世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

エリオット波動理論を使いBitMEXでビットコインFX必勝トレードを身につける方法

テクニカル分析

ビットコインFXのBitMEX(ビットメックス)などでエリオット波動理論を使う方法を解説したいと思います。

エリオット波動はテクニカルトレード最高峰の手法です。

エリオット波動を使えば、チャートの動きをいくつかのパターンで先読みできるので、トレンドが反転しそうなポイント(天井や大底)をあらかじめ予測するができます

エリオット波動を正確に理解することで、トレード勝率は驚くほど高まります。

ただ、フィボナッチなどの他のテクニカルも絡んでくるので、ちょっと理解するのに時間を要する手法でもあります。

それでも知る価値があります。
騙されたと思って学んでみてください!

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらでまとめています。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

エリオット波動とは?


参考文献:外為オンライン
エリオット波動論は世界中で支持されている相場分析法です。
株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871~1947年)が考案しました。
エリオット波動は単に相場の値動きだけにとどまらず、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れた壮大なものです。

相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある

というのがエリオット波動論の考え方です。

エリオットは、値動きのなかに「上昇→下降」の波が一定の規則性をもって何度も出現することを発見しました。
上昇相場の場合は「上げ→下げ→上げ→下げ→上げ」という5つの連続した波から成り立ち、
その後には「下げ→上げ→下げ」という3つの波による下降調整相場が出来るというものです。
これを「上昇5波・下降3波」といいます。

下降相場はこの正反対の動きとなります。

エリオット波動理論は3つのルールを覚えれば判別できる

ビットコインなどのチャートの中からエリオット波動のパターンを見つけてトレードに生かすためには、以下の三つのルールが必須要素となっているのでしっかり覚えておきましょう。

参考文献:外為オンライン

  • ルール1:第3波が第1波、第3波、第5波の上昇の中で一番短くなることはない
  • ルール2:第2波が第1波のスタート地点を割り込む(全戻しする)ことはない
  • ルール3:第4波が第1波の高値を割り込むことはない

必要条件ではないが、エリオット波動成立の重要なポイントも覚えておきましょう。

  • 第5波は時々第3波の高値を抜けられないことがある
  • 第5波がオーバーシュートことがある
  • 第3波は最も力強い値動きとなりやすい
  • 第2波と第4波はフィボナッチ比率のラインで反転することが多い

エリオット波動はフィボナッチとセットで使おう


参考文献:fx-binary.blog.jp
BitMEXではエリオット波動の他にフィボナッチ・リトレースメントというテクニカル指標が使えますが、
エリオット波動を使いこなすにはフィボナッチ比率を理解していたほうが圧倒的に捗ります。

フィボナッチを簡単に言うと、人間が本能的に心地よいと感じるフィボナッチ比率(0.618、0.382、0.236)が投資家心理の集合体であるチャートに反映されるというテクニカル分析です。

押し目や反転、利食いポイントなど、トレードの売買根拠を求めテクニカル指標として世界中のトレーダーが意識するということは有効なラインとしてより機能するということになります。

BitMEXのフィボナッチ比率の使い方はこちらの記事で書いています。

BitMEXでフィボナッチ・リトレースメント等を使って逆張り・利確ポイントを見つける方法
BitMEX(ビットメックス)などビットコインFXでも使えるフィボナッチ数列はトレードの勝率を大幅に上げる可能性のある便利なテクニカル指標です。 フィボナッチ・リトレースメントなどの指標を使うことで、価格のサポート(支持帯)とレジスタ...

エリオット波動のパターンは最低限これだけ覚えればOK

前半の5波(推進波・インパルス波動)


トレンド方向の値動きは「上昇5波・下降3波」と呼ばれる、前半の5波(トレンド方向)、後半の3波(トレンドに逆らう方向)という周期で動きます。

インパルスとは推進的(すいしんてき)なという意味です。
前半の5波(トレンド方向)の動きをインパルス波動とも言います。

1~5の波動でそれぞれに群集心理やアクションの段階が定義されていて、それになぞってビットコインのチャートを追っていくと、なるほどと頷ける節があります。

第1波

動きは鈍いが、押し目買いを探るポイント。

最初の上昇です。少数の人たちが「この銘柄は割安だ!」と買い始めたことで上げ始めます。

第2波

第1波を打ち消す方向に強い抵抗。フィボナッチで止まる場合が多い。

第1波で買っていたトレーダーの一部が「買われ過ぎなのでは?」と思って利食いし、値が下がります。
しかし、ある程度下がると「この銘柄はやっぱり割安だ!」という心理が働くので第1波を割り込むことはありません。(割り込んだらエリオット波動のマーク付けが間違えています。やり直し)

第3波

5波の中で最も大きく変動する傾向。第1波の168%の上昇率が多く、200%、268%もある。

これぐらい上昇すると、多くの人の注目を集めています。銘柄の値上がりに気づいて買いが買いを呼び、勢いを増して第1波の高値を超えて上げていきます。
「第3波が一番強くなりやすい」という特徴があります。

第4波

複雑だが横ばいになることも多い。第3波のフィボナッチで止まることが多い。

第3波でかなり上げたのでまた「割高」となり、一部の人が利食いするので値が下がります。
しかしまだまだ買いたい人も多くいるので拮抗し第4波の下げは緩やかになります。

第5波

暴騰することも多く、第1波から第3波の8%の上昇率が多い。

ここでほとんどの一般トレーダーが買いのアクションを取りやすいです。遅れて買う動機は「欲」です。
ここまで上げると、その銘柄の良いニュースが出たり話題になったりします。それにつられて多くの大衆が買わずにいられなくなります。
第5波で買うのはイナゴとか、養分ということです。
最も割高となっている時なので、冷静なプロトレーダーはそこで利食いや空売りを始めます。
これが原因でその後のABCパターン(調整波・コレクティブ波動)という調整の動きに入ります。

後半の3派(調整波・コレクティブ波動)


参考文献:sokusenryoku-fx.com
5波からなる推進波トレンドがひと段落すると、3波からなる調整波(コレクティブ波動)が始まります。
コレクティブ波動とは本格的な調整の動きのことです。
調整波には数字ではなくアルファベットのABCが使われます。
調整波には多くのパターンがあるのですが、以下の3つのパターンだけ抑えればあとはその応用です。
なので3つだけ覚えてください。

ジグザグパターン


ジグザグパターンはトレンドに逆らう3波の動きに勢いが強いパターンです。

フラットパターン


フラットパターンは横ばいのレンジの動きです。基本的にa,b,cそれぞれの波動の長さは同じぐらいになる傾向があります。

トライアングルパターン


トライアングルパターンもレンジ相場の一種ですが、三角持ち合いになるパターンです。
三角持ち合いのパターンはペナントだったり様々ですが、この後も推進波のトレンドが継続することが多いです。

BitMEXでエリオット波動を使う方法

BitMEXにログインしたらチャートを拡大しましょう。

サイドバーに「~パターン」のテクニカルツールがあるのでクリックしましょう。
「Elliotほにゃらら」といくつかありますが、使うのは以下の二つだけで十分です。

エリオットインパルスウェーブ(Elliot Impulse Wave)は「上昇5波・下降3波」のうち上昇5波を描くツールです。
エリオットコレクションウェーブ(Elliot Correction Wave)は下降3波を描くツールです。

上昇5波の描き方

テクニカルツール「Elliot Impulse Wave」をえらび、エリオット波動上昇5波だと思う場所を順に1クリックづつしていくと番号を付けることが出来ます。

下降3波の描き方

上昇5波の描き方と同じ要領です。
テクニカルツール「Elliot Correction Wave」をえらび、エリオット波動下降3波だと思う場所を順に1クリックづつしていくとアルファベットを付けることが出来ます。

ラインを消したり、引き直したりしたいときは、引いたラインの右上に現れるこのアイコンもしくは左サイドバー最下部のゴミ箱アイコンをクリックして消します。

エリオット波動絶好のエントリーポイントは?

相場は今、何番目の波の中にあるのか?
波の数から考えて、この相場はそろそろ終わりではないのか?

と常に考えることはトレードで重要な視点です。

エリオット波動では、第3波が一番勢いが強く伸びる傾向があります。
なので、第3波の起点を取りにいくのが一番利益が見込めます。

何らかの理由で相場が底を打ったかもしれないと判断した時、上げ始めたあと(第1波)、目立つ下落が発生します(第2波)。
ここで第1波の起点を第2波が割り込まなければ、次は波動3の上昇が続く可能性が高いと予想することが出来ます。

波動の終点で三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)が出現するとアツいですね。
強いトレンド転換のサインなので見逃さないように注視しましょう。

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)については以下の詳しく解説しています。

BitMEXビットコインFXで三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)を最大限に使う方法
BitMEX(ビットメックス)でも使うことができるテクニカル指標「三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)」について書きたいと思います。 三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)は数あるテクニカル指標の中でも、簡単に判別できる分かりやすさ...

BitMEXでエリオット波動を使ってみた

大底から第1波が始まる傾向が高い
エリオット波動はなんらかの理由で大きく値動きがあった後から始まっていることが多いです。
大きな値動きがあった場所を探し、その前後のチャートをよく見てみましょう。
また、エリオット波動は連続しているので、終点がすなわち次のエリオットの起点になっています。

第2波は第1波を割り込まない
エリオット波動を探すとき、そこが第1波かどうか判断するとき、第2波が第1波を完全に打ち消していないかチェックしてください。

第3波が最も長くなる傾向がある
大きな値動きがあった箇所の前後のチャートの動きを見ることでもエリオット波動が探しやすいと思います。

第5波は第3波を超えないことがある
このビットコインチャートでたまたまなっていたので取り上げたのですが、第3波が第5波よりも高いことがあり、これもエリオットの崩れたパターンなので間違えないようにしましょう。

大口はエリオット波動の推進波で仕掛けてくることも多い
このビットコインチャートでは、次のエリオット波動の推進波3波・5波で大きく上昇しています。修正波のc波(最後の波動)も仕掛けられやすいです。
5波の上昇がかなり急なので、もしかしたら大口の買い上げが起きた場所かもしれません。
大口の投資家は、いつも適当なタイミングで価格操作をしているのではなく、なんらかのテクニカル指標にのっとってサインを出している可能性があります。
三尊(ヘッドアンドショルダー)なんかもそうですし、このエリオット波動の推進波というのも、仕掛けやすいタイミングなんだと思います。

大口の無言の合図は、エリオット波動を追っていれば察知できるようになるかもしれませんよ。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の手数料ルールについて詳しく解説

まとめ

エリオット波動理論を使いBitMEXで必勝トレードを身につける方法というテーマで、
エリオット波動の考え方、BitMEXのビットコインFXでの使い方などをまとめてみましたがいかがでしたか?

第1波と第3波がどこなのかを探すと、エリオット波動のパターンをチャートに見つけやすいです。

第2波は第1波を割り込まない、第3波は一番長く勢いがあることが多いので、そのような形を探すと見つけやすいと思います。

トレンドに強く反応する第3波始点でのエントリーが効果的なトレード戦法です!

FX相場に絶対はないので、エリオット波動やフィボナッチ比率が外れる可能性もありますが、
エリオット波動を正確に把握してトレードをすると、驚くほど勝ちやすくなります。

エリオット波動は覚えることが多いので、一度読んだだけでは理解できないかもしれません。
しかしそれでも何度も読んで、実行して理解してみてください。

その勉強の対価として十分な効果が実感できると思います。
私もエリオット波動を使うようになってトレードで負け越したことが一度もありません。

是非このテクニカル指標の最高峰を攻略してやりましょう!

他のBitMEXテクニカル記事
BitMEXチャートの移動平均線はどう設定すればいい?表示方法とグランビルの法則を解説
BitMEX(ビットメックス)を一日3時間はいじらないと精神が安定しない、これは病気でしょうか…。 今日は、基本中の基本のインジケーターといっても差し支えないテクニカル分析の代表 「移動平均線」についてご紹介します。 Bi...
BitMEXでMACDを使ってビットコインFXのトレンドの転換点と売買ポイントを判断する方法
BitMEX(ビットメックス)では様々なテクニカル指標を使うことができますが、今回は「MACD(移動平均収束拡散法)」を使ったトレード方法をご紹介したいと思います。 MACDの読み方は「マックディー」です。エムエーシーディーより覚えや...
BitMEXで一目均衡表(一目雲)とRSIを使うトレード方法
Bitmex(ビットメックス)のチャートは様々なテクニカルツールが使えるのですが、 今回は一目均衡表とRSIについて、使い方とトレードでの活かし方をご紹介します。 ちなみに記事のトップ画像を始めてcanvaというサイトで作ってみまし...
BitMEXの隠れた名インジ。CCI(商品チャンネル指数)のダイバージェンスで逆張りトレードする方法
ビットコインFX専門の取引所BitMEX(ビットメックス)で使えるテクニカルインジケーターの中でも、日本ではあまり知られていない?が実は使える実力派の指標をご紹介します。 その名もCCI。(Comodity Channel Index...
ビットコインFXのテクニカルトレード一覧
ボリンジャーバンドやMACDなどの初心者向けテクニカル指標や、 エリオット波動理論などの中級者向けテクニカル分析のトレード方法を解説しています。

BitMEXの登録がまだの方はこちらからどうぞ。

BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

スマートフォンでも使えます。

BitMEXスマホアプリ|使い方のコツと注意点、便利な自動ログイン機能の紹介【携帯版ビットメックス】
BitMEXアプリでの使い方を解説しました。スマホで使う場合、携帯アプリ独特のクセを理解しておかないと思わぬ誤操作をしてしまうかもしれません。この記事を読めばアプリをパソコンからだけでなくブラウザ版をスマートフォンで快適に使いこなすことができます。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などがすべて無料なので実はものすごく使いやすい仮想通貨取引所です。
GMOコインの公式サイト

コメント