Binance(バイナンス)の身分証確認はパスポートがなくても運転免許証でOK

Binance(バイナンス)の身分証確認はパスポートがなくても運転免許証でOK 取引所の登録方法

Binance(バイナンス)を使うには、本人確認書類、身分証がなくても問題はありません。
メールアドレス一つあれば登録できますからね。

Binance(バイナンス)の登録方法と使い方|現物トレード世界最高峰の取引所
Binance(バイナンス)の登録方法と使い方についてやさしく解説します。 BinanceとBitMEX(ビットメックス)には大きな共通点があります。 Binance(バイナンス)はビットコイン&アルトコイン取引量世界ナンバーワンの...

ただ、本人確認(KYC)をしてアカウントのグレードアップをしておくと、一日に送金できる額を100BTCまで大幅にアップできます。
仮想通貨投資で資産形成をしていきたいと思っているなら、避けては通れないでしょう。

幸運なことに、日本人の本人確認のために使える身分証はパスポートがなくても、運転免許証があれば可能です。

運転免許証でBinanceの身分証確認(KYC)をする方法を解説します。

Binance(バイナンス)は身分証がなくても使える

Binance(バイナンス)の特徴について簡単に説明しておきます。

取引所名Binance(バイナンス)
登録にかかる時間3分程
KYCに使える物パスポート・運転免許証(初期はメールアドレスのみ)
マルタ島(ヨーロッパ)
公式サイトbinance.com

Binance(バイナンス)は、世界最強レベルのセキュリティ技術、世界トップの取引高、100種類を超えるアルトコイン取り扱い、高機能な自社開発スマホアプリがあるなど、メリットを挙げればきりがない優良な取引所です。

Binanceの登録には、基本的には身分証などなくともメールアドレスのみで完結します。
ただし、身分証を登録することで使える機能がぐっと広がります。

Binance(バイナンス)で本人確認するとできること

結論から言うと、それなりに仮想通貨トレードで利益をだしていきたいと思うのなら、遅かれ早かれBinanceの本人確認(KYC)をすることになります。

それは、本人確認が完了していないアカウントには、一日に2BTCまでしか出金できないという大きな制限があるからです。
入金に制限はないのですが、2BTCというのは、もし仮にビットコインの価格が10万円になった場合に一日に20万円しか出金できないということになります。
※Binanceには法定通貨のようにBTCの下落に影響されないペグ通貨(USDTなど)があるので暴落を回避できます。

仮想通貨投資を本格的にやりたいと思う人なら、未来の期待値も含めて、2BTCでは足りないと思う人がほとんどだと思います。

何か特殊な事情がない限り、Binanceでの本人確認を完了しておくことをオススメします。

Binance(バイナンス)で本人確認する方法

Binanceの登録方法を簡単に説明

BitMEX(ビットメックス)の登録方法を図解Binance(バイナンス)の登録はメールアドレスがあれば可能です。
口座開設は即日でき、初期状態では出金が2BTCまでに制限されていること以外は普通に全ての機能を使うことができます。

公式サイトの右上端、google翻訳マークをクリックすると日本語にすることができます。

Binance(バイナンス)の公式サイトにアクセスしたら、赤枠のいづれかの「Register(登録)」から会員登録を進めましょう。

登録画面でメールアドレスやパスワードを入力し、「確認し、バイナンスの利用規約に同意しました。」にチェックを入れて「登録」ボタンをクリックして送信しましょう。
パスワードは英語大文字を含む英数字8文字で設定しましょう。

パズルのピースを右にドラッグして欠けたパズルを合致させる確認画面が毎回出現しますが、面白いですよね。なんか癒されます。

パズル認証が完了すると入力したメールアドレスにBinanceから「【Binance】Confirm Your Registration From~」という確認メールが届きます。
Binanceから確認メールが届いたら、本文にある「Verify Email」をクリックしてください。

本人確認(KYC)する方法

Binanceに本人確認証(パスポートor運転免許証)との自撮り画像(セルフィー)を提出し本人確認を行うと、出金額をさらに1日100BTCまで引き上げることができます。

先ほどの「account(アカウント)」ページに移行します。

以下の「24h引き出し限度額:100BTC」と表示されているところにある「認証」をクリック。

個人情報の提出ページが開くので、記載の方法にてパスポート写真、もしくは運転免許証をアップロードしましょう。
必要な情報を入力したら提出完了です!

不備が無ければ数時間~数日で認証されます。
これで登録完了です!

運転免許証よりはパスポートの方が無難

日本の運転免許証があればBinanceに登録できることを今までお伝えしてきましたが、パスポートがあるのならそれで身分証確認をした方が無難です。

パスポートというのは英語表記で世界共通で使えますから。
日本の運転免許証は日本語で書かれていますし、BinanceのKYCを担当するスタッフも確認にひと手間かかります。

よって、パスポートなら数時間~数日で完了するところが、本人確認に余計に時間がかかる可能性があります。
パスポートをもっている人はパスポートを使ってKYCしましょう。

まとめ

Binance(バイナンス)の身分証確認はパスポートがなくても運転免許証でできるということで、身分証確認の方法についてご紹介しました。

まだBinanceのKYCをしていない方は参考にしてくださいね。

Binance(バイナンス)の登録方法と使い方|現物トレード世界最高峰の取引所
Binance(バイナンス)の登録方法と使い方についてやさしく解説します。 BinanceとBitMEX(ビットメックス)には大きな共通点があります。 Binance(バイナンス)はビットコイン&アルトコイン取引量世界ナンバーワンの...

関連記事 併用して登録するならビットコインFX専門取引所BitMEX(ビットメックス)がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました