ハーモニックパターン④サイファー・シャークをビットコインFXで紹介

ハーモニックパターン サイファー・シャーク チャートパターン

BitMEX(ビットメックス)のビットコインFXを研究している仙人ブログですが、今回は連載でハーモニックパターンについて解説しております。

この記事で解説するのは、サイファーパターンとシャークパターンです!
取り敢えずネーミングがカッコイイですね、中二っぽい。

前回の記事はこちら

この記事ではハーモニックパターンの中でも比較的新しい、サイファーパターン、シャークパターンについて解説します。
出現頻度はそこまで多くありませんが、成立した時勝率9割というデータもあるハーモニックパターンを是非会得しましょう。

サイファーパターンとは

サイファーパターンはダレン・オグレスビー氏によって発見されたそうですが諸説あります。
サイファーの意味は、暗号・輪になって即興ラップするとかいう感じです。

バットやガートレーなどと比べるとマイナーですが、ハーモニックパターンの新種の一つとして認識されトレードに活用されています。

サイファーパターンとは

サイファーパターンの成立条件

サイファーパターンでは各ポイントで以下のフィボナッチ数などの条件があります。

  • B点はXAに対して、0.382から0.618のリトレースメント
  • C点はXAに対して、1.272から1.414のプロジェクション
  • そしてD点はXCに対して0.786のリトレースメント
  • 反転の第一ターゲットはCDの0.382リトレースメントで、第二ターゲットはCDの0.618リトレースメント
  • C地点がAを切っている

C地点がAを切っているのが大きな特徴です。

サイファーパターンのエントリーと損切ポイント

サイファーパターンストップはX点を超えた、次のパターンのサポート・レジスタンス位置に置きます。
ハーモニックパターンのみを根拠としたエントリーはせず、トレンドラインのサポート・レジスタンスや移動平均線、RSI、、ローソク足のプライスアクションなど複数の証拠を見つけるようにしましょう。

気をつけなければいけないポイントは、
AC間の割合表示はXAに対するCの位置で、XDの割合表示はXCに対するDの位置を示している点です。

サイファーパターンはD地点の計算方法を間違えやすいので注意しましょう。

サイファーパターンを実例で感覚を掴みましょう

サイファーパターン実例

サイファーパターン基本形

Bullish Cypher (買い)

Bullish Cypher (買い)

 

Bearish Cypher (売り)

Bearish Cypher (売り)

fx-harmonic-tradingより引用

フィボナッチやABCD描画ツールをBitMEXで使う

フィボナッチやハーモニックパターンXABCDの線画は、BitMEXのツール(TradingView)を使っていきましょう。
フィボナッチやABCD描画ツールをBitMEXで使う

「Cypher Pattern」や「三角パターン」「Three Drives Pattern」を使うことでチャートに以下のような図を描画することもできるので、パターンの発見に役立ちます。

BitMEXでCypher Pattern描画

これらツールを使って反転ゾーン(PRZ)、エントリーポイントや利確ポイント を算出します。

シャークパターンとは

シャークパターンは、スコット・カーニー氏に発見された比較的新しいハーモニックパターンです。
シャークというのはサメのことです、海面に出るサメの上ヒレ?のイメージですかね。

バットパターンに似ていますが、C点がBC線上を超えており、強い反転の動きとなっています。

シャークパターンとは

シャークパターンはサイファーパターンに形が少し似ていますが、フィボナッチ指数の引き方が少し違います。

サイファーパターンが不成立になった時、シャークパターンに移行することがあります。

シャークパターンの成立条件

シャークパターンは次のハーモニックレベルで定義されます。

  • B点は38.2-61.8 XAリトレースメント、
  • C点は1.13-1.618 ABプロジェクション、
  • D点はは0.886/1.13 XAエクステンションと1.618-2.24 BCプロジェクション、
  • D点がエントリーポイントになり、BCプロジェクション1.618-2.24の間がPRZ(反転期待ゾーン)

シャークパターン

シャークパターンのエントリーと利確ポイント

他のハーモニックパターンと少し異なる特徴は、エントリーポイントのD点はBCプロジェクション1.618-2.24を用いるという点です。

ストップの場所は、D点の後で次にD点の価格まで戻って来た時、もしくはXAの1.41エクステンションの2パターンが推奨されています。

他のハーモニックパターン同様に、シャークパターンもエントリーする前にトレンドラインや移動平均線。RSIなどのインジケーターに基づいて、反転サインやシグナルとの合致など追加根拠を確認しましょう。

シャークパターンの実例を見て覚えましょう

Bullish Shark (買い)

Bullish Shark (買い)

Bearish Shark (売り)

Bearish Shark (売り)

fx-harmonic-tradingより引用

まとめ

ハーモニックパターンであるサイファーパターン・シャークパターンをビットコインFXで紹介してみましたがいかがでしたか?

以前の記事でご紹介したレガート、バット、バタフライ、クラブと比べ比較的新しく知名度は低いですが、このようなパターンも覚えておくとトレードの引き出しが増えることに間違いはありません。

ヘッドアンドショルダー(三尊)エリオット波動などのチャートパターンも合わせて見るとより有力なエントリーの根拠になりますよ。

他にも様々なチャートパターンがあるので見てみてくださいね。



関連記事 【BitMEXの登録方法】BitMEX(ビットメックス)手数料を割引する口座開設方法

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


ビットコインFXならここで間違いなし!下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


ビットコイン購入ならここで間違いなし!GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などが全て無料・BTC板取引もあり最も使いやすい国内仮想通貨取引所です。BitMEXと併せて使うことをお勧めします。

Binance 現物トレードならバイナンス


アルトコイントレードならここで間違いなし!世界最大の仮想通貨取引所です。豊富な通貨ペア、高いセキュリティ、使いやすさなど他の追随を許しません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました