Evolve Markets(イボルブ)の登録方法と使い方|FX上級者向け匿名海外取引所

Evolve Marketsの登録方法と使い方|上級トレーダーご用達の優良海外取引所 取引所の登録方法

今回は、知る人ぞ知る匿名登録の海外優良取引所「Evolve Markets(エボルブ・マーケット)」をご紹介します。

Evolve Markets(イボルブ・マーケット)は、仮想通貨ビットコインFXをはじめ幅広い先物に特化しており、完全なNDD方式の取引所として高評価の海外FX会社です。

Evolve Marketsにはじめて登録された方には、操作方法がわかりにくいかもしれないので、MT4/5のインストールから基本的な操作を、誰でもすぐにできるように当記事にまとめました。

Evolve Markets 登録はこちらから1分で出来ます。Evolve Markets公式サイト

Evolve Marketsの特徴・メリット

Evolve Marketsのメリット

  • 登録・口座開設がすぐできる
  • メールアドレスだけで作れる(身分証不要)
  • スプレッドが狭い
  • 入金・送金・証拠金はビットコインのみ
  • 出金トラブルなし!
Evolve Marketsの特徴
法人名Evolve Markets Ltd
設立年2016年
所在国セントビンセント・グレナディーン(ライセンス SVG:IBC)
取扱銘柄仮想通貨銘柄はBTC・ETH・XRP・BCH・LTC・EOS・DASH・ZEC・XMR・XTZ
入金通貨BTC(ビットコイン)・LTC(ライトコイン)のみ
追証なし
UIMT4、MT5(スマホも対応)
取引形態NDD(A-book)
単位1lot=1BTC
最小ロット0.01 lot
最大レバレッジ最大500倍(仮想通貨は50倍)
サポートデスク日本語未対応

メールアドレスだけで登録ができるので、すぐに始めることが可能です。

全て英語でのやり取りですが、問合せをすると直ぐに返事をくれ対応も早いです。Evolveの意味は「進化する」。

Evolve Marketsでは、仮想通貨のほか

  • 外国為替FX(ドル・ユーロ・円など)
  • 商品取引(金・貴金属・原油などコモディティ)
  • CFD(株価指数・インデックスなど)

などのMT4/5では一般的な幅広い商品が取引できます。

注文方式は、BitMEXと同じ透明性の高いNDD(ノン・ディーリング・デスク)方式で、トレーダーの注文は、提携先のインターバンク(銀行など)へ直接、発注されます。
取引所CryptoGTなどはDD方式といって注文を取引所で呑む方式です。

Evolve Marketsのデメリット

土日は使えない

Evolve Marktesでの取引可能は日本時間の月曜日 AM7:00~土曜日 AM6:45です。
つまり平日は24時間使えるが、週末の土日は使えません
(イギリスのグリニッジ標準時で日曜日PM10:00~金曜日PM9:45)

仮想通貨銘柄の取引手数料は若干高い

為替や商品先物に関しては取引手数料が無料であったりしてスキャルピングもしやすいのですが、仮想通貨ペアに関しては、取引手数料がポジションに対して0.075%かかります

これによって、スプレッドは狭いのですが結果的に手数料分勝ちにくくはなっています。
仮想通貨以外の銘柄で勝ちやすい取引所と言えるかもしれません。
※日経先物の取引手数料も例外的に非常に高いです。

怪しい

言わずもがなですが、本人確認がないどころか、名前を入力する欄すらないので怪しさ満点です。評価は高いですが取引所の実態も不明です。

今のところFX上級者の人たちの話しを聞いてみても(勝ちまくっても)、出金できなかったとかチャートがおかしくなったとかは確認していないので、かなり優秀な運営をしていると思います。

ですが、海外のマイナーな取引所を使うにあたっては、万が一トラブルが起きても自己責任であることはご了承ください。デモ口座も作れるし少額で遊んでみるには十分楽しめますが、初心者向けではないです。

Evolve Marketsの手数料と追証

Evolve Marketsへの入金・出金手数料は無料です。注意点としては、仮想通貨の取引手数料はちょっと高いです。

Evolve Marketsの手数料公式から抜粋

公式から抜粋

仮想通貨為替・商品先物
入出金手数料無料無料
取引手数料0.075%無料(Pro口座は9pips/lot)
ロスカット基準維持率80%維持率80%
追証なしなし

また、最低入金額は0.005 BTCに設定されています。

Evolve Marketsのレバレッジとスプレッド

レバレッジは仮想通貨だけ異なる

金や原油などの商品先物・ドル円やドルユーロなどの為替・インデックス先物などはレバレッジ最大500倍となっていますが、仮想通貨ペアのレバレッジは一律で最大50倍となっています。

スプレッドはかなり狭い

これはMT5でスプレッドをスクショしたものです。スプレッドはBTC70円・LTC50円・ETH30円・XRP0.7円ほど。スプレッドが狭いことがわかります。CryptoGTより狭いです。

仮想通貨evolveスクショ

スクショ2019/4/11

Evolve Marketsの登録方法

Evolve Markets公式サイトにアクセスしメールアドレス(フリーメールOK)を入力し「Create Account」をクリックします。
MT4かMT5か選択できますが、こだわりが特にない場合はMT5でいいと思います。
パスワードを設定しましょう。
Evolve Marketsの登録方法その1

メールボックスに届いた確認メールのURLにアクセスしましょう。
Evolve Marketsの登録方法その2

この画面が表示されれば登録完了です。
Evolve Marketsの登録方法その3

Evolve Marketsの出金・入金

入金する

登録メール二通目からアクセス、もしくは公式サイトの「Account」→「Deposit」ページにアクセスすると、このような画面になります。
ここに記載されているビットコイン入金用アドレスに入金しましょう。
evolve markets deposit
Evolve Marketsの入金

出金する

公式サイトの「Account」→「Withdraw」ページにアクセスすると、このような画面になります。
evolve.markets Withdraw
出金フォームに記入し「Withdraw」ボタンをクリックしましょう。
Evolve Marketsの出金画面

Withdrawal Address送金先のBTCアドレスをコピペで記入しましょう。
Amount(BTC)送金したいBTC数量を記入しましょう。
Login Password登録時に設定したパスワードを記入しましょう。

出金の注意事項

  • 出金完了まで24時間かかる可能性があります。
  • 最低出金可能額は0.005 BTC以上です。
  • 出金にかかる手数料はかかりません(無料!)

Evolve Marketsのトレード画面

Evolve Marketsのトレード画面はパソコンからとスマホからのログインでUIが違うのですが、FXトレードをするならWebTraderよりも、トレードに特化したスマホのMT4/5アプリを使うのがオススメです。

パソコンからトレード画面にログイン

MT5(MT4)のログイン情報が載っているのでパソコンは管理画面の上部メニュー「PLATFORM」→「WebTrader」からログインしましょう。
「WebTrader」からログイン

アカウント番号と先ほど決めたパスワードを入力してログインします。
パソコンからトレード画面にログインその2初期設定では仮想通貨銘柄が表示されていないので追加しましょう。
evolve銘柄追加銘柄名の上で右クリックすると、チャート画面の切り替えやオーダー、デプスチャートの表示などできます。トレード画面上部メニューからでもオーダーなどできます。
evolve銘柄追加その2

デモ口座もあるビットコインを入金しなくても無料でEvolve Marketsのデモ口座でトレードすることができます。リアル口座もデモ口座も、クラシックプロ2種類の口座が選べます。

スマホからトレード画面にログイン

FXに特化したアプリなのでWebTraderよりこちらの方がお勧めです。
iOS(iphone)かアンドロイド端末の場合は、MTアプリをインストールしてログインしてみましょう。アプリストアで「MT5(MT4)」と検索すれば出てきます。

MT5アプリを例に説明します。アプリを開いて、メニュー「設定」から「新規口座」をクリックします。
MT5アプリにログイン

既存口座にログインを選択し、evolveと検索し出てきたサーバーを選択します。
evolve mt5既存口座にログイン

所定の箇所に、管理画面や確認メールに記載されているログインID番号と、自分が最初に決めたアカウントのログインパスワードを入力します。
Evolve mt5口座にログイン

銘柄追加は下部メニューの「設定」から行うことが出来ます。
evolve mt5銘柄追加

慣れてくると、自分の好きなチャートをカスタマイズして、テクニカル分析ができるようになるので、エントリータイミングや利食いと損切の位置の目安にしたり、チャートのシナリオを立てやすくなります。

Evolve Marketsの口座種類(アカウントタイプ)は、取引手数料無料の「クラシック口座(CLASSIC)」と、低スプレッドの「プロ口座(PRO)」の2種類があります。プロ口座は取引手数料8ピプス/ロットかかります。

Evolve Marketsのオーダー方法

スマホアプリのオーダー使い方

MT5アプリで新規注文取引をするには、銘柄一覧からトレードしたい通貨ペアをクリック。
取引したいペアをタップし 「トレード」を選択します。
evolvemarketオーダー表示

オーダー画面の使い方

evolvemarketアプリオーダー画面の使い方(成行注文)

成行注文

両建て可能、決済は別画面決済するには、「トレード」メニューか「決済」画面に移行する必要があります。(設定をいじれば仕様を変えられるのかも)
evolvemarketアプリオーダー画面の使い方

指値注文

「タイプ」で成行注文から指値注文などに変更できます。「価格」で価格を指示し、「発注」ボタンをタップします。ストップロスなど出すこともできます。

使える注文は以下の通りです。

  • 「Buy Limit」 – 買い指値注文
  • 「Sell Limit」 – 売り指値注文
  • 「Buy Stop」 – 買い逆指値注文
  • 「Sell Limit」 – 売り逆指値注文
  • 「Buy Stop Limit」 – 買いストップリミット注文
  • 「Sell Stop Limit」 – 売りストップリミット注文

MT4/5は多くの機能が備わっていますが徐々に使っていきましょう。

Evolve Marketsのチャート使い方

MT4/5のチャート画面は初期設定はロウソク足のみ表示されています。分かりにくいスマホアプリの操作方法で説明します。

スマホインジケーターの追加

メニューバーから「チャート」を表示。
チャート上部にfアイコンがあるのでクリック。
「メインウィンドウ」からインジケーター追加します。
MT5インジケーター追加

チャートにラインを線画

チャート上部に人形アイコンがあるのでクリック。「オブジェクト追加」からトレンドラインやフィボナッチなど線画ツールを選択できます。
cryptoGTチャートにラインを線画

チャート表示のカスタマイズ設定

メニューバーの「設定」→「チャート」を選択、チャート画面をカスタマイズできます。

  • ローソク足/ラインチャート切り替え
  • ティックボリュームの表示
  • 買い気配値ラインの表示

Evolve Marketsの評判

Evolve MarketsはNDD、A-bookという形式の取引形態をとっている取引所で、日本にはない完全なインターバンクとの取次を行っています。
仮想通貨FX、為替FXの取引所の中でこれだけ透明性の高いトレードができるところはあまりありません。

数千万円の利益も問題なく引き出せている。

A-Bookブローカーは顧客との利益相反関係はないから、むしろ客が儲かった方が嬉しいわけだ。

メールアドレスだけで登録できて、本人確認書類を一切求められない。
そして、証拠金がビットコイン。とことん個人情報を排除している。

まともなECNに繋いでいて、スプレッドは狭いしリクオートもほぼ発生しない。

PoPで他のまともな業者との仲介をしつつBTC入金という独自メリットで顧客を集める、仕組みが分かりやすい業者は信頼できる。

といったFX上級者から評判がいいです。MT4/5が必須ですし初心者向けではないです。

まとめ

知る人ぞ知る匿名登録の海外優良取引所「Evolve Markets(エボルブ・マーケット)」の登録方法からトレードをするまでのMT4/5の操作方法までご紹介しました。

仮想通貨トレードは0.075%の取引手数料が一律でかかるのであまりオススメはしませんが、為替や商品先物銘柄はスプレッドも低めで勝ちやすいので、ビットコインFXはBitMEX、為替・商品先物はEvolve Marketsという風に使い分けて私は使っています。

Evolve Markets 登録はこちらから1分で出来ます。Evolve Markets公式サイト
タイトルとURLをコピーしました