ビットコイン(仮想通貨)が暴落・高騰する時期は?過去5年分の値動きから検証【随時更新】

ビットコイン(仮想通貨)が暴落・高騰する時期は決まっている?過去5年分の値動き【随時更新】 仮想通貨コラム
ビットコインは1月中旬に暴落で最も安くなる
仮想通貨も5、12月は上昇

というアノマリー(なぜか起こる季節と価格の連動傾向)があります。

過去のデータから今後もその傾向が続くのか?
BitMEXでのビットコインFXに役立てようと思い本記事で信憑性をまとめてみました。

  • 2014年の最低価格は2月9日
  • 2015年の最低価格は1月15日
  • 2016年の最低価格は1月16日
  • 2017年の最低価格は1月12日
  • 2018年の最低価格は12月15日
  • 2019年の最低価格はどうなる?

となっています。

2018年の最低価格は1月17日と思っていたら12月15日に大暴落からの底値を更新してしまい、長期間の調整相場となってしまいましたね。2019年はどうなるビットコイン!

もし前回の暴落が来ることを事前に察知していれば、もっとうまくトレードに利用して資産を増やすことができたでしょうね。

私は結局何もできず、暴落していくチャートを眺めることしかできませんでした…。

「もしかしたら他の月でも規則性があるんじゃないのか?」と疑問に思い調べていると思った以上の発見がありました。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が10%割引されます。
BitMEXの公式サイト

調べた期間は過去5年分のビットコイン相場

  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年は随時更新

5年間のチャートを照らし合わせてみて、月ごとにビットコインのチャートにどんな関係性があるか調べてみました。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨であるため、その他すべてのアルトコインの動きと言っても過言ではないくらいすべての通貨に関連性があります。

過去4年間の年間チャートを分析すれば今年の動きが予想できちゃうかも?!

仮想通貨ビットコイン相場の4年間の動き

2014年のビットコインの値動き

2014年

2015年のビットコインの値動き

2015年

2016年のビットコインの値動き

2016年

2017年のビットコインの値動き

2017年

2018年のビットコインの値動き

2018年

1月のビットコイン相場:暴落傾向

1~3月のチャート比較

1月のチャート比較

1月中旬ごろのビットコイン相場では、毎年暴落が起きています。2014年はそこまで落ちていませんけど。
この理由としては、12月に上がり過ぎていた分の調整が考えられますが、どうやら理由はそれだけではないかもしれません。

偶然にも、この一月中旬、世界最大の金融市場 アメリカウォール街のボーナスシーズンらしいです。

ウォール街のボーナスはなかなか高額で一人当たり約1500万円支給されるとか!

なので巷では、「ウォール街の金融市場が仮想通貨を安く買うために暴落を誘発しているのでは?」という噂が流れています。

真相はどうなんでしょうね~w

ただ、一年で一番安値を付けるのがこの1月中旬~2月上旬だというのが今年も通用するのなら、この時期にフィアット(法定通貨)を用意しておいて、大きく買い増すのがいいかもしれません。

ビットコインFXで勝負をかけるのに絶好ポイントかもしれませんね。

ただ、2018年は2月初旬に最安値を付け時期がずれたりするので、フルレバで無理な勝負は避けた方がよいでしょう。

2018年1月は例年通り一貫して下落相場となりました。

2月のビットコイン相場:上昇気味

1~3月のチャート比較

2月のチャート比較

2月のビットコイン相場は、緩やかな上昇を描く傾向があります。

一月の暴落からの回復期といえるかもしれません。

ただ、2014年は下げ続けており、2月9日に長い下髭を付けています。マウントゴックス事件発覚し始めたのがこの辺りの時期なのでその影響だと思います。
2016年には2月後半にまた暴落が起きています。

2月の後半まで上昇傾向にあることは基本的に共通しています。

旧暦でいうところの正月シーズンですし、中国の春節なども影響して好景気なのかもしれません。

2018年の2月も上旬に最安値を記録してからは緩やかに上昇傾向となりました。

3月のビットコイン相場:停滞気味

1~3月のチャート比較

3月のチャート比較

3月のビットコイン相場は停滞気味です。

2015年だけ大きく下降相場になっていますね。

世界的にも特にイベントがないシーズンですし、2月の旧正月の後ということで世界的に購買力が弱いのかもしれません。

日本でいうと、確定申告で納税するために利確していることも関係あるかもしれませんね

2018年の3月は緩やかな下降相場となりました。

4月のビットコイン相場:上昇気味

4~6月のチャート比較

4月のチャート比較

4月のビットコイン相場は2016年と2017年は緩やかな上昇傾向、2014年と2015年は停滞相場となっています。

年度初めということもあって新規参入者も増えそうな時期ですし、近年では上昇しやすい月かもしれません。

2018年の4月は緩やかな上昇相場となりました.

5月のビットコイン相場:上昇

4~6月のチャート比較

5月のチャート比較

5月のビットコイン相場は、上昇傾向にあります。

2015年の5月にはあまり価格変動がありませんが、2014年・2016年・2017年は強い上昇傾向となっていました。

毎年5~6月にビットコイン価格は2倍に跳ね上がり、一年の中でもはっきりと上昇する月となっています。

2018年の5月は一貫して下落相場になりました。例年とは違う動きでしたね。

6月のビットコイン相場:緩やかな上昇傾向

4~6月のチャート比較

6月のチャート比較

6月頃のビットコイン相場は2014年を除いて、2015~2017年で緩やかな上昇傾向なっています。

5~6月のどこかで高騰して急落するという流れはどの年も共通しているので、6月中旬くらいまでプチバブルを期待していてもいいかもしれません!
2018年6月も一貫して下げ相場になりました。まだ調整相場は終わりませんね…。

7月のビットコイン相場:停滞もしくは下降気味

7~9月のチャート比較

7月のチャート比較

7月のビットコイン相場は、高騰後の下降トレンドが継続しているもしくは停滞している感じです。

2014年は緩やかな下降、2017年は緩やかな上昇にも見えますがトレンドは読みにくいですね。

8月のビットコイン相場:トレンド継続

7~9月のチャート比較

8月のチャート比較

8月のビットコイン相場は、7月からのトレンド次第でその流れを継続しているような印象がありますが、

2014年・2015年・2016年は共通して下落トレンドになっています。

一方、2017年は3000ドルから5000ドルまで上昇し、先月からお祭り相場でした。

7月に上昇(下降)トレンドであったなら、その流れが継続する可能性がありますね。

9月のビットコイン相場:下降後上昇

7~9月のチャート比較

9月のチャート比較

9月のビットコイン相場は、上旬は下降トレンド、そこから底を打ってからは強い上昇トレンドとなっています。

2014年は下降トレンドのままですけど。

仮想通貨を買い増すなら9月中旬あたりが押し目かもしれません!

10月のビットコイン相場:強い上昇

10~12月のチャート比較

10月のチャート比較

10月のビットコイン相場は、毎年強い上昇トレンドとなっています。

2014年だけは途中で上昇の勢いがなくなって萎えちゃってますけど。

10月までに仮想通貨を始めた人は上昇の波に乗れるかもしれません。

また、10~11月の上昇相場を予想して9月にビットコインFX(BitMEX)でロングを入れておくのもいいかもしれませんね。

11月のビットコイン相場:上昇

10~12月のチャート比較

11月のチャート比較

11月のビットコイン相場は、2017年以外は同じようなパターンで動いています。
11月初旬~中旬に暴騰し、そこから急落、そしてまた上昇、といった流れです。

ただ、2017年は下落からの3倍以上の爆上げ相場へと突入していくことになります!
(まさかあんなに上がるとはね。。。)

10~11月は一年の中でも最も強い上昇トレンドとなっています。

ガチホしていれば勝てる時期かもしれませんね!

12月のビットコイン相場:調整局面

10~12月のチャート比較

12月のチャート比較

12月のビットコイン相場は、上旬は11月からの上昇トレンドが残っていますが、同じ価格帯でもみ合うか大きく下落している傾向があります。

2016年末だけひたすら伸び続けていますねw

日本人の冬のボーナス時期ではありますが、利益分の納税の為に仮想通貨市場からフィアットを引き出す人が多くいるのかもしれません。

11月までの強い上昇トレンドの単なる調整局面とも見ることができます。

まとめ

過去のチャートを振り返ってみると、その年その年でものすごい暴騰や暴落があったことがわかりますね。

きっとその時にも、

「バブル相場がはじけた」

「こんな上昇は狂ってる」

「仮想通貨オワタ」

なんて色んな事をあーだこーだ言われながらも、上昇トレンドを維持し続けているんですね~。

規則性の話でいうと、共通して起こっているのは、

  • 1月中旬~2月前半に暴落がある
  • 3~4月は停滞気味
  • 5~7月中に大きな暴騰→調整がある
  • 10~12月上旬はもっとも強い上昇相場
  • 12月後半~は下落(調整)相場

という感じでしょうか。

今年もこの流れが続くかどうかは誰にもわかりませんが、2018年の値動きを随時追加更新していきます。

ただ、世界経済の流れやイベントが何かしら関連して、毎年このような相場感を作り出している可能性は高いですよね。

私はこのチャートの傾向を参考にしながら毎年トレードの作戦を考えてみようと思います。

BitMEXで他のテクニカルツールを使ったトレード方法もご紹介しています。

ビットコインFXのテクニカルトレード一覧
ボリンジャーバンドやMACDなどの初心者向けテクニカル指標や、 エリオット波動理論などの中級者向けテクニカル分析のトレード方法を解説しています。

BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などが全て無料・BTC板取引もあり実はとても使いやすい国内仮想通貨取引所です。BitMEXと併せて使うことをお勧めします。
GMOコインの公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました