私も使用するおすすめビットコインFX取引所 Bybit はこちら

Bitget(ビットゲット)取引所の登録方法|口座開設のやり方を解説

Bitget(ビットゲット)取引所の登録方法|口座開設のやり方bitget(ビットゲット)

Bitget(ビットゲット)取引所は、2018年創業のシンガポールの暗号通貨取引所です。

今まで出金トラブルもなく、本田圭佑をアンバサダーに起用したり日本人のサポートが手厚い取引所です。
アプリも自然な日本語に対応しており使いやすくリスクヘッジの為にも利用する価値があると思います。

仙人
仙人

元々高くない取引手数料が30%オフで利用できるのも良い点です。

Bitget 登録1分!ここから登録で取引手数料が30%割引になります。
Bitgetの公式サイト

Bitget(ビットゲット)取引所について

Bitget(ビットゲット)取引所についてBitgetは2022年時点で、世界50カ国以上で200万人以上のユーザーがおり、CoinMarketCapおよびCoinGeckoによるデリバティブ取引量では世界トップ5にランクインしています。

Bitgetの概要
取引所名Bitget(公式サイト)
対応通貨250種類以上、話題銘柄はカバーされています。
所在地シンガポール
設立年2018年
アプリiOS/Android公式アプリ有
日本語完全対応
最大レバ最大125倍
追証なし

Bitget(ビットゲット)大きな特徴は以下4つ。

  • モバイルアプリが高性能
  • 最大125倍のレバレッジを選択できる
  • コピートレードが人気
  • USDC・BGB証拠金のデリバティブ

Bitgetのモバイルアプリ

Bitgetのモバイルアプリ

Bitgetはモバイルアプリでの取引機能を重視しており、デリバティブ取引(契約取引・レバレッジ取引)やコピートレーディング、ローンチパッドをはじめ多くの機能がモバイルアプリで完結するように設計されています。クオリティはBinanceやBybitなど大手取引所に匹敵するのではないでしょうか。
AppStoreとGoogle Playの両ストアからダウンロードすることができます。確実なのはBitget公式サイトのアプリリンクQRコードを直接スマホで読み取ることですね。

コピートレーディング機能

Bitgetのワンクリックコピートレードは、2万人以上のコピートレーダーが在籍しています。利用した場合の勝率はどのくらいになるんだろう。

USDCとBGB証拠金のビットコインデリバティブ

BGB(元BFT)はBitgetの取引所トークンで、ステーキング報酬などもあるみたいです。
証拠金にBGBを選べるのが特徴です。

ローンチパッドやステーキング

その他、バブル時には盛り上がるローンチパッドなど各種商品もあります。

日本へのマーケティング戦略

Bitget(ビットゲット)取引所の概要bitgetは日本語でのサポートが充実しており、サポートのスタッフも日本語が分かる方が対応してくれます。
サッカーの本田圭佑選手と長期的にBitgetのアンバサダーに就任したことで、日本のユーザー向けにも力を入れていく方針の現れでしょう。

他にも世界的に有名なユベントスや海外有名e-sportsチームとも契約を結んでいます。

トラブルが起きていない

2018年に創業されて以来、特にBitgetで出金の不具合などのトラブルを聞いたことはありません。
誠実な運営をされていると判断できます。

仙人

出金トラブルが今までにないかは重要な点です。

Bitget 登録1分!ここから登録で取引手数料が30%割引になります。
Bitgetの公式サイト

【PC版】Bitgetの登録方法(口座開設)

Bitget取引所の登録方法はメールアドレス、もしくは携帯番号のみで可能です。もう一方は登録後にアカウントページで登録できます。

メールアドレスで登録する場合

まずはBitget公式サイトにアクセスし、メールアドレス入力画面横の「登録」を押し次に進みます。Bitgetの登録方法

次に入力画面になるので、「居住国」の下の「メールアドレス登録」をクリックし、メールアドレスでの登録を進めましょう。記入欄は以下の3つのみです。

  • メールアドレス(電話番号)
  • パスワード
  • パスワード(確認用)

Bitget取引所の登録方法2

携帯番号で登録する場合

公式サイト右上の「登録」ボタンから登録ページに飛ぶと、以下のように携帯番号の入力のみが求められるフォームになります。

携帯番号とログイン用パスワードを設定しましょう。
携帯番号は日本の場合「+81」を選択、最初の0を抜いて番号を記入しましょう。例)080~なら80~

Bitget取引所の登録方法2

確認用のメール、もしくはSMSのリンクをクリックすることで登録作業は完了です。

KYCも求められますが、とりあえず必須ではないです。

KYC(本人確認)しないことで受けるデメリットは、0.1BTCの送金制限、クレジットカード支払い機能制限、一部キャンペーンに参加できない等です。

【アプリ版】Bitgetの登録方法(口座開設)

とりあえず「登録」をクリックする

Bitget公式サイトにアクセスすると、以下の「登録」のボタンがあるのでクリックします。(なぜかメールアドレス入力欄があるが無視していいらしい)

携帯かメールいずれかで登録

登録画面に移るので、「電話番号」か「メールアドレス」いずれかでの登録を選択できます。私は携帯番号で登録しました。あとはパスワードを設定するだけです。

【アプリ版】Bitgetの登録方法(口座開設)

設定できるパスワードは8~32桁、少なくとも一つの数字、一つの英字大文字を含むこと。

確認メール(SMS)をクリック

登録フォームを送信すると、登録アドレスもしくは番号に確認メールが届くのでクリックしてログインしたら登録完了です。

Bitget登録後の二段階認証設定

Bitgetに登録してログインできたら、入金する前に二段階認証の設定もしてしておくことをオススメします。
万が一、何かしらの原因でログインパスワードが漏れてしまったとしても、二段階認証を設定していれば不正ログインを防ぐことができます。

Bitgetのアカウントページにアクセス

Bitgetのアプリを使った設定方法を紹介します。まずアプリの左上、アカウントページのアイコンをクリックします。アカウントページの「セキュリティ」アイコンをクリックします。

Bitget登録後の二段階認証設定

二段階認証アプリを使う

「セキュリティセンター」のページになるので、その中から「Google認証」をクリックし、Google二段階認証アプリのインストールを求められます。※私はAuthyという2FAアプリを使用しています。

二段階認証アプリを使う

二段階認証アプリの読み取り

次の画面で二段階認証アプリに登録する為のQRコードとパスコードが表示されるので、Authy側でアカウント追加し、そのパスコードをAuthy側にコピペしましょう。

二段階認証アプリの読み取り

QRコードではなく、マニュアル入力を選択し、logoはBitgetのものがあるので検索して選びましょう。

二段階認証アプリの読み取り2

二段階認証の設定最後に確認SMS(もしくはメール)をすると、アカウントの二段階認証が設定完了になります。二段階認証の設定最後

BitgetのKYC(本人確認)設定方法

bitgetではKYCをすることで、以下の機能が解放されます。

  • 出金上限が200BTCにアップ
  • 一部キャンペーンの参加
  • クレジットカード購入の機能

KYC(本人確認)をしなかった場合、bitgetでのビットコイン1日の出金限度額は0.1BTCです。ちょっと多めに送ろうと思ったら上限に達してしまいます。
また、エアドロップなどのキャンペーン参加はKYC済アカウントのみが参加できます。

KYCに必要なもの

bitgetのKYCに使える証明書は、

  • パスポート
  • 運転免許証

等があります。いずれも持っていない方はサポートに問い合わせてみてください。

bitgetのKYC方法

ブラウザからでもKYC認証は出来ますが、アプリからの方が本人証明書を提出しやすいのでオススメです。
まずはアカウントのアイコンから「KYC認証」ページをクリックし設定します。BitgetのKYC(本人確認)設定

フォーム入力後、以下3パターンの写真撮影を求められます。

  • 証明書の正面
  • 証明書の背面
  • 身分証明書を持っている自画像と明細書( 「Bitget」と当日の日付が記載されているもの)

bitgetのKYC方法2

KYC完了でボーナスをもらえる

bitgetではKYCを完了すると、3$と少ないですが、ボーナスも貰えます。

bitgetその他の設定について

いくつかbitgetのその他セキュリティ設定を紹介します。

資産パスワード

資金パスワードとはbitgetから出金する際に使用する6桁のパスワードです。二段階認証にプラスして設定することでアカウントのセキュリティがより強固になるのでオススメです。

アンチフィッシングコード

アンチフィッシングコードとは、Bitgetから送られてくるメールに、設定したパスワードを添付することができる機能です。これによって偽メールを防ぐ事が可能になります。
メールアドレスの紐付けが必要なのでメールアドレスの登録を済ませて設定しましょう。

資産パスワードもアンチフィッシングコードも「セキュリティセンター」から設定することができます。

Bitgetのその他の設定

Bitgetへの入金/出金方法

Bitgetへの入金方法

Bitgetにログインしたら、右上メニューの「資産(Asset)」→タブ「入金(Deposit)」から入金ページに進みます。入金したい通貨をBTC・ETH・USDTから選択し、表示されたアドレスを他の取引所の送金ページに貼り付けましょう。(ETHとUSDTはチェーンの種類に注意してください)

Bitgetへの入金方法

Bitgetからの出金方法

右上メニューの「資産(Asset)」→タブ「出金(Withdraw)」から出金ページに進みます。出金したい通貨を選択し、「出金先アドレス」内の「出金アドレスを追加する」から新規のアドレスに送金する場合登録し、出金量を確定して送金処理を進めます。(BTC以外はチェーンの種類に注意してください)Bitgetからの出金方法

Bitgetの手数料について

現物取引手数料

Bitgetの現物(SPOT)取引手数料は銘柄を問わず、メイカー(指値)もテイカー(成行)も同じ0.2%となっています。
この手数料は、取引所のネイティブ・トークンであるBGB(元BFT)で取引手数料を支払うと0.14%に減額されます。

現物取引手数料
指値/成行0.2%
BGB払い0.14%

先物取引手数料

デリバティブ取引(Future、暗号通貨FX)では、テイカーが0.06%、メーカーが0.02%を支払うことになります。※2022年4月より以下のように安くなっています。

先物取引手数料
成行0.051%
指値0.017%

なお、BFT-tokenを保有することによる取引手数料の割引は、スポット取引時のみ

Bitget取引所はデリバティブ取引に重点を置いているので、先物契約取引手数料は低めに設定されています、マイナス手数料があると良かったけどなぁ。

出金手数料

出金手数料と最低出金額は一般的な水準です。

出金手数料一例
BTC0.0006BTC(最低出金額0.001BTC)
USDTTRC20、SOL:1USDT
ETH0.006ETH(最低出金額0.01ETH)

Bitget取引所のまとめ

Bitget(ビットゲット)取引所の登録方法と使い方について解説してみました。
取引所の要点は以下です。

  • シンガポールで地政学リスク小
  • 暗号通貨取引所として取引高世界5位
  • コピートレード機能に力を入れている
  • 出金トラブルなどは起きていない
  • 本田圭佑が長期アンバサダー就任

日本人向けサービスに力を入れているので変なトラブルになる可能性は少ないと考えます。
最近はDefi等よりもCEX取引所の方がハッキングやGOXリスクも少なく安全な印象がありますね。

その相場にあったツールを臨機応変に使い分けていけばいいと思います。
是非この機会にBitget取引所に登録してみてください。

Bitget 登録1分!ここから登録で取引手数料が30%割引になります。
Bitgetの公式サイト

元シンガポールの大手取引所にBybitもあります。

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました