アルトコイン リップルFX(XRP/XBT)のトレード戦略はファンダメンタルズ分析でOK!その理由は…

BitMEXのリップルFX(XBT/XRP) アルトコインFX

今回はBitMEX(ビットメックス)でリップルのレバレッジ取引に着目してみようと思います。

レバレッジ取引は、ロングの他にショート(空売り)から入れるというのが大きな特徴ですね。

BitMEXでアルトコインFXのトレードが出来るということは周知の事実ですが、実はビットコインFXよりも勝ちやすい美味しいタイミング、収穫時期があることに気づいてしまった人は…
そんなに多くはないでしょう。

リップルはファンダメンタルズ要素だけで、チャートをあまり見ないで勝つことが可能です。

先日リップルが突如二日間で60%以上の暴騰をしました。
リップルチャート
それにつられビットコインをはじめ多くのアルトコインが引っ張られるように価格上昇し、市場全体が活気づきましたね。

しかしリップルの値動きは圧倒的でした。ビットコインの上昇率は5%ほどでしたから。

あの波にリップルFXで乗れていれば、わずか半日で原資を数倍にも増やすことが出来たでしょうね。(私は乗れませんでした。)

しかしこの出来事をきっかけにリップルの値動きの法則がまだ生きてるという再確認ができました。
BitMEXでのエントリーポイントなどと合わせて解説してみます。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらの記事にてご紹介しています。

BitMEX 当記事から登録すると取引手数料10%割引になります。
BitMEXの公式サイト

BitMEXのリップル(XRP)FXの最大レバレッジ

リップルの最大レバレッジは20倍となっています。

最大100倍のビットコインFXと比べると低いですが、日本のGMOコインやDMMビットコインは上限5~4倍レバレッジとなっていますから、BitMEXがアルトコインFXでもハイレバレッジな取引が可能であることがわかりますよね。

BitMEXのアルトコインFXは、なんとイーサリアムが最大レバレッジ50倍となっており、アルトコインでありながら高倍率のトレードをすることができます。
※イーサリアムのみ先物とUSDペアがあります。

ちなみにBitMEXではリップル(XRP)の他、以下のアルトコインFXをすることが出来ます。

  • イーサリアム(ETH)…最大50倍
  • ビットコインキャッシュ(BCH)…最大20倍
  • ライトコイン(LTC)…最大20倍
  • カルダノ(ADA)…最大20倍
  • EOSトークン…最大20倍
  • トロン(TRX)…最大20倍

ライトコインは33倍、BCH・リップル(XRP)・ADA・EOS・TRXは一律20倍までとなっています。

リップル(XRP)以外のアルトコイン銘柄に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

BitMEXアルトコインFXの使い方|イーサリアムやリップルの違いと注意点
仙人 BitMEX(ビットメックス)のアルトコインFXについて、使い方やトレードする上での注意点も解説します。 BitMEXのアルトコインFXは、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム...

BitMEXのリップル(XRP)FXの取引手数料は違う?

リップル(XRP)のFXに限らず、BitMEXのアルトコインFXは基本的に以下の手数料となっています。

  • メイカー手数料:-0.05%
  • テイカー手数料: 0.25%

となっています。

ビットコインFXとイーサリアムFX(ETH/USD)の手数料が

  • メイカー手数料(XBT):-0.025%
  • テイカー手数料(XBT): 0.075%

なので、リップル(XRP)FXの手数料は、ビットコインFXの2倍以上メイカー・テイカーの手数料に差があります。

無期限ビットコインFX(USD/XBT)と比べると、テイカー手数料とメイカー手数料の開きが大きくなっているので、

うっかり成行注文(テイカー)を使っているとかなりの手数料を支払うことになってしまいます。
できるだけマイナス手数料である指値注文(メイカー)を使うようにしましょう。

BitMEXのリップル(XRP)FXは長期ポジションに向いている

ビットコインFXとは違い、BitMEXのリップル(XRP)FXを含むアルトコインFXは基本的に、funding手数料(資金調達)がありません!

BitMEXのリップル(XRP)FXでは、何日もポジションを持ったまま値動きがおきるタイミングを待つ、というトレード方法もつかえます。

ただ、アルトコインは基本的に先物なので、二か月毎の満期日を越えてポジションを持ち越すことができません。

リップル(XRP)のチャートはKrakenとBinance(バイナンス)の価格を参考価格として設定されています。
BitMEXアルトコインFXの中で比較的出来高が多いのでオススメです。

アルトコイン銘柄の表記の意味アルトコイン先物のシンボルの表記はなぜこのようになっているのか疑問を持っている方はいませんか?
先物限月コードが6月=M、7月=N、8月=Q、9月=U、10月=V、11月=X、12月=Zというように月でアルファベットが決まっています。満期日の月によって表記が違うだけなので知っておきましょう。

BitMEXリップルFXの使い方と注意点

BitMEXでのリップルFXのやり方を解説します。
BitMEXのトレード管理画面にログインしたら、上部メニューのすぐ下に銘柄を選ぶタブが並んでいます。そこから「リップル」を選択しましょう。
リップルを選択

するとリップルのトレード画面に移行します。
リップルのトレード画面

レバレッジ設定画面を見ると最大倍率が20倍までだということが確認できます。

オーダーブックをみると、単位はドル表記ではなく、BTC建てとなっています。
0の数が多いですね~。
リップルのオーダーブックドル表記

オーダーの出し方もビットコインFX(USD/XBT)の時とは違ってBTC建てとなっているので、入力する単位に注意してください。
間違えてドルの数値を入力するととんでもない額になるので、必ず確認してから注文を出すようにしましょう。

指値注文のオーダー方法は、
「数量」に注文したいアルトコインの数量、
「指値」に注文したいBTC建ての価格を入力して「ロング/ショート」を押します。
オーダーリップル

これで注文がオーダーブックに並びます。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)をスマートフォンで使うコツとアプリ化する方法

リップルの大きな値動きのきっかけはファンダメンタルズ

アルトコインの価格はビットコイン以上に、良いニュース(ファンダメンタルズ)やイベントに大きく影響されます。
ファンダメンタルズ(ファンダ)とは、「経済活動の状況を示す基礎的な要因」と言う意味に訳されます。

仮想通貨市場全体のトレンドに沿った動きでは尚更動きやすいです。(上昇相場では、いいファンダで値上がりしやすい、逆もしかり)

その中でも比較的投機的なお金が入り込んでいなく、リップル社(胴元)が保有している割合が多いのでイレギュラーな仕手筋に振り回されない通貨がリップルです。

つまり、リップルだけが突然高騰したタイミングには意味があるということです。(ビットコインは大口投資家の都合で突然上がったり下がったりもする)

ファンダメンタルズ分析をメインに相場がどのように動くかを予想して取引を行っている人達を「ファンダメンタルズトレーダー」とも呼びます。
リップルに関していえば、ファンダメンタルズトレーダーが相性がいいということですね。

今回の高騰の理由になった良いニュース(ファンダメンタルズ)と言えば…

リップルがコインベースに上場

2018年10月にXRPがアメリカ最大の仮想通貨取引所coinbaseに上場するというニュースを受け価格が上昇しました。

リップル主催のイベント「SWELL2018」

2018年10月1・2日に開催されたリップルのイベント「SWELL2018」では、ブラジル・サウジアラビアの中央銀行が出席し、元アメリカ大統領のビル・クリントン氏も講演が予定されているということで注目が高まりました。
このSWELLのイベント前に合わせて価格を上昇させて盛り上げた、という見方も出来ます。

リップルのプロダクト「xRapid」の商用化アナウンス

2018年9月17日に、CNBC(アメリカのビジネス番組)のインタビューでリップルのプロダクトである「xRapid」が今後1ヶ月で商用可・本格稼働するという発言がありました。

これもリップルの価格を上昇させる良いニュースでした。

ケニア中央銀行との提携

リップルxビルゲイツ財団のモジャループがケニア中央銀行との提携について具体的に協議をするという良いニュースが流れました。
今後も大きな銀行との提携時には価格が上昇する可能性があります。

XRPを導入した金融機関ケニア中央銀行、イングランド銀行、タイ銀行、インド準備銀行、シンガポール金融管理局など

リップル社の立場に立って考えよう!

リップルの価格が大きく上昇する時期は定期的に訪れます。

私の私見ですが、今回の「暴騰」はリップル社主催のイベント「SWELL2018」を盛り上げたいリップル社の思惑が反映されていると思います。

このように、リップル社がリップルを盛り上げたいと思っている時、リップルの価格もまた盛り上がると予想します。

リップルの情報は日本語が豊富なので玉石混交のニュースが飛びかっていますが、そのような性質のニュースを見極める必要があります。

リップル社の売り圧がXRP価格を抑え込んでいる?

2019年4月25日、XRPホルダーにとってセンセーショナルなニュースが報じられました。

「リップル、第1四半期のリポートを発表 仮想通貨XRP売却による売上高は30%超増加」(引用元)

このニュースを受けて、ネットでは様々な憶測が流れました。

これか?XRPが上がらない理由

いぬ

これを運営が売りまくって儲けてるからダメだと見るか、世界に波及していると見るかどっちが正解かな

など。

私は、リップルの売りで利益上げるのが今現在のRipple社の収益の柱であることは間違いないと思いますが、だからリップルの価格が上がらないという単純な構造ではないと思いました。

逆手にとれば、リップル社の利益が売りであるなら、買い手が消滅しないように価値を維持する努力をするのではないかと。
例えば、ビットコインが前日比30%とか叩き出した時にタイミングよく100%越えの暴騰を演出し注目を集める、とか。

それに加え、リップルを市場に放出するということはXRPを国際送金のインフラにする前段階だと思われます。
それ以上の考察は博識なリップラーの方々に任せますが、やはりリップルはニュース材料が重要という結論に達しました。

材料出尽くし後はリップルのショート(空売り)

リップルのイベントが終了したあと、事実売りという、材料出尽くしで下落傾向があります。
今回もその法則が当てはまるのか?
10月1~2日のイベント直後の値動きに注目です。

ビットコインの値動きにつられて動くパターンも

ビットコインの上昇のあと遅れて上昇することがあります。

これはどちらかというとテクニカルな話しではありますが、要は普段はビットコインの価格に多分に影響されるってことです。

値動きが大きいので、ロスカットラインは浅めに設定

値動きが大きいということは、BitMEXで両建てでも勝つことできるはずです。

ビットコインFXのようにリップルのポジションを両建てということはできないので、リップルFXで両建てする場合はBitMEXアカウントを二つ用意しましょう。

BitMEX必勝法①ロングとショートを複数アカウントで両建てすれば負けない!
今回はBitMEX(ビットメックス)必勝法の一つを解説します。 ロングとショートを複数アカウントで両建て作戦!です。 また、よりブラッシュアップした戦略として、同一アカウントでもビットコインを両建てできる方法を使った方法もあるの...

まとめ

BitMEXのリップルFX(XRP/XBT)のトレード戦略はファンダ情報だけでOK!その理由は…という内容で記事を書いてみましたがいかがでしたか?

リップルはビットコインとは違う性質の値動きをすることが理解できたかと思います。

  • リップル社のファンダに注目
  • ファンダでの価格変動を待つ
  • 事実売りも有効
  • 日本語での情報が豊富

ということで、他のアルトコインFXに比べて比較的やりやすい要素を兼ね揃えています。

もしリップルFXトレードをしてみたいのなら、是非BitMEXに登録してアカウントを作ってみてください。


BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX(ビットメックス)の登録方法|口座開設の最短手順をやさしく解説
BitMEX(ビットメックス)の登録方法(口座開設)について分かりやすく解説します。アカウント登録は本人の本名確認も不要で1分程で簡単にできます。100倍レバレッジのビットコインFXを体験してください。

bitbank リップル現物を買うならbitbank


ビットバンクはビットコインやアルトコインのトレードの手数料が無料で日本で一番良心的な仮想通貨取引所です。アルトコイントレードならbitbankを主戦場にしていいと思います。
bitbank.cc 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました