私も使い倒しているオススメのビットコインFX取引所「BitMEX」公式サイトはこちら

ビットコインFXおすすめインジケーターまとめ|仮想通貨トレードに特化した専用武器

ビットコインFXおすすめインジケーターまとめ!仮想通貨トレードに特化テクニカル分析

チャート分析をする時に欠かせないツール、それが皆さん当たり前のように使っているインジケーターです。

仙人
仙人

今回はそんな数多にあるインジケーターの中でも、仮想通貨・ビットコインのトレードに特化した仮想通貨専用武器といえるおすすめインジケーターのみに絞ってご紹介します。

ビットコイン専用インジケーターは、機能特化しているだけあって使いこなせるようになるとかなり有利にビットコインFXでトレードすることができます。

ビットコインFX特化のインジケーターとは?

ビットコインFXや仮想通貨トレードで、チャートでとくに有効に機能するインジケーターや、ビットコインならではの指標を取り入れた、仮想通貨に特化したインジケーターがあります。

インジケーターは2種類に大別できる

基礎的な知識として、インジケーターには移動平均線やボリンジャーバンドのようなトレンド系指標と、MACDRSIやストキャスティクスのようなオシレーター系指標の2種類に大きく分類できます。

有名なインジケーターは、FXをはじめあらゆるマーケットのチャート分析に使われています。

インジケーターは星の数ほどある!

このインジケーターというのは、有名なものからマイナーなものまで含むと無限に出てきます
誰でも発明することができるからです。マイナーなものは玉石混交です。

マイナーなやつは取引所のチャートに無い

移動平均線などのような有名なインジケーターはどこの取引所のチャートにでも標準でついていることが多いですが、マイナーなインジケーターは最初から扱っているところなど皆無です。

マイナーなインジはTradingViewやMT4で使える

そこで利用されるのは世界最大手チャートツールTradingView(トレーディングビュー)、そしてインストール型トレードツールMetatrader(主にMT4)です。

どちらも世界中で使われており、トレード専業のプロでさえ愛用しています。

このトレビューとMT4は、チャート分析をするツールとしても非常に優秀なのですが、重要なのは個人ユーザーが自作インジケーターやストラテジー(売買アルゴ)を導入することができ、開発者とユーザーが世界で最も利用しているという点です。

開発者が個人でも販売や配布を行うことができるという経済圏が確立されている訳です。

仮想通貨専用インジケーターは多くの場合、TradingViewで使うことができます。(無料で使えます)

仙人

事前知識は以上です。
以下で、ビットコインFXで特におすすめのインジケーターを紹介していきます。

売買シグナル:APS(ちんイン)

APS:ALT PUMP SEARCH、(ちんイン)」は、有料のインジケーター(買い切り)です。

今から価格が大きく動く仮想通貨が分かるかも!?という仕込みのシグナルをとらえるためのオシレーター系インジケーターです。

XRP/BTCのバイナンスのチャート:インジ上昇後→雲が赤から緑でエントリー

APSを使った基本的なトレード方法は、Binance(バイナンス)をはじめとした出来高が多く(市場で影響力が強い)、アルトコインを多く扱っている取引所で、シグナルが出た銘柄にいち早くエントリーして、仕掛けが入って価格変動が出た時に売り抜ける、という戦略です。

このインジケーターは仮想通貨マーケットで有効に機能しており、多くの支持を集めています。

ただ、APSが強く反応した後、上下どちらの方向に動くのかまではわからないのでその他の情報から動く方向を推測するしかありません。(どちらに動いたとしても利益をとれるトレード戦略が理想)

似たインジケーターに『CASE』というものもあります。

売買シグナル:BTCマージンスナイパー

BTC Margin Sniper w/ Alerts」という海外の方が作ったインジケーターです。買われ過ぎと売られ過ぎの2つシグナルからエントリーポイントを告知、しかも簡便なアラート機能付きとのことですが、TradingViewで無料で使うことができます。
※無料で公開されているものですし、精度は高くないと思います。
BTCマージンスナイパー

私がみたところ、一時間足で表示すると一番しっくりきました。
アラート設定は、「アラートを追加」から、売られ過ぎまたは買われ過ぎのアラートのいずれかを選択する感じらしい。
開発者さんは主にBitMEXでこれを使ってるらしいですが、他の取引所でも調整はいるかもだけど使えると思うよとのことです。

似たようなシグナル系インジケーターに「Slickator InsideBar Breakout [Strategy]」とかもありました。

USDT総時価総額を表示:USDT Supply

USDT時価総額を表示するインジケーター「USDT Supply」。

これはTradingViewに標準でついている銘柄「USDT market cap」を表示したシンプルなものなのですが、ビットコイン市場ではインジケーターのように使うことで有用に機能することが実証されています。

インジケーターを使わなくとも、トレビューでUSDT market capを検索して銘柄追加していくことでも監視できます。

以下のチャート画像を見ると、まるで磁石に引き寄せられるかのように、USDT(Tether)の時価総額がビットコインチャートに先行した動きをしていることがわかります。

Tether時価総額とBTCの比較チャート、その後

Tether時価総額とBTCの比較チャート

テザーのレートを追う:USDT/USD

これはインディケーターではなく銘柄なのですが、USDT/USDが指標のような動きをするので紹介します。

USDT(=Tetherテザー)というのは、1ドルにペッグされているステーブルコインという仮想通貨です。

TradingViewで表示したUSDT/USDとBTC/USDチャートで比較的にですがBTCの値動きとUSDTのドルレートが相関していると言われています。
USDT/USDとBTC/USDチャート(TradingViewで表示)を重ねた画像

Tetherは、おおよそ1USDT=0.98~1.05USDで価格推移していますが、以下のような相関関係があると推測できます。

テザーの値動きとBTC価格
1USDT>1USDUSDTの発行が追い付いていない、つまり法定通貨の流入が起きている。BTC上昇?
1USDT<1USDUSDTの消却が追い付いていない、市場から資金が抜けている。BTC下落?

オシレーター系のインジケーターのように有効に機能しています。
ただ今後、Libraなど他のステーブルコインが台頭していけば、この法則も変わるかもしれません。

金利を監視:BitMEX Funding Rate

海外取引所BitMEXの資金調達率と、bitfinex LS(ロングショート)建玉数から次の動きを考察するのに便利な有料インジケーター『BitMEX Funding Rate』&『Bitfinex LS Volume』があります。
二つのインジケーターがnoteでセット販売されています。

BitMEX Funding Rateインジケーター

BitMEX Funding Rateインジケーターは、海外取引所BitMEXで採用されている無期限スワップという金利を視覚的に表示したものです。
金利がプラスの場合はロング側が支払い・ショート側が受け取り、金利がマイナスの場合はショート側が支払い、ロング側が受け取りとなります。

ロング側ショート側
資金調達率が+支払う貰える
資金調達率が-貰える支払う

この金利はビットコイン現物価格との乖離を是正するための手数料として設定されており、それまでの8時間のビットコインとドルの金利差とロングポジションとショートポジションの片寄りなどから算出されているものですが、以下のような相関が確認されています。

  • 資金調達率がマイナスに片寄り→価格上昇傾向
  • 資金調達率がプラス片寄り→価格下落傾向

似た無料のインジケーターには海外製ですが「BitMEX-Funding-m59」もあります。
BitMEX-Funding-m59

Bitfinex LS Volumeインジケーター

Bitfinex LS Volumeインジケーターは、BitfinexではLONG(買いポジション)、SHORT(売りポジション)の建玉数が公開されています。
そのデータを基に新規買い、ショート精算による買い、新規売り、ロング精算による売りを視覚化しています。

BTCの原価表示:Maison

ビットコインマイニングによるおおよその損益分岐点を表示するインジケーターです。
採掘難易度はマイナーの参入規模により常に変化するもので、明確な値の算出は難しいのですが、この「Maison (Free)」をTradingViewチャートに表示することで、おおよその損益分岐点をチェックすることができます。すごい。

損益分岐点をMaisonで表示

損益分岐点をMaisonで表示

上のチャートに描画している損益分岐点の価格(緑線)は、最強のサポートラインと言っても過言ではないでしょう。
他にも「Mining Cash Flow Line」という無料インジもある。計算方法の違いからズレがあり比較に良い。(緑色が濃い線がMaison)
Mining Cash Flow Line

損益分岐点は半減期が控えていることもあり、年々上昇していく傾向があります。

先物との価格差監視:乖離フライヤー

乖離フライヤー」とは、ビットコイン相場の指標として重要なFX銘柄の現物との価格乖離をまとめて視覚化したインジケーターで、noteで有料販売されています。
乖離フライヤー

ビットコインが大きく値動きする前に、海外取引所BitMEXのXBT(=BTC)先物の価格乖離に相関があると言われています。

各取引所の指標の参考方法を載せておきます。

取引所名指標の見方
bitflyerの剥離率マイナス剥離なら上昇、プラス剥離なら下落傾向。
BitMEXの資金調達率マイナスなら上昇、プラスなら下落傾向。

また、BitMEXのXBTUSDとXBT先物のコンタンゴ(順鞘)とバックワーデーション(逆鞘)を視覚的に表示するだけの無料インジケーターなら「Premium/Discount (Input)」などもあります。
BitMEX順鞘と逆鞘インジケーター

窓開け(ギャップ)確認:CME Gap Finder

CME Gap Finder」はビットコインの CME 先物市場 に生じた毎週のギャップを表示。ギャップを埋める傾向がある。チャートチェックしないでも比較確認できる点が便利ですね。
CME Gap Finder

CME取引所の窓開けと窓閉めがビットコインチャートに及ぼす影響は以下の記事で説明しています。

採掘難易度を監視:BLOCKCHAIN

採掘難易度というのは、簡単に言うとビットコインのマイニングのし易さを数値化したものです。

一般的に、マイナー(マイニングを行う人)が増えるほど、マイニング競争がら機器の性能アップなどの要因で難易度を上げ、逆に競争が沈静化すれば難易度を下げます。

BLOCKCHAIN社が提供するグラフを見れば、ビットコインの採掘難易度の過去の推移を確認することができます。

一般的に、採掘難易度が上がればBTC価格は上がり、難易度が下がればBTC価格も下がるという相関関係にあります。
過去一年の難易度推移

過去一年の難易度推移

清算ラインを表示:Bitmex Liquidation Bands

BitMEXでのレバレッジトレードにおける影響があるとされる清算価格(ストップ価格)を視覚的に表示したインジケーターです。
Bitmex Liquidation Bands
チャートはほとんどの場合、ある清算ポイントから別の清算ポイントにジャンプする傾向(つまり値幅がとれる)があるため、ストップまたはターゲットを配置するための目安として役に立ちそうです。
さまざまなレバレッジを選択できるとのことで、無料なのにすごいですね~。

まとめ

ビットコインFXおすすめインジケーター!ということで、仮想通貨トレードに特化した専用の指標やTradingView有料・無料インジケーターを幅広く紹介しました。

「これは使えそうだ!」と思えるインジケーターや指標が一つでも見つかれば幸いです。

また新たなインジケーターや指標・ツールが見つかればどんどん追記していくのでよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました