世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

ビットコインがETF承認された後の値動きは?金(ゴールド)と相関するなら年末700万円

仮想通貨コラム

これは、金(ゴールド)がETF承認された後のチャートと、
現在のビットコインのチャートを並べたものです。

引用元:reddit

金(ゴールド)チャートのタイムスケールはビットコインの60倍長いものになっているので、

ゴールドの約60年のチャートをビットコインは約1年で表しているということになります

時間軸はまったく違います。

しかし、それは完全な市場サイクルを表していることに変わりないと思います。

現在はインターネット上の取引や情報取得により値動きが早い傾向がありますからね。

先物取引が開始されたときのバブル、そして暴落の流れも似通っていますが、ETFが承認されたときのゴールドの値動きに注目です

ピークの価格から3倍もの値上がりをしています。

このゴールドのチャートとビットコインチャートが相関するとすれば、

ビットコイン価格はピーク時の3倍、

つまり、1BTC=240万円の三倍ということで

720万円

に達する可能性があるということです。

またビットコイン価格とゴールド価格の対応する時期についても考えてみました。

過去のバブルの頂点を2017年12月とするなら、現在が7~8月。ETF後の高騰が12月になると思います。

その理由は、過去のビットコイン価格を見たとき、過去五年の毎年一月は必ず暴落が起きているからです。

この一月の暴落前の年末にお祭り相場がやってくると考えるのが自然です。

このチャートの比較はチェリー・ピッキング(数多くの事例の中から自らの論証に有利な事例のみを並べ立てること)だともいわれています。

しかし、

この金とBTCのチャートは適当な理由で関連付けられた相関関係ではないと私は考えている。

これは、NASAの支出と絞殺による自殺率との相関関係ではありません。

“金の価格”と”デジタル金の価格”との相関関係です。

とこのチャート比較を見たユーザーの一人は語っています。

金のETFはいくつか存在するが、資産残高が最大のSPDRゴールド・シェア(ティッカー:GLD)が上場したのが2004年の11月となる。金価格は2004年まで400ドル前後(1トロイオンス当たり)をうろうろしていたが、金ETFの普及とともに価格が急騰し、2008年に1000ドルを突破すると、2011年には1800ドル台まで上昇し、一大ブームを巻き起こしている。

ビットコインの時価総額は1000億ドル程度しかなく、8兆ドル程度とされている金市場とは比べようもなく小さい。したがって、ビットコインETFが上場してかつての金ETFと同様に機関投資家のポートフォリオの一部に組み込まれた場合には一時的に急上昇となる

関連記事 暴騰に乗るためにもBitMEX(ビットメックス)の使い方だけは読んでおきましょう。

ETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、日本でいうところの上場投資信託のことを意味します。

株価指数、債券指数、商品価格などの指標に連動することを目的に運用されており、
金融商品取引所に上場しているので、通常の株式と同じように売買取引が可能な投資信託のことです。

何千億円以上の大きな資金を預かる機関投資家は、
このETF(上場投資信託)で扱っている投資信託でなければリスクに懸念があるので投資することができません。

簡単にいうと、ETFが承認されればビットコインを含む仮想通貨市場に、やっと世界規模の機関投資マネーが流入することになります

申請が承認された場合、1口当たりの投資額は25ビットコインとなり、1ビットコインが6000ドルだと15万ドルとなる計算だ。桁が2つ上がることから個人投資が簡単に手を出すことは難しく、大口投資の機関投資家向けと考えられている。

申請されたETFは物理的に裏打ちされたファンドで、実際にビットコインを保有する。ビットコインETFの認可は金融界が仮想通貨を本格的に受け入れるための試金石になるとも考えられており、申請の行方に注目されています。
参考資料:coinchoice.net

我らのBitMEXを率いるアーサー・ヘイズCEOも先月末に、

「SECによるビットコインETF承認をきっかけに年末のビットコインの価格は5万ドルをつける」と予想しています。

まとめ

ビットコインがETF承認された後の値動きは?金(ゴールド)と相関するなら年末700万円、というテーマで記事をまとめてみましたがいかがでしたか?

遅かれ早かれ、ビットコインは必ずETF承認されることになると思います。今夏に承認となるかはまだはっきりしませんが…

今から値動きが楽しみですね!

ETF承認された場合、爆発的な値上がりが予想できます。

今からビットコインFXでその値上がり益を何倍にもする準備をしましょう。

低レバレッジでロングポジションを持つ簡単なお仕事です。

BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

BitMEXで他のテクニカルツールを使ったトレード方法もご紹介しています。

ビットコインFXのテクニカルトレード一覧
ボリンジャーバンドやMACDなどの初心者向けテクニカル指標や、 エリオット波動理論などの中級者向けテクニカル分析のトレード方法を解説しています。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

BitMEX(ビットメックス)

追証なし、最大レバレッジ100倍、手数料最安、アルトコインFX、日本語対応、高いセキュリティ、即日口座開設と、非の打ちどころのない海外取引所です。
当サイトのリンクから登録して頂くと手数料が10%割引される優遇特典を受けられます。

GMOコイン

販売所形式でスプレッド手数料が気になりますが、使いやすいスマホプリ、高いセキュリティ、アルトコインFXもあり、日本円の出入金、や送金が無料となっているので使い勝手は国内でもトップクラスの取引所と言えます。

ビットバンクトレード(bitbank trade)

取引高はそこまで多くありませんが、良心的な手数料、使いやすいトレード画面、スマホアプリ完全対応ということで日本の取引所なかでは最もマトモです。
当サイトのリンクから登録すると、6ヶ月間手数料が20%割引となります。

ビットフライヤー(bitFlyer)

日本のビットコインFX取引所ではNo.1のシェアを長らく誇っていました。
取引高も多く日本円での取引ができるのは魅力ですが、SFDなどFX手数料が高くなっておりユーザー不利のルール変更が玉にキズ。

CryptoGT(クリプトジーティー)

最大200倍レバレッジ、追証なし、販売所形式の海外ビットコインFX取引所です。
スプレッドはありますが、成行手数料・指値手数料も無料なのでスキャルピングに向いています。

DMMビットコイン

アルトコインFXもできる唯一の国内業者です。
販売所形式なのでスプレッド手数料が高くつくのが難点。
スマホアプリでのトレードは使いやすいです。

コメント