世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

BitMEXでフィボナッチ・リトレースメント等を使って逆張り・利確ポイントを見つける方法

テクニカル分析

BitMEX(ビットメックス)などビットコインFXでも使えるフィボナッチ数列はトレードの勝率を大幅に上げる可能性のある便利なテクニカル指標です。

フィボナッチ・リトレースメントなどの指標を使うことで、価格のサポート(支持帯)とレジスタンス(抵抗帯)を予測することができ、チャートの「戻し」や反転するポイントで指値注文することができます。

私はトレードするときには必ずエントリーと利確ポイントを決めるときに使用していて、実際に機能することが多いです。

今回は、BitMEXでフィボナッチを利用して逆張りエントリーポイントや利確ポイントを決める方法を解説します。

この理論はエリオット波動論などに応用することで真価を発揮するのですが、それは別記事にまとめます。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらでまとめています。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

是非この記事で使い方を理解していってください!

フィボナッチ数列は万物の法則

フィボナッチ数列というのは、西暦1200年頃のイタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチという数学者が発見した自然界にある数列です。

1番目と2番目の数字を足すと3番目の数字になり、それが延々と繰り返される数列をフィボナッチ数列と呼びます。
このような計算式となります。

0 + 1 = 1
1 + 1 = 2
1 + 2 = 3
2 + 3 = 5
3 + 5 = 8
n + (2n-1) = 3n-1

数字だけを並べるとこのようになります。

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233…

フィボナッチ比率の法則

フィボナッチ数列の重要なポイントは3つの「比率」です。

①最初を除き、どの数字も次に続く数字の0.618倍となっています。
たとえば、144 ÷ 233 = 0.618となります。

n番目の数字 ÷ n+1番目の数字 = 0.618

②また、どの数字も2つ後の数字の0.382倍になっています。

n番目の数字 ÷ n+2番目の数字 = 0.382

③さらに、どの数字も3つ後の数字で割ると、0.236になります。

n番目の数字 ÷ n+3番目の数字 = 0.236

この0.618、0.382、0.236を「黄金比率」や「フィボナッチ比率」と呼びます。

雪の結晶やひまわりの種の並び、貝殻、生物の増える増加速度…
自然界にある美しいものはすべてこのフィボナッチ比率に当てはまるといわれています。
ピラミッドやモナリザなどの建造物・芸術にも見いだすことができます。

ビットコイン相場もフィボナッチ比率に従って動いている

人間が本能的に心地よいと感じるフィボナッチ比率(0.618、0.382、0.236)はチャートにも反映されます。
チャートは投資家心理の集合体だからです。

押し目や反転のポイントを図る、ポジションを持つ、利確するなど、トレードの売買根拠を求めフィボナッチ比率が働くのは、当然のことだといえます。

この本能的に人間が心地いいと感じる比率を、テクニカル指標として世界中のトレーダーが意識するということは有効なラインとしてより機能するということになりますね。

フィボナッチ比率が最も機能する相場はトレンドがはっきりしている時です。

フィボナッチのテクニカルツールはいくつかある

フィボナッチ比率は様々なツール(インジケーター)があります。

  • フィボナッチ・エクスパンション
  • フィボナッチ・チャネル
  • フィボナッチ・グリッド
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・リトレースメント(オススメ)

フィボナッチ・リトレースメント以外はそれほど重要ではないのでスルーします。
この中で「フィボナッチ・リトレースメント」だけ使えるようになれば十分です。
最もトレーダーに利用されているテクニカルツールだからです。

フィボナッチ・リトレースメントのサポートやレジスタンスになるポイントは、より多くの投資家が見ていて節目となることが多いです。

リトレースメントは「引き返す」「後戻りする」という意味です。
フィボナッチ・リトレースメントは、それぞれの時間足で直近の高値と安値の値幅にフィボナッチ比率を掛け合わせ、どこがサポートやレジスタンスになるか目星をつけるものです。

相場は一方向に進むものではなく必ず戻りや反発があるものなので使いどころが多い指標です。

BitMEXでフィボナッチリトレースメントを使う方法

BitMEXにログインしたら、チャートを拡大しましょう。
矢印マークをクリックで拡大表示されます。

ピッチフォークとかかれたフォークのマークをクリックすると「フィボナッチ・リトレースメント」がでてくるので選択しましょう。

フィボナッチ・リトレースメントを選ぶと、今後このマークのところには「フィボナッチ・リトレースメント」が表示されるようになります。

直近の安値をクリックし、次に直近の高値をクリックします。順番はどちらでもいいです。(ヒゲの先端でもロウソク足の端でもお好きな方に)
すると、フィボナッチ比率が自動で計算され表示されます。便利ですね。

直近の値幅をみると、確かに法則通りにフィボナッチ比率のラインが効いて値動きしていることがわかりますね。

ラインを消したり、引き直したりしたいときは、引いたフィボナッチの右上に現れるこのアイコンをクリックします。

【ヒゲ先端か?ロウソク足の端か?】

フィボナッチリトレースメントを引くときに、ヒゲの先端に併せるのか、ロウソク足の端に合わせるか迷うかもしれませんが、実際どちらも機能します。
他のトレーダーもそんな感じで自由に使っているので、ヒゲ先端でもロウソク足でもお好きな方を使いましょう。

BitMEXで実際にフィボナッチを使ってトレードする方法

実際にBitMEXでフィボナッチ・リトレースメントを利用してトレードする方法をご紹介します。

長い時間足でフィボナッチを引く

フィボナッチ比率は長い時間足の方が機能する傾向があります。
これはビットコインの日足チャートにフィボナッチ・リトレースメントを引いてみた画像です。

最高値から直近の底値に引いてみたのですが、実際にフィボナッチ比率のラインが意識されているのがわかりますね。
日足のような長い時間足は多くのトレーダーが認識しているので、フィボナッチ・リトレースメントを意識して指値をしている人が多いからです。

これから作られるチャートもこのフィボナッチのラインが効くはずなので、利確ポイントや反転のポイントとして参考に指値を仕掛けておくといいと思います。

一分足のように短い時間足だと、見ていない人も多いので機能しないケースも多いです。

直近の高値と安値にフィボナッチを引く

直近の高値と安値にフィボナッチを引くと、次はどのあたりで反発があるのか見当をつけることが出来ます。
これはビットコイン一時間足の直近のチャートです。

ちょうど下落トレンドの真っ只中という感じのチャートですが、レジスタンスになっているポイントはフィボナッチのラインが効いていますね。

最新のビットコインの価格の底からの戻しもフィボナッチ0.236が効いてることがわかります。
次のラインに向けてレジスタンスで跳ね返されるのか、突破して直近のフィボナッチがサポートラインとなるのかで、損切りや利確、ロングorショートでインするか判断します。

一日の高値と安値にフィボナッチを引く

その日一日の動きがどのようになっているか、これから動くとすればどのくらいの値幅をみていくか、分析することができます。
これは6月13~14日のビットコインチャート(15分足)です。

暴騰するとしたら(大口の仕掛け含む)一番上のフィボナッチのライン(1.618)あたりまで上げる可能性がありますし、このあたりがレジスタンスになってくる可能性があることがわかります。

また、フィボナッチのラインが一度効いて跳ね返されている価格帯は、より強いレンジスタンスとして直近のトレンドでは機能するのでチェックしておきましょう

このように一日の動きの中で直近の意識されているラインを探すことで、利確や損切、レジスタンスやサポートラインを把握することができます。

BitMEXの他のテクニカルツールの使い方は以下の記事でまとめています。

BitMEX(ビットメックス)のチャートツールに搭載されたTradingViewの使い方をとことん解説!
BitMEX(ビットメックス)のチャート画面ってちょっと小さくて見にくいですよね。 デフォルトの表示ではチャートの画面が小さくレイアウトされていますし、ロウソク足チャートのみが表示されているだけなので心もとない印象です。 ですが...

フィボナッチ・リトレースメントを使う注意点

実際の画像をみればわかるかと思いますが、フィボナッチのラインが必ずしも機能するとは限りません。

トレンドが強いとそのままぶち抜いていくこともあるので、「ここで必ず反転する!」というようにフィボナッチを過信しすぎないようにしましょう。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の手数料ルールについて詳しく解説

まとめ

BitMEXでフィボナッチ・リトレースメントを利用して逆張りポイントや利確ポイントを決める方法ということでまとめてみましたがいかがでしたか?

ほとんどのチャートの動きがこのフィボナッチ・リトレースメントに当てはまっているのがわかると思います。

また、フィボナッチはエリオット波動を使いこなす上でも必要な知識なので、フィボナッチが理解できたところでエリオット波動についても知っておくことを強くオススメします。

是非、BitMEXにあるテクニカルツールを使いこなしてトレードを有利に運んでいきましょう!

他のBitMEXテクニカル記事
BitMEXでボリンジャーバンドを使ってエントリーと利確ポイントを判断する方法
BitMEX(ビットメックス)では様々な指標が使える高機能なチャートがついています。 トレードするときにこの指標を利用しない手はないですよね! 今回はボリンジャーバンドを利用して有利にトレードを展開する戦術を考えたいと思います。...
BitMEXチャートの移動平均線はどう設定すればいい?表示方法とグランビルの法則を解説
BitMEX(ビットメックス)を一日3時間はいじらないと精神が安定しない、これは病気でしょうか…。 今日は、基本中の基本のインジケーターといっても差し支えないテクニカル分析の代表 「移動平均線」についてご紹介します。 Bi...
BitMEXで一目均衡表(一目雲)とRSIを使うトレード方法
Bitmex(ビットメックス)のチャートは様々なテクニカルツールが使えるのですが、 今回は一目均衡表とRSIについて、使い方とトレードでの活かし方をご紹介します。 ちなみに記事のトップ画像を始めてcanvaというサイトで作ってみまし...
BitMEXビットコインFXで三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)を最大限に使う方法
BitMEX(ビットメックス)でも使うことができるテクニカル指標「三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)」について書きたいと思います。 三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)は数あるテクニカル指標の中でも、簡単に判別できる分かりやすさ...
エリオット波動理論を使いBitMEXでビットコインFX必勝トレードを身につける方法
ビットコインFXのBitMEX(ビットメックス)などでエリオット波動理論を使う方法を解説したいと思います。 エリオット波動はテクニカルトレード最高峰の手法です。 エリオット波動を使えば、チャートの動きをいくつかのパターンで先読み...
ビットコインFXのテクニカルトレード一覧
ボリンジャーバンドやMACDなどの初心者向けテクニカル指標や、 エリオット波動理論などの中級者向けテクニカル分析のトレード方法を解説しています。

BitMEXの登録はこちらのページから。

BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

BitMEXは携帯でも使うことができます。

BitMEXスマホアプリ|使い方のコツと注意点、便利な自動ログイン機能の紹介【携帯版ビットメックス】
BitMEXアプリでの使い方を解説しました。スマホで使う場合、携帯アプリ独特のクセを理解しておかないと思わぬ誤操作をしてしまうかもしれません。この記事を読めばアプリをパソコンからだけでなくブラウザ版をスマートフォンで快適に使いこなすことができます。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などがすべて無料なので実はものすごく使いやすい仮想通貨取引所です。
GMOコインの公式サイト

コメント