐことに長けた個人投資家の中には、億を超える莫大な利益を得ている人も少なくないでしょう。

自分の腕一つで財を成しているプロトレーダーも大口投資家の中にはいます。

世界の機関投資家

顧客から預かった資金を運用・管理する法人や企業の投資家のことを機関投資家といいます。
一般的な機関投資家といえば投資顧問会社、生命保険会社、信託銀行、投資信託会社などがあります。

彼らは個人投資家よりも大きな資金力や情報力を持っていて、取引量が数百万円の銘柄では小さすぎて投資対象にはなりません。
近年のビットコインや仮想通貨市場の成長に伴って、機関投資家が参入する間口が(アメリカを中心)増えてきました。

彼らの資金力からすればビットコイン価格を操作することはそれほど難しくないでしょう。

ちなみに機関投資家は局面で同じような行動をとることが多いために、市場が高騰したり膠着状態が続いたりも引き起こすようです。
ビットコインの2017年末の100⇒200万円の暴騰には機関投資家の影響も少なからずあったかもしれません。

ビットコイン大口投資家(仕手・アルゴ)の手口

大口投資家はビットコインが大好きだから爆買いしているわけではなく、もっとトレードで儲けるために売買しているのです。

では上記のようなビットコイン大口投資家たちはどのようにビットコインチャートに介入してお金を稼いでいるのでしょうか。
様々なパターンがあると思いますが、私が把握している範囲の情報をご紹介します。

人為的なトレンド形成

ビットコインの価格チャートが上昇トレンドに回帰するように定期的に大きな価格上昇が確認できます。

価格が落ちそうになると買い支えの大量成り買いがおきていますね。

下落トレンド形成も同じようなことが起きます

見せ板(大きな注文を取引板に出して壁を作る)がないかチェックしたり、大口が今、上下どちらの方向にトレンドを作っていきたいのか?を考える必要があります。

テクニカル指標の他にも、こういう思考をするのはビットコインFXトレードで必要なことです。

ロングorショート溜めてから利食いパターン

大口の投資家は、見せ板などを使って

上がりそうに見せかけて一般投資家のロングポジションを集めてから、ショートで利食い。

下がりそうに見せかけてショートを集めてからカチ上げて利食い。

なんてこともします。

はたまた、その逆手をとって、逆を突かれたりもするみたいですが…

ちなみにこのようなロング・ショート比率はこちらのサイトで確認できます。

だまし上げからのドテン狩りパターン

だまし上げからのドテン狩りパターン

だまし上げからのドテン狩りパターン

このチャートを見て下さい。

単純な値動きとは程遠いダマシのオンパレードなのがわかりますか?

トレンドラインを下にブレイクしたから下にいく!

とみせかけての全戻し!

上に行くと見せかけての下!と見せかけての全戻し!

。。。と思わせてからの更に上!

というふうに、ビットコインFXの短期トレーダーに狙いを済ませたかのような刈り取りに来ているような値動きをすることがあります。

このような値動きの時はエントリーしないで静観するのが無難だと思います。

仲介者を使って場外取引(OTC)で仕込んでいるパターン

私も全容は全く把握できていないんですが、本当の大口の投資家(国とか政治家とか、要人)は取引所でビットコインを買わないそうです。

市場になるべく影響を与えないように大量に仕込む為に、一般ユーザーとは違う窓口で購入しているって感じです。
これは場外取引(OTC取引)といって機関投資家の間では一般的に使われている取引方法です。

この場外で仕込んだビットコインはジワジワと市場に買い圧(もしくは売り圧)を与えます。

仲介者はその取引手数料でビットコイントレードをしている(主にショート)という推測をしている人もいます。

アルトコインを買い上げてからBTCに戻すパターン(資金循環)

大口の投資家がビットコイントレードで資産を増やす方法の一つに、アルトコイントレードを使う場合もあります。
取引所内の取り扱い銘柄の資金循環ですね。

ビットコインFXでレバレッジを掛けてトレードするのとは全く違うパターンですね。

まず、イーサリアムやリップル、ネムなど世界中で取引されている時価総額上位のアルトコインに資金を仕込んでパンプ(暴騰)させます。

話題になってイナゴが群がってきたところで、売り抜けビットコインに替える。

そうするとビットコインの枚数を効率的に増やすことが出来ます。

「理由もないのに突然価格が大幅に上昇した。」

「大した好材料でもないのにちょっとしたニュースで異常に高騰した」

という動きには警戒し、仕手によるアルトコインの騙し上げに引っかからないように注意しましょう。

アルゴに典型的な、見せ板とアイスバーグ注文

アルゴというのは、巨額資金を使ってテクニカルや見せ板などを駆使して価格をコントロールし、利益を上げるシステムトレードのことです。

2018年から見せ板が頻繁にみられ、BTCチャートにアルゴの存在が強くなっています。
アルゴを認識し、かれらと同じ方向にトレードするか、彼らに逆らわないようにするのが賢いビットコインのトレードです。

では、どうやってアルゴの介入を認識できるのかというと以下。

  • 大きな板(見せ板)が高速でキャンセルされたり再度入れられたりを繰り返している状況
  • いきなり大きな板が出現し、その反対側でアイスバーグ注文(隠し注文)があるらしい時

こういう現象が頻繁にみられるとき、アルゴが稼働しています。
アルゴに逆らうと自分のポジションがちょうどロスカットになってから反転するなど、上手く刈られてしまうので、どうすればアルゴを利用して利益を上げられるか?というトレードをする必要があります。

アルゴを利用するには歩み値の読み(テープリーディング)が力を発揮します。

機関投資家向けのビットコイン管理サービスも続々登場

以下のように、世界最大規模の仮想通貨取引所が機関投資家が参入しやすいようにカストディサービスやOTC取引市場を整備する動きが続々と出ています。

この流れは世界中の仮想通貨取引所にも波及するでしょう。

【コインベースがデジタル資産管理サービス立ち上げ】

米国の仮想通貨取引所大手コインベースが、機関投資家向けにデジタル資産を管理する「コインベース・カストディー」を立ち上げたと発表。コインベースは機関投資家の100億ドルほどが手付かずのまま放置されていると考えており(中略)。

「コインベース・カストディー」は2017年末から立ち上げが計画されていて、機関投資家の一番の懸念材料であるセキュリティーの強化を目指してきた。コインベースは過去6年間、200億ドルもの顧客の仮想通貨を保管してきたが、今後、米国証券取引委員会(SEC)に準拠し金融取引業規制機構(FINRA)のメンバーであるエレクトロニック・トランザクション・クリアリング(ETC)社によってカストディアン業務が遂行されることになるという。米国の規制機関の動向に敏感な機関投資家に配慮した形だ。

(中略)

コインベースは、完全にSECに規制されたブローカー・ディーラーになるべく証券業者を買収したり、銀行ライセンスの取得を模索したりしている。また先月には純資産100万ドル以上または年収20万ドル以上の大口投資家を対象にインデックス・ファンドを開始。さらに利用者を増やすために日本に進出する計画も明かした。

引用元:コインテレグラフ

世界中の機関投資家がビットコインに投資できるように整備が整った時、どのようなことになるのか。

おそらくビットコインの価格は現在の価格よりはるかに上昇すると予想できますが、今から楽しみですね!

関連記事 BitMEX(ビットメックス)のデメリットと評判を調査してみました。

まとめ

ビットコインFX大口投資家の手口まとめ。クジラに乗れば必勝か?というテーマで記事を書いてみましたがいかがでしたか?

大口投資家の正体はどのような人々なのか?

大口の仕手パターンにはどのようなものがあるのか、アルゴなどツイッター情報の分析も含めてご紹介してみました。

大口の動向は世界の動向です。
世界の大いなる流れを察知して恩恵を受けられる側でいられるようにしましょう。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の評判と口コミ!なぜオススメなのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました