世界シェアNo.1のビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

エンベロープをビットコインFX(BitMEX)で使うスキャルピングトレード戦術

エンベロープをビットコインFX(BitMEX)で使うトレード戦術 トレンド系指標

今回はビットコインFX(BitMEX)でも有用なエンベロープというインジケータを用いたトレード戦術をご紹介したいと思います。

エンベロープは一見ボリンジャーバンドに似たトレンド系指標です。

  • エンベロープとは?
  • エンベロープを使った具体的なトレード手法
  • この手法を実践する時の注意点

を重点的に書いていきます。
インジケーターの知識を深めておけば様々な場面でエントリーする根拠になりますよ。

エンベロープとは?

エンベロープとは、移動平均線から上下に一定に乖離させた線のことで、価格が移動平均線から、どの程度離れたかを見るために用います。

移動平均線からどれくらい離れたら反転し、移動平均線に向かい始めるのであろうか、ということが移動平均線からの乖離率を利用します。

エンベロープは真ん中の移動平均線をそのまま上下に一定の割合だけ離したものなので、エンベロープは移動平均線と全く同じ動きをします。
ボリンジャーバンドと良く似た形ですが、「上下のバンド幅が一定」という特徴があり、「値動きの行き過ぎ」を見つけやすい指標です。

エンベロープの図

出典:http://kabu.com/

「封筒(エンベロープ)」のような帯を描いて一般的には、エンベロープの上限・下限をトレンドの反転のポイントとして売買サインに用いたり、支持・抵抗の目安として用います。これは、価格は移動平均線から極端に遠く離れないという考えからきています。

乖離の目安をどの程度にするかは、相場によって異なり、一般的に為替市場では25日移動平均線対比で「2~3%」と言われています。

エンベロープとボリンジャーバンドの違い

ボリンジャーバンドの各ラインは、標準偏差を使って算出されているので、価格変動が大きくなるとバンドの幅が広がったり、変動が小さくなると幅が縮まったりと相場の変動に伴ってラインの広がりや縮まり(エクスパッションとスクイーズ)がありますが、エンベロープにはそれがありません。
エンベロープは単純に、中心ラインの25日移動平均線に平行な線が上下に引かれただけのものです。

BitMEXでボリンジャーバンドを使ってエントリーと利確ポイントを判断する方法
BitMEX(ビットメックス)では様々な指標が使える高機能なチャートがついています。 トレードするときにこの指標を利用しない手はないですよね! 今回はボリンジャーバンドを利用して有利にトレードを展開する戦術を考えたいと思います。...

エンベロープの基本的なトレードシグナル

価格が上側のラインに接近・到達した時は、
反転下落の可能性が高く買われすぎと判断し「売り」、

下側のラインに接近・到達した時は、
反転上昇の可能性が高く売られすぎと判断し「買い」を行います。

乖離率は任意ですが、取引前にその都度偏差を設定する必要があります。日足の場合に5日、10日、20日、75日、100日、200日を、週足であれば6週、13週、26週といった移動平均線を使用して、2%、3%、5%、10%などの乖離率が推奨されています。
→BitMEXのビットコインFXで乖離率を設定する方法

BitMEXでエンベロープを表示する方法

BitMEXにログインしたら、チャート画面にあるインジケーターのアイコンをクリック、「エンベロープ(もしくはenvelope)」と検索窓に入力しましょう。
「エンベロープ」を選択するとエンベロープが表示されます。
BitMEXでエンベロープを表示する方法

エンベロープは剥離率の設定必須

エンベロープの剥離率は取引前にその都度偏差を設定する必要があります
「フォーマット」から剥離率や移動平均線の設定が出来ます。
「フォーマット」から剥離率や移動平均線の設定が出来ます。

ビットコインFXの日足を参考にしたスイングトレードなら「25日移動平均線・剥離率10%」くらいがいいと思います。
ビットコインFXの日足を参考にしたスイングトレード

ビットコインFXの一分足を参考にしたスキャルピングトレードの場合は「25日移動平均線・剥離率0.2~0.25%」くらいがいいと思います。
ビットコインFXの一分足を参考にしたスキャルピングトレードの

チャートから消したい時には、以下の箇所からインジケーターを消すことができます。
BitMEXでエンベロープを表示する方法2

エンベロープを使ったスキャルピング手法

エンベロープを使うと、上下のラインに触れた時が逆張りスキャルピングの売買サインとなり、具体的にどこで発生するかを高い確率で判断できるようになります。

また、ローソク足が上下のラインに接触してヒゲが出た時、つまりローソク足のヒゲが上下のラインに接触してから反転しているポイントでエントリーできます。

ヒゲを確認してからエントリーすることが鉄則です。

スキャルピングとスイングトレードを使い分けてBitMEX(ビットメックス)で勝つ方法
いざBitMEX(ビットメックス)などでビットコインFXをしようと思ったとき、自分の中に明確なトレードルールというか、トレード戦法を持っているかいないでは勝率に雲泥の差が出てきます。 当ブログはBitMEXの記事多めですが、今回はスキ...

エンベロープ+RSIで逆張りスキャルピングトレード

エンベロープとRSIを併用したスキャルピングトレードは相性が良い組み合わせと言われています。

トレードの手順としては、
ローソク足一分足の終値がエンベロープを上下に抜けるのを待つ

抜けたローソク足がヒゲを形成し、かつRSIが30%以下ならロング・70%以上ならショート

ローソク足の終値がEMAを抜ける(利確)
エントリー価格から20pips逆行で(損切り)
エンベロープ+RSIで逆張りスキャルピングトレード

RSIは上がり過ぎ、下がり過ぎを測るオシレーター系の指標なので、反転狙いのフィルターとして使用します。
エンベロープの外側に価格が飛び出しても、RSIが30%以下、70%以上になっていなければ、エントリーの条件を満たしていないとして、トレードは見送ります。

この戦略のメリットは、短時間でもトレードチャンスが多く、そして少額資金で可能ということです。

BitMEXで一目均衡表(一目雲)とRSIを使うトレード方法
Bitmex(ビットメックス)のチャートは様々なテクニカルツールが使えるのですが、 今回は一目均衡表とRSIについて、使い方とトレードでの活かし方をご紹介します。 ちなみに記事のトップ画像を始めてcanvaというサイトで作ってみまし...

エンベロープを利用したトレードの注意点

エンベロープは相場に強いトレンドがある場合、上下のラインに価格が接近・到達しても相場の転換が起らないことがあります。

高値安値などの節目をブレイクする時には強いトレンドが発生することが多いので注意が必要です。
出来高が低い時もトレンドを一方向に動かされやすいので同様に警戒するべきです。

例えば、強い上昇トレンドの時はエンベロープの上側のラインにローソク足が張り付いた状態で上昇が続き、強い下降トレンドの時はエンベロープの下側のラインにローソク足が張り付いた状態で下落が続くといった場合がみられます。

また、経済指標発表時や要人発言時などファンダメンタルに影響されるときにもインジケーターのほとんどが機能しないことが多いのでそういう時にはできるだけエンベロープを使わないようにしましょう。

まとめ

エンベロープをビットコインFX(BitMEX)で使うスキャルピングトレード戦術というテーマで記事を書いてみましたがでしたか?

  • エンベロープはトレンドフォロー型のテクニカル指標で「バンド幅が一定」という特徴がある
  • 基本的にバント幅は調整必須。直近のレンジの高値、安値が収まるようにする
  • バンドの上限、下限をもとにトレードを行う。逆張りに強い。

スキャルピングトレードをするならエンベロープは相性バッチリのインジケーターです。
エントリーポイントもとてもシンプルで分かりやすいので誰でも行うことができるのがメリットですね。

ビットコインは出来高が常に高く、ボラティリティ(値幅)も大きいのでエンベロープを使ったスキャルピングに非常に向いています。

枚数の張り方(レバレッジのかけ方)や利食い損切りの方法が決まっていないと、思うように利益を出せないので気をつけましょう。

実際にトレードをしてみると知識だけではない多くの気付きや感覚を培うことが出来るのでぜひ色んなインジケーターを使って実践的なトレード戦術を磨いてください!

BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などが全て無料・BTC板取引もあり実はとても使いやすい国内仮想通貨取引所です。BitMEXと併せて使うことをお勧めします。
GMOコインの公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました