coinlib(コインライブラリー)の使い方|アプリも便利な無料仮想通貨トレードツール

coinlib(コインライブラリー)の使い方|アプリも高機能な仮想通貨トレード無料ツール ツール・自動売買

coinlib(コインライブラリー)というサイトをご存知でしょうか?
coinlib(コインライブラリー)の使い方
上の画像のような、今現在の円やドル、テザーなどがどの仮想通貨に流れているかという分かりやすいマネーフローで私は知ったのですが、大変使いやすく多機能なサイトで、ビットコインFXトレードにも大いに役立つのでご紹介します。

https://bitcoin-talk.info/post-61/

coinlib(コインライブラリー)とは

coinlib(コインライブラリー)とはcoinlibの読み方はコインリブ、ではなく、コインライブラリーらしいです。パナマにあるみたい。

仮想通貨別の時価総額や出来高のランキング、どの通貨から購入され、どこに流れていっているのかという分かりやすいフローチャート、取引量の取引所別の割合、どの法定通貨での保有量が多いのか、などなど本当にたくさんの情報が公開されています。

海外のサイトなので、役に立つ機能や使い方を解説していきます。

coinlib

coinlibの機能①仮想通貨の詳細情報

トップページの「COINS」もしくは通貨をクリックするとこのようなページに移行します。(ここではBitcoinを例にした)
トップページの「COIN」もしくは通貨をクリック

通貨のチャート

赤枠のところを選択すると、その期間でのチャートが表示されます。時間足ではないです。
仮想通貨の詳細な情報

通貨の概要

その通貨のランキング順位や採用しているアルゴリズム、主要な関連サイトなどが表示されています。
通貨の概要

通貨の注目度

その通貨がReddit(アメリカの大手掲示板)や開発などでどれだけ注目されているかの度合いを知ることができます。
通貨の注目度

通貨のテクニカル分析

これは面白い機能です。
テクニカル指標・RSICCIストキャスティクス究極オシレーターウィリアム%Rモメンタム移動平均線の採用している日別に基づいた売買シグナルを一覧表示しています。
この表を見れば、テクニカル分析がわからない人でも、テクニカルトレードが可能かもしれません。(信憑性は不明だが)
いまのところ、とにかく売りサインしか出ていませんね笑
通貨のテクニカル分析

ニュースとマネーフロー

ニュースは、その通貨にかかわるTwitterなどのハッシュタグから抽出しているようです。
マネーフローは、このサイトで最も便利な機能です。通貨別にこれが表示されているのですから参考になりますね。
ニュースとマネーフロー

通貨の取引所別出来高と通貨含有割合のグラフ

左の円グラフでは、その通貨現物の取引所の出来高ランキングがわかります。一位はBitZ、二位はBinance(バイナンス)となっていますね。
右の円グラフでは、その通貨がどの通貨から最も買われているのかわかります。表によると、USDT、ETH、次いでLTCとなっています。
通貨の取引所別出来高と法定通貨含有割合のグラフ

coinlibの機能②取引所に関する詳細情報

トップメニューの「EXCHANGES」から取引所別のデータ情報を見ることができます。世界の主要取引所はもちろん、bitFlyerやZaifのページもありました。
取引所に関する詳細情報取引所のデータが丸裸になっています。
取引所の以下のデータがわかります。

  • 取扱通貨の出来高ランキング
  • 24時間の出来高推移(Total Volume)
  • 24時間のマネーフロー
  • 取引所に関するニュース(Twitterなど)
  • 取扱全銘柄の価格・増減率・出来高一覧

Binanceなんかはアルトコインが100種類以上あるのでデータが膨大ですが、bitFlyerを見てみるとJpyとBTCがほとんどなのでシンプルです。
是非見比べてみてくださいね。

その他の機能は会員登録が必要

会員登録したら使えるようになる機能は以下のようなものがあります。

  • 異なる通貨を比較・解析するツール
  • ポートフォリオ機能
  • アラート機能

など。会員登録は簡単なので興味がある人はやっちゃいましょう。

coinlibの登録方法

右上の方にある「register」から登録します。facebookなどのSNS連携で登録できるので私はそれで登録しました。
coinlibの登録方法
あとはユーザーネームを決めるだけです。
ユーザーネームを決めるだけ

coinlibの機能③仮想通貨同士の比較

例えば、イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)など任意のペアの詳細な比較ができます。
メニュー「COMPARE」をクリック、START~をクリック。
coinlibの機能③仮想通貨の比較

以下のような比較一覧を見ることができます。

  • 設定期間の価格増減率の比較チャート
  • 設定期間の出来高比較チャート
  • 設定期間の時価総額比較
  • 時価総額ランキング順位推移比較
  • 仕様・開発・コミュニティの並行情報

リップルとイーサリアムの比較ではピンと来ないかもしれませんが、マイナーなアルトコイン同士の比較なんかは興味深い結果がわかると思います。

coinlibの機能④ポートフォリオ機能

保有している通貨の管理をすることができます。
メニューの「PORTFOLIO」→「ADD COIN」から保有通貨を追加していきましょう。
coinlibの機能④ポートフォリオ機能このポートフォリオ機能はcoinlibのアプリと共有することができるので、ブラウザからの利用よりかはアプリ向きの機能でしょうね。

後ほど説明しますがcoinlibのスマホアプリは高機能で使いやすいのでオススメです。

BitMEXスマホアプリ|使い方のコツと注意点、便利な自動ログイン機能の紹介【携帯版ビットメックス】
BitMEXアプリでの使い方を解説しました。スマホで使う場合、携帯アプリ独特のクセを理解しておかないと思わぬ誤操作をしてしまうかもしれません。この記事を読めばアプリをパソコンからだけでなくブラウザ版をスマートフォンで快適に使いこなすことができます。

coinlibの機能⑤仮想通貨の価格アラート機能

価格アラートツールまであります。
通貨が設定価格に達したとき、登録メールアドレスにアラートメールが送信されます。
メニューの「TOOL」→「Alert」から設定できます。(USDのみ対応)
coinlibの機能⑤仮想通貨の価格アラート機能

設定価格だけでなく、価格変動率などでのアラートも設定できるので使いどころがありそうです。absの意味はよくわからないです。
メニューの「TOOL」→「Alert」

coinlibの機能⑥最も条件の良い価格の取引所検索

例えば、ビットコインが世界中の取引所の中で、より高価格で売ることができるところをランキングで表示することができる。

日本人が使えなかったり、出来高(流動性)があまりない取引所だったりすることが多いが、どこの取引所が高くなりがちなのかができるしアービトラージする隙をつくことができる可能性を探すことができるのはいいですね。

メニューの「TOOL」→「Best price explorer」をクリック。
通貨や含めない取引所などを設定して「UPDATE」をクリックして検索します。
Best price explorerかなりマニアックな取引所&ペアなども出てくるので、設定の調整が必要でしょうが、面白い機能です。
かなりマニアックな取引所&ペア

coinlibの機能⑦仮想通貨市場全体の把握(Global Chart)

とても便利なのでオススメの機能です。(これは会員登録なしで見れる)
仮想通貨市場の時価総額だけでなく、

  • ビットコインドミナンス(時価総額におけるビットコインの割合)
  • 法定通貨(もしくはペグ通貨)の仮想通貨市場へのフローチャート

が見れるというのがポイント高いです。
Twitterで誰かが載せているのを見たことがあるかもしれません。

Bitcoin dominance

トレードで重要な指標だという人もいる、Bitcoin dominance(ビットコインドミナンス)を見ることができます。
itcoin dominance

仮想通貨市場全体のマネーフロー

仮想通貨市場に流入している法定通貨、ペグ通貨の流れがわかります。
たとえば、米ドルや日本円、ユーロがどれだけ影響力を持っているのか、どのように変化してきているのかを見ることができます。24時間内でしか見れないのが唯一マイナスポイントでしょうか。
仮想通貨市場全体のマネーフロー

時価総額トップ20通貨のグラフ

こういうグラフもあって分かりやすいですね。
時価総額トップ20通貨

coinlibその他の機能

通貨のliquidity(流動性)

仮想通貨の流動性の高いもの・低いものの割合を円グラフで表示します。全体的に流動性が低いコインが多いという結果が以下の画像では示されています。
通貨のliquidity

Cryptocurrency converter(計算ツール)

仮想通貨→別の仮想通貨に変えたときの通貨数量を表示する計算ツールです。
Cryptocurrency converter(計算ツール)

Historical Snapshot

これは指定した日にちでの仮想通貨情報一覧ページを表示するという面白い機能です。
以下は2013/5/6のスナップショットです。
このころは仮想通貨も10種類しかなかったらしいです!
Historical Snapshot

APIやウィジェットも用意されている

APIやウィジェットも提供していて、サイトに埋め込んだりすることもできます。
知識がなくても使えるようになっています。
APIやウィジェットも用意されている

coinlibアプリの使い方

coinlibはアプリも充実しています。
iphoneならappstoreで、androidならgoogle playで「coinlib」と検索すればアプリが出てきます。

基本的な使い方はブラウザ版と同じですが、ポートフォリオ機能が使いやすいのでいいですね。

いなごフライヤーやBitMEXチャートなどトレード画面を分割表示する方法!
BitMEXやビットフライヤーやbitbankでビットコインFXトレードに勤しむ皆様、こんにちは。 皆さんはトレードをするときはどのような環境で行っていますか? サブモニター3台でチャートとトレード画面を同時にみてやっているよ! ...

まとめ

coinlib(コインライブラリー)の使い方を詳しく解説してみましたがいかがでしたか?

予想より情報が多くて、記事を書くのにも時間がかかりました。

とにかく多機能でかつ便利なのでビットコインFXをする人も仮想通貨の現物トレードをする人もみんな使った方がいいと思います!

関連記事 【BitMEXの登録方法】BitMEX(ビットメックス)手数料を割引する口座開設方法

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


ビットコインFXならここで間違いなし!下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


ビットコイン購入ならここで間違いなし!GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などが全て無料・BTC板取引もあり最も使いやすい国内仮想通貨取引所です。BitMEXと併せて使うことをお勧めします。

Binance 現物トレードならバイナンス


アルトコイントレードならここで間違いなし!世界最大の仮想通貨取引所です。豊富な通貨ペア、高いセキュリティ、使いやすさなど他の追随を許しません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました