私も使用するおすすめビットコインFX取引所 Bybit はこちら

Bitget(ビットゲット)の手数料一覧|他の海外取引所の手数料と徹底比較!

Bitget(ビットゲット)の手数料一覧bitget(ビットゲット)

Bitget(ビットゲット)とは、2018年にシンガポールで設立された海外の大手仮想通貨取引所です。

世界50カ国以上の国でサービスを提供しており、総ユーザー数は200万人を超えています。

そんなBitget(ビットゲット)について、このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

Bitget(ビットゲット)の手数料を知りたい

他の海外仮想通貨取引所と比べて手数料は高い?安い?

手数料を安くする方法はある?

そこで本記事では、Bitget(ビットゲット)について以下のポイントを徹底解説いたします。

  • Bitgetの各種手数料
  • Bitget手数料を安く抑える方法
  • 海外仮想通貨取引所と手数料比較

Bitget(ビットゲット)を使用して仮想通貨を取引したいけど、他の海外仮想通貨取引所と比べて実際どうなの?という方に向けて、分かりやすく解説しております。

Bitget(ビットゲット)の口座開設がまだの方は、こちらの記事で仮想通貨初心者の方でも分かりやすく画像付きで解説しておりますので、ぜひ参考にしてください!

Bitget(ビットゲット)各種手数料

Bitget(ビットゲット)を使用する上で発生する手数料は以下の6つです。

  • Bitget入金手数料
  • Bitget出金手数料
  • Bitget現物取引手数料
  • Bitget先物取引手数料
  • Bitgetスワップ金利(資金調達料)
  • Bitgetコピートレード手数料

それぞれ順番に解説いたします。

Bitget(ビットゲット)入金手数料

Bitget(ビットゲット)は銀行振り込みが不可能なので、口座へ入金する際には以下の2つの方法から選択します。

  • 仮想通貨
  • クレジットカード・電子決済
仮想通貨の場合

Bitget(ビットゲット)へ入金するには国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

送金元の仮想通貨取引所の手数料がかかりますが、Bitget(ビットゲット)側の入金手数料はかかりません。

なので、送金手数料が無料の国内仮想通貨取引所を使用することで、完全無料でBitget(ビットゲット)へ入金が可能です。

無駄な手数料を払いたくないという方は送金手数料のかからない取引所を選びましょう。

クレジットカード・電子決済の場合

仮想通貨の場合と同じように、Bitget(ビットゲット)側の入金手数料は無料です。

しかし、使用するクレジットカードや電子決済の種類により決済手数料が発生する場合があります。

使用するブランドや電子決済によって違いはありますが、大体高くて約4%ほどの手数料がかかります。

Bitget(ビットゲット)出金手数料

Bitget(ビットゲット)から他の仮想通貨取引所へ出金する際は出金手数料がかかります。

Bitget(ビットゲット)の口座から出金する際の手数料は、通貨やネットワークごとに異なり、最低出金額も通貨ごとに設定されています。

主要通貨やネットワークの手数料、最低出金額は以下の通りです。

通貨ネットワーク出金手数料最低出金額
BTCBTC

BEP20

0.0006

0.01

0.001

0.001

USDTTRC20

ERC20

BEP20

HECO

SOL

1

4

0.8

0.5

1

2

2

10

5

10

ETHETH

Arbitrum One

0.006

0.02

0.001

0.111

LTCLTC0.0010.1
BNBBEP200.00050.01
LINKERC200.62
TRXTRX140
XRPXRP0.120
OMGERC208.81
SANDERC20510
XEMNEM510

出金手数料、最低出金額はそれぞれの通貨の単位となっております。

出金する場合の手数料の例

  • 1BTCの価格:400万円
  • 数量:0.001BTC(4,000円)
  • 出金手数料:0.0006BTC

以上の条件で出金した場合

400万円×0.001BTC×0.0006=2.4円

となり、手数料は2.4円かかります。

詳しくは こちら で確認できます。

現在は停止中のネットワークもいくつかありますので、取引前に確認しておきましょう。

Bitget(ビットゲット)現物取引手数料

現物取引とは、現在の価格で実際に引き出すことのできる仮想通貨を購入、売却する取引のことを指します。

現物取引にはMaker(メイカー)/Taker(テイカー)があり、Maker(メイカー)とは予約注文のことTaker(テイカー)とは既存の価格で注文することです。

Bitget(ビットゲット)で現物取引を行う場合の取引手数料は以下の通りです。

現物取引Maker(メイカー)Taker(テイカー)
取引手数料0.1%0.1%

先物取引を行う場合の手数料の例

  • 1BTCの価格:400万円
  • 数量:0.001BTC(4,000円)
  • 先物取引手数料:Maker(メイカー)/Taker(テイカー) 0.1/0.1%

以上の条件で出金した場合

400万円×0.001BTC×0.1%=4円

となり、手数料はMaker(メイカー)4円/Taker(テイカー)4円かかります。

Bitget(ビットゲット)先物取引手数料

先物取引とは、将来の売買について現時点で取り決めた価格や数量で行うことを約束する取引のことを指します。

Bitget(ビットゲット)で先物取引を行う場合の取引手数料は以下の通りです。

先物取引Maker(メイカー)Taker(テイカー)
取引手数料0.017%0.051%

先物取引を行う場合の手数料の例

  • 1BTCの価格:400万円
  • 数量:0.001BTC(4,000円)
  • レバレッジ:2倍
  • 先物取引手数料:Maker(メイカー)/Taker(テイカー) 0.017/0.051%

以上の条件で出金した場合

400万円×0.001BTC×2倍=8000

8000×0.017/0.051%=1.36/4.08円

となり、手数料はMaker(メイカー)1.36円/Taker(テイカー)4.08円かかります。

Bitget(ビットゲット)スワップ金利(資金調達料)

スワップ金利(資金調達料)とは無期限先物契約でポジションを持っていると発生する手数料のことを指します。

持っているだけで手数料を支払わなければいけず、レバレッジをかけた総額にかかる仕組みです。

Bitget(ビットゲット)の場合、スワップ金利(資金調達料)の発生時間が決まっており、1日3回 日本時間の0時、8時、16時と8時間毎に発生します。

スワップ金利(資金調達料)の計算方法は以下の通りです。

資金調達料 = ポジション価額 x 資金調達率

ポジション価額 = 契約数量 ÷ マーク価格

Bitget(ビットゲット)コピートレード手数料

コピートレードとは、数百人の中からお好みのトレーダーを選択し、そのトレーダーの取引を完全自動でコピーできる機能のことです。

初心者の方でも優秀な仮想通貨トレーダーと同じレベルで取引ができるので、かなり評判の良いサービスとなっていおります。

コピートレードを使用して利益が出た場合、コピーしたトレーダーに利益分布率を支払う必要があり、利益分布率はトレーダーによって異なります。

あくまで利益に対して10%手数料がかかる仕組みなので、マイナスなのに手数料が取られるということはありません

コピートレードで利益が出た場合は、利益分布率とプラスで先物取引手数料を支払います。

コピートレードの計算方法は以下の通りです。

  • 1BTCの価格:400万円
  • 数量:0.001BTC(4,000円)
  • レバレッジ:2倍
  • 利益分配比率:10%
  • 利益:50.000円
  • メイカーで取引

以上の条件で出金した場合

400万円×0.001BTC×2倍=8000

8000×0.017%=1.36円

50.000円×10%=5000円

5000円+1.6円=5001.36円

となり、手数料は5001.36円かかります。

Bitget(ビットゲット)手数料を安く抑える方法

Bitget(ビットゲット)で手数料を抑える方法について以下の2つを解説いたします。

  • Bitget独自トークンBGBで支払う
  • Bitget招待コードを利用する

それでは解説いたします。

Bitget(ビットゲット)独自トークンBGBで支払う

Bitget(ビットゲット)で手数料を安く抑える方法1つ目は、Bitget(ビットゲット)独自トークンBGB(Bitget token)で手数料を支払う方法です。

Bitget(ビットゲット)独自トークンBGB(Bitget token)を支払いに使用することで、手数料を20%安くできます。

こちらの方法で手数料割引を適用した場合は、業界最安クラスの低さを誇ります。

BGBで支払わない場合BGBで支払う場合
現物取引Maker(メイカー):0.1%

Taker(テイカー):0.1%

Maker(メイカー):0.08%

Taker(テイカー):0.08%

Bitget(ビットゲット)独自トークンBGB(Bitget token)を手数料の支払いに使用するだけで、かなり安くなるので、是非この方法を利用して有利に仮想通貨取引を行いましょう!

しかし、こちらの割引が適用になるのは現物取引のみであり、先物取引は適応されません。

ご注意ください。

Bitget(ビットゲット)招待コードを利用する

Bitget(ビットゲット)で手数料を安く抑える方法2つ目は、招待コードを利用する方法です。

Bitget(ビットゲット)の口座開設を行う際に招待コードを入力することで、取引手数料の30%割引が可能となります。

口座開設をすでに行なっていて、招待コードを入力していない方は使えませんが、口座開設がまだの方は こちら の記事からBitget(ビットゲット)へ登録することで、割引できるのでぜひ活用してください。

Bitget 登録1分!ここから登録で取引手数料が30%割引になります。
Bitgetの公式サイト

こちらの方法は、半永久的に手数料の割引が適用されます。

海外の仮想通貨取引所と手数料を比較

Bitget(ビットゲット)と他の海外仮想通貨取引所の手数料について、以下のポイントを徹底比較いたします。

  • 入金手数料を比較
  • 出金手数料を比較
  • 取引手数料を比較

それぞれ詳しく解説いたします。

入金手数料を比較

他の海外仮想通貨取引所と入出金手数料について比較を行います。

通貨名入金手数料
Bitget(ビットゲット)無料
Binance(バイナンス)無料
Bybit(バイビット)無料
Gate.io(ゲート)無料
CryptoGT(クリプトGT)無料
MEXC(エムイーエックスシー)無料

表を見て分かる通り、海外の仮想通貨取引所は基本的に入金手数料は無料です。

出金手数料を見るだけでは、Bitget(ビットゲット)が自身にあっているかを判断できないため、その他の手数料を見てみましょう。

出金手数料を比較

他の海外仮想通貨取引所と出金手数料について比較を行います。

通貨名出金手数料
Bitget(ビットゲット)BTC:0.0006BTC

XRP:0.1XRP

ETH:0.0006ETH

Binance(バイナンス)BTC:0.0005BTC

XRP:0.25XRP

ETH:0.01ETH

Bybit(バイビット)無料
Gate.io(ゲート)BTC:0.001BTC

XRP:1.8XRP

ETH:0.013ETH

CryptoGT(クリプトGT)無料
MEXC(エムイーエックスシー)BTC:0.0005 BTC

XRP:0.1 XRP

ETH:0.008 ETH

出金手数料を見てみると、Bybit(バイビット)、CryptoGT(クリプトGT)など出金手数料無料の取引所もあるので、Bitget(ビットゲット)は安いとは言えません。

全体的に見てそこまで高くはないですが、出金する際はこまめに行うのではなくまとめて行うことをおすすめします。

取引手数料を比較

他の海外仮想通貨取引所と取引手数料について比較を行います。

現物取引手数料先物取引手数料
Bitget(ビットゲット)Maker(メイカー):0.08%

Taker(テイカー):0.08%

(BGBで支払った場合)

Maker(メイカー):0.017%

Taker(テイカー):0.051%

Binance(バイナンス)Maker(メイカー):0.08%

Taker(テイカー):0.08%

(BNBで支払った場合)

Maker(メイカー):0.002%

Taker(テイカー):0.004%

Bybit(バイビット)Maker(メイカー):0.1%

Taker(テイカー):0.1%

Maker(メイカー):0.001%

Taker(テイカー):0.006%

Gate.io(ゲート)Maker(メイカー):0.2%

Taker(テイカー):0.2%

Maker(メイカー):0%

Taker(テイカー):0.005%

CryptoGT(クリプトGT)Maker(メイカー):0%

Taker(テイカー):0%

Maker(メイカー):0%

Taker(テイカー):0%

MEXC(エムイーエックスシー)Maker(メイカー):0.2%

Taker(テイカー):0.2%

Maker(メイカー):0.02%

Taker(テイカー):0.06%

現物取引手数料に関しては、表を見て分かる通り海外仮想通貨取引所の中でもトップクラスに安いと言えます。

しかし、物取引手数料0.08%というのは、BGB(Bitget token)で手数料を支払った場合のみ適用となります。

難しい操作は必要ないので、現物取引を行う場合は必ずBGB(Bitget token)で手数料を支払うようにしましょう。

先物取引手数料は、他の取引所と比べて少し高めに設定されていますので、頻繁に先物取引を行う方は自身に合っている取引所をしっかりと判断して、取引を行いましょう。

Bitget(ビットゲット)手数料まとめ

本記事では、Bitget(ビットゲット)の手数料について解説いたしました。

他社の仮想通貨取引所と比較も行っていますので、自信に合った取引所がどこかを見極めて、トレードを行いましょう。

手数料まとめ

入金手数料:無料(送金手数料がかかる)

出金手数料:通貨/ネットワークにより異なる

現物取引手数料:Maker(メイカー)/Taker(テイカー):0.017/0.051%0.08/0.08%(BGB支払い)

先物取引手数料:Maker(メイカー)/Taker(テイカー):0.017/0.051%

スワップ金利(資金調達料):資金調達料 = ポジション価額 x 資金調達率

               ポジション価額 = 契約数量 ÷ マーク価格

コピートレード手数料:2~10%+先物手数料

Bitget 登録1分!ここから登録で取引手数料が30%割引になります。
Bitgetの公式サイト

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました