世界シェアNo.1のビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

元BitMEXランカーのハゲ先生に学ぶBTCFX|チャートはドル円(為替)のアルゴリズムを流用?

元BitMEXランカーのハゲ先生に学ぶBTCFX トレード戦略

今回はBitMEX(ビットメックス)のリーダーボードで最高5位にランクインしたこともあるハゲ先生が、ビットコインFXのトレード手法について貴重な情報を公開してくれたので、

仙人

BitMEXをメインにしている当ブログで扱わんわけにはいかん!

と、やや前のめりでまとめてみました。

世界最大の取引高を誇るあのBitMEXで5位ですからね、ユーザー数規模から考えてもすごいことです。

そんなトッププレイヤーのトレード方法を余すことなく公開してくれたハゲ先生に感謝。

有料レベルの情報なので是非よく読んでみてください。

ハゲ先生とは?

hagesensei

ハゲ先生は仮想通貨NANJCOIN運営会社NANJ(株)のCFOであり、元BitMEXリーダーボードランキングトレーダー(引退)です。
前職は税理士。好きなゲームは「銃声とダイヤモンド」。相場の勉強はリバモア本とMT4いじり。
20代、30代で人生で一番時間費やしたものは①ネトゲー②FX③国家試験とのことです。
トレードスタイルはBitMEXで数日~数週間ポジションを持つスイングトレードが主体でした。

ハゲ先生のビットコインFXトレード手法

以下はハゲ先生のツイートを引用・編集させていただきました。

BTCチャートはドル円チャートのアルゴリズムを転用

BTCFXの秘密になります。
実はビットコインのチャートは、過去のドル円チャートのアルゴリズムプログラムを転用しています。
一部は別の通貨ペアも転用しています。具体的に現在進行形の話をまず説明します。
BTCチャートの2018/11/14からの暴落は、ドル円チャート2017/9/1からのチャートを約7倍速で動かしています。
まずは実例を上げます。下記のチャートはドル円2017/9/8の大底チャートです。
もう一つはBTCチャートの2018/11/17の7時チャートになります。
形と動きが実は同じです。
過去のチャートも、どの時間軸がどの通貨ペアからの転用なのかと、どのアルゴリズムを利用しているかは大体把握しています。
ドル円2017/9/8の大底チャート

ドル円 2017/9/8の大底チャート

BTC11/17の7時チャート

BTC 2018/11/17の7時チャート

トレンドと形をそのまま転用するときと、今回のように暴落チャートで転用するときがあります。
暴落チャートは今回が初めてだったので、ドル円チャートの動きを圧縮したり反転したりしてるため、私の判断ミスに繋がりました。相場観トレードしたならチャート的に大暴落するのは当然ですね。現在進行形でBTCはドル円チャート2017/9/29のチャートを進行しています。
最終的には大暴落になるのか、おわん型の底を計上するのかはまだわかりません。
これは私が睡眠不足で寝てしまい判断ミスをした4000ドル手前まで急落したチャートです。
BTCはドル円チャート2017/9/29のチャートを進行しています

左:ドル円の天井圏から下落チャート2017/9/29 右:BTC下落チャート2018/11/20

BTCチャートが過去の通貨ペアを利用している理由

どうしてBTCは過去の通貨ペア(今年はドル円チャートの転用が圧倒的に多い)を利用したかの推測理由は以下の3点とのこと。

  1. BTCチャート作成担当者が過去ドル円も担当したから
  2. 時価総額の低いBTCを一から作るのが面倒だから流用した
  3. 為替と違い24時間365日動くから、土日休みのときにチャートを作る時間がない
自分(ハゲ先生)は為替チャートを1分足で見て独特のアルゴリズムの動きを覚えているので、BTCのチャートで特徴が出たら過去のチャートから分析して未来を予測します。
2018/10/15の上髭はBTCが直前に指標もないのに、指標と同じ動きをしたから、ドル円2015/12/18日銀発表時の急騰急落のアルゴリズム利用したとの判断です。来年以降も同じ作り方するかどうかはわかりませんが、現在進行形のチャートはしばらくそのまま動くと思います。

為替チャートを1分足で見て独特のアルゴリズムの動きを覚えている?どれだけチャートを分析する時間に充てたらそのようなことができるのでしょうか…。

ちょっと参考にならない気がしてきましたが、きっとヒントがあると思うので更に見てみましょう。

チャートの類似性の例

一番分かりやすいチャートの類似性はこちらになります。
ドル円チャート 2017/6/14~7/11
BTCチャート 8/23~9/5
このBTCチャートは続き物でして、BTCチャート8/25 8400ドルからドル円チャート2017年3月FOMC金利発表の下落トレンドからのをそのまま流用しています。
ドル円チャート 2017/6/14~7/11 BTCチャート 8/23~9/5

左:ドル円チャート 2017/6/14~7/11 右:BTCチャート 2018/8/23~9/5

8/23深夜BitMEXメンテバインから急落時にリアルタイムで見てた人は暴落すると思った人もいると思います。
自分はドル円2017/6/14ストップ狩から反転チャートと動きが一緒だと気づいたので、ここでロング勝負になります。
その後はヒゲの狩り方から形までほぼ同じになっています。
時間軸は約2倍の速度です。BTCチャートの特徴で上にも下にも一本線で動くことが多いですが、私はそれをアルゴリズムの超早送りと呼んでいます。
約数十倍の速度で動かしていて、本来は緩やかに上昇するのがわずか数分で完了します。
実際録画して超スローで見直したら確かにチャートなぞってるんですよね。このチャートは天井から下落トレンドに繋がっているため、ロング利食いドテンSのタイミングを見計らってました。
結果として自分のタイミングより早かったので、ロング撤退のS持ち替えです。
7400USD→6200USDまで暴落しましたが、この暴落はドル円2016/5/31のドル円100円割れチャートに繋がります。落とし方のチャートは5/31の4時間足相当をBTC1分足に短縮しています。
もし暇な人はドル円4H足とBTC1分足を比較すると分かりやすいです。
この下落からしばらくの間はドル円2016/5/31チャートに繋がります。

チャートの時間足を変えたり反転させたりして、類似性を探る…大変そうだ。

私が分析するときは、BitFlyerのBTC/円、CoinbaseのBTC/USD、BitfinexのBTC/USDチャートも合わせてみます。
BitMEXだとヒゲや0.5単位の動きで分かりづらいときがあるからです。

BitMEXだけでなくBitFlyer、Coinbase、Bitfinexのチャートを比べることで大筋のチャートシナリオを確認できるんですね。

2018/6/29大底からの反転分析

最初はBitfinexの問題で下がるという状況でしたが、最後の上下スパイクが良く見る形なんですが、動きがリラ円2017/8/11の底と同じで特徴的だったので、ショート利食いドテンロングしました。
もしリラ円の1分足画像とかリアルタイム録画があれば動きがそっくりなのがわかります。

BTC 2018/6/29大底の一分足(リラ円2017/8/11の底と同じ)

BTC 2018/6/29大底の一分足(リラ円2017/8/11の底と同じ)

上:BTC 2018/6/29反転からのチャート 下:リラ円 2017/8/11底値からのチャート 動きの特徴として○を付けたところが同じ

上:BTC 2018/6/29反転からのチャート 下:リラ円 2017/8/11底値からのチャート 動きの特徴として○を付けたところが同じ

この天井の後はドル円の2017/3/10~7/11までの長期チャートに繋がります。
底値圏と判断はこちらのチャートの動きがドル円と同じだったので、底値圏と判断してロング勝負でした。
ただ、その後にもう一回最安値更新したので形は上下に変化させてくると気づきました。
上:BTC2018/8/11のチャート 下:ドル円の2017/4/17底値圏のチャート

上:BTC2018/8/11のチャート 下:ドル円の2017/4/17底値圏のチャート BTCは上に飛んだけど、時間軸的には月曜オープンのタイミングではなく、上昇トレンドを高速早送りでのバイーンだった

この時はしばらく悩んでいて、チャートの動きは類似性あるけどドル円チャートみたく上昇しない、
アルゴリズムは利用するけどチャートの形は変化させてくると気づいたのはもうちょい先の話になります。BTC10/15暴落後しばらく底値圏レンジ相場でしたが、しばらくは分析出来てないので眺める程度でした。
ドル円の2016/6月底値圏ならいずれ上昇するし、2015/8月の暴落からのチャートを意識するなら更に割ってくるのでS持ったままわかるまで放置です。動いたのは10/12に特徴的な謎の動きがあったので、あれ?って感じたからです。
ちょうどドル円チャートは全部1分足で見てたので、割と早く気づいたと思います。
その後はBitfinexのUSDT利用したバイーンに繋がります。
Sのストップ狩り狙いなら6700USD行くと考え、ロング利食いとSの天井ポジション狙いです。
BTCって指標もないのにアメリカ時間発表の指標と同じ動き?

これ見てた時に、日本時間の午前9時に、BTCって指標もないのにアメリカ時間発表の指標と同じ動き?となり、この動きと同じのチャートを探します。

BTC/JPYだとかなり似ている。

ドル円2015/12/16一分足 bitfinexだとわかりずらいがBTC/JPYだとかなり似ている。

上はドル円2015/12/18 日銀発表緩和期待バイン(マイナス金利導入バインに後日繋がる) 下はbitfinexのBTCチャート どちらも一時間足

結果としてバインが来て往復ウマァに繋がります。
その後はFinexチャートと他のチャートでUSDT乖離による変化が出てヨコヨコです。
この下落からはドル円チャート2017/7月以降7倍速に繋がります。ですが、ここから先は私の判断ミスにより終了です。
素直なチャート分析なら大暴落は当然なのです。

トレード手法を真似するにはどうしたらいいか

分析には膨大なチャートデータ(1分足)とリアルタイムの過去チャートの記憶が必要なので、分析に時間を掛けれるのと過去チャートの記憶力を持った人向けの分析手法になります。
形がドンピシャじゃないので、リアルタイムの動きを覚えていないと判断が難しいかもしれません。
特に今回みたいな暴落で利用した場合は、スキャでしか取れないと思いますし、私みたいな判断ミスになりえます。

やはり、チャート分析・膨大な為替相場含む過去チャートの記憶力が必要ですよね…。

ハゲ先生いわく、リアルタイムにチャートを見ていれば感情と値動きを関連付けることができるので意外と記憶に残る、とのこと。

ハゲ先生が推測する未来のチャートは?

その後の動きを書いてください、というリクエストには以下のようにコメントしました。

チャートはその時その時変化するものなので臨機応変に対応するものが大前提なのですが、私はテーマがあると考えています。

・2017年は天井を作る物語
・2018年は底を作る物語
・2019年はレンジの物語からのどちらかへのブレイク(上下両方もありうる)
分かりやすいチャートとしては原油をイメージしています。

ハゲ先生はBTCFXを引退した?

ハゲ先生はBTCFXを引退

チャート見てると他に何も出来ないということで、これからはもうBTCチャートはたまに日足程度しか見ないらしいです。

引退は残念ですが、大金を証拠金取引で運用するのは並大抵のプレッシャーではないでしょうから(ギャンブラー気質のせい?)、英断でしたね。

ハゲ先生のBTCFXトレードの解説はこれで終わりです。

まとめ

元BitMEXランカーのハゲ先生に学ぶBTCFX|チャートはドル円(為替)のアルゴリズムを流用?というテーマで記事をまとめてみましたがいかがでしたか?

正直、膨大な為替チャートの類似点を見つけて仮説に使用するなんて芸当は並の努力では真似できないと思います。

さすが世界最大のBitMEXでランカー張ってただけあるってばよ…。

しかしこの記事を読んだことでチャートやトレードの質が貴方の中で大きく変わったのではないですか?

チャートは為替のアルゴリズムによって操縦されている可能性があること。

どれだけ綿密な分析をしていても人間は間違うこと。

勝ち分の証拠金は定期的に抜いてリスク管理する大切さ。

ハゲ先生からは多くのことを学ばせて頂きました。
もしかしたらまたいつか相場に戻ってきてくれるかもしれないと実は期待して今後の活躍を応援しています。

参考資料:@hagesensei

チャートのアルゴリズムにはおそらくフィボナッチ数列が効くと思うので使い方を見てみてください。

BitMEXでフィボナッチリトレースメント等を使って逆張り・利確ポイントを見つける方法
BitMEX(ビットメックス)などビットコインFXでも使えるフィボナッチ数列はトレードの勝率を大幅に上げる可能性のある便利なテクニカル指標です。 フィボナッチ・リトレースメントなどの指標を使うことで、価格のサポート(支持帯)とレジスタ...

BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

bitbank 日本のビットコインFXならbitbank Trade


下記リンクからビットバンクトレードに登録すると優待特典(手数料20%オフ)が付与されます。
bitbank Trade公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました