ビットコインFXで大きな損失を出した時の対処法、損失を絶対に出さないBitMEXトレード術

ビットコインFXで大きな損失を出した時の立ち直る方法をインタビューしました 初心者向けハウツー

朝起きてすること、それはBitMEX(ビットメックス)にログインすることです。仙人です。

今回は、投資で大きな損失を出してしまったことがある人たちに、ビットコインFXで大きな損失を出した時にどうやって立ち直ったのかインタビューしてみました。

ここに紹介するエピソードと同じようなことをすると負ける…かもしれないという反面教師にもなるかと思います。

また、記事の最後に、大きな損失を絶対に出さないためのBitMEXトレードテクニックを解説したので是非読んでみてください。

それではどうぞ。

ビットフライヤーで300万円の損失。今は株。

ビットコインの分裂前に仮想通貨の取引を始めました。
最初は数万円から現物でビットコインやイーサリアムなどを販売所から購入しました。

バブルだったのか連日SNSなどで取り上げられていて何も考えずに購入したビットコインが毎日寝ておきたら増えているということに驚き、これは凄いとビットコインFXに手をだしてしまいました。

乱高下が酷く買ったり負けたりでしたがどうせ戻るだろうと簡単に考えていたのが失敗でした。

あっという間に資金が半分になり気づいたらほとんどなくなっていました。
いい勉強になったと言い聞かせて単純にビットコインの相場を観ずに手じまいしてなかったものにしています。

そしてビットコインはもうやらないと決意をあらたに株式投資を始め、完全にビットコインはなかったモノにしています。

立ち直り方としては、他の投資に移行すること、他のものに夢中になるしかないと考えます。

ビットコインで負けたのだからビットコインで取り返すというよりも、ビットコインFXで負けた分を他のことで取り返すというようにシフトしました。

ビットコインFXで大負けしたのなら、他の投資に目を向けることで客観的な投機目線を取り戻すということですね。
ビットコインFXから移るのは為替や株、私は原油のようなコモディティ銘柄がいいと思います。また今度詳しく書いてみます。
ビットコインFXの海外業者(BitMEXなど)と日本国内業者の違いまとめ
世界シェアNo1の海外ビットコインFX業者「BitMEX(ビットメックス)」を中心に解説記事を書いている当ブログですが、原点に戻り、日本国内と海外の仮想通貨FX業者の違いや、メリットやデメリットを比較したいと思います。 仮想通貨・ビッ...

BitMEXで一瞬でロスカットしてしまった。

私はビットコインほかアルトコインにも多数投資しています。
ガチホするコインと投機目的で購入したコインがあり、FXは投機目的で実施しています。

大負けした際はレバレッジ10倍で取引をしていました。
価格が徐々に上昇していたため、一気に上昇すると見込んでロングを入れた途端、真っ逆さまに価格は下がり、一瞬でロスカットとなってしまいました。

一月に稼ぐ給料が一瞬でなくなりました。

BitMEX(ビットメックス)には追証(借金)がない理由。証拠金維持率やノミ行為について
ボラティリティの高いビットコインFXで、不安要素といえば追証(おいしょう)の存在ですよね。 追証というのは平たく言えば借金になるということです。 相場が急変動したときに、証拠金以上の損失が起きないようにロスカットという強制決済が...

はっきりいって立ち直るには時間をかけるしかありません。
すぐには立ち直れませんでした。

仕事をしていると、損したことを忘れることができるため、これが一番良い立ち直る方法だと思います。

しかし、休日に思い出してしまうため、やはり働くことが解決につながる道ではないでしょうか。
仮想通貨は株の10倍のボラティリティがあるため素人が手を出せば必ず痛い目に合います。

損して勉強をすれば自然と知識がつくため、二度と手を出さないようになると思います。以上です。

本来の仕事に120%の力で打ち込む、というのも健全な立ち直り方です。
私も損失が出たときは本業の調子が良くてですね、取り戻そうとする心理からハングリー精神が湧きでてくるのかもしれませんね!
BitMEX(ビットメックス)の評判と口コミ!危険性は?他社との比較
BitMEX(ビットメックス)は、香港とセーシェル(タックスヘイブン)を拠点としている海外仮想通貨取引所です。 日本ではビットフライヤーが最大15倍程度のレバレッジですが、 最大100倍まで可能なBitMEXはアルトコイン銘柄も充実...

GMOコインで金額 約200万の損失を出してしまった。

ビットコインで負けるということは、資金を失うだけではなく、精神的にも非常に辛い思いをしますよね。
そうした場合、自身でメンタルコントロールを行なっていかなくてはなりません。

まずは、これまでビットコインに費やしていた時間を他のことに費やすことによって、あまり深く考えない時間を作ります。

資金を失ったことで気持ちも興奮しているからです。

こういった精神状態ですぐに売買して取り返そうと思ってしまうと、だいたい高い確率で負けてしまいます。
要は、少し落ち着くまでの時間を作るといったところですね。

人によって社会人や主婦、学生など生活環境も様々だと思いますが、友人と飲みに行ったり、買い物に出かけたり、外出するのもOK。
体を動かしたり、新しいことに挑戦してみるのも効果があります。

続いて、しばらくして冷静になってきたら原因分析をします。
何故負けてしまったのか、大損を未然に防ぐことはできなかったのか、次は何をすれば良いのかなど。

売買から失敗、対策までを整理して、振り返り考えるのです。
そして最終的に負けを受け入れて、気持ちを切り替えましょう。
そこからが、次への一歩に繋がります。

ちなみに、負け方ですが、売買後まめチェックしなかったのと(急落してから気がつきました)、売買のタイミングが遅く、購入金額がすでに天井圏だったことからです。

急落後は、一度下がってもまだ上がるかと我慢して粘りましたが、耐え切れず一定の金額で決済しました。

想定外の損失を出してしまった時、人は冷静さを失ってしまうものです。
熱くなったままトレードをすると、取り戻そうとしてリスクを大きく取り過ぎてハイレバレッジにしてしまいがちです。
そうなるとまた強制ロスカットで退場です。
ビットコイン(仮想通貨)が暴落・高騰する時期は?過去5年分の値動きから検証【随時更新】
ビットコインは1月中旬に暴落で最も安くなる 仮想通貨も5、12月は上昇 というアノマリー(なぜか起こる季節と価格の連動傾向)があります。 過去のデータから今後もその傾向が続くのか? BitMEXでのビットコインFXに役立てようと...

SBI証券でロスカットにかかり800万円の損失が確定しました。

かなりの間、塩漬けにした状態で保有していました。

その内にどんどんレバレッジは大きくなっていました。
私は損失を目の当たりにするのが嫌だったので、数カ月ホームページを開きませんでした。

それでも円高になっていると言う情報は入ってきます。かなり円高が話されていたので、久しぶりにログインしました。すると大きくロスカットにかかりその金額は800万円にも上りました。

それから数カ月は全く市場に参加する事は出来ませんでした。
それでも止められない私は又資金を投入してレバレッジ管理をしっかり行い、FXに戻りました。

その時、きちんとしたのはお金の管理です。
毎日いくら程度利食い出来て、月にいくらになり、年間どれ位なら利食いを無理なく出来るか計算しました。

結果、一年で120万円はいけると踏みました。
それから毎日、丁寧に取引を行いました。3年が経ち、400万円利食いを達成しました。
結構いいペースだと思っています。

お金をきちんと管理し、レバレッジを調整し、利食いをしつこい位に行う事で自信がつき、立ちなおしたと思っています。

後、数年チャラになるまでは保守的に取引をして行こうと思います。

ビットコインFX取引所ならBitMEX(ビットメックス)以外の選択肢はない7の理由
突然ですが、あなたはビットコインFXをどれくらい詳しく知っていますか? 仮想通貨のことは知っているけど、信用取引(FX)についてはよく知らない。 外為FXはよく知っているけど仮...

大きな損失を絶対に出さないためのBitMEXトレードテクニック

それでは、このように想定外の損失を出さないためビットコインFXのトレードテクニックをご紹介します。

ストップロスを必ず設定する

ストップロスというのは、あらかじめ「この価格まで来てしまったら自動で注文を入れて損切する」という注文方法です。
逆指値注文といいますが、BitMEXではストップ成行(stop market)ストップ指値(stop limit)と言います。

ストップ成行注文は損切り方向

「トリガー価格」にさしかかったら(成行・指値)注文を行う注文方法です。
逆指値注文とほぼ同じ意味で持ちられることが多いです。

今持っているポジションを、この価格まで来てしまったら損切りしたい!

といった場合に使います。

この逆指値注文を設定することで、絶対に想定以上の損失を出すことはありません。より決済強制力の強いストップ成行注文を使うことを私はオススメします。(値動きが物凄かった場合は多少の価格滑りが起きます。)

BitMEXの注文決済方法|逆指値(ストップ指値)、利食いオーダー、トレイリングストップを図解
BitMEX(ビットメックス)で手数料負けしない為に指値注文/成行注文のオーダー方法はもちろん、勝率を大幅に飛躍させるストップ指値/成行(逆指値)・利食い指値/成行・トレイリングストップ等特殊注文について分かりやすく解説します。

リスクリワードレシオを必ず使う

リスクリワードレシオというのは、利確ポイントとストップロスのポイントをチャートに描画して客観的に

このトレードのエントリーポイントは利益の期待値が高いのか?

を判断できるツールです。

リスクリワードレシオ結果の見方は、損切りが40に対して、利益幅は80なので、このトレードのリスクリワードレシオは1:2、つまり「2」になります、という感じです。
リスクリワードレシオ結果の見方
ただ客観的にみるだけだから大したツールではない…と思ったら大間違いです。
トレードでの事故は自分のメンタル管理に起因することがほとんどです。
客観的な利益損益率をみるということはとっても大切なことなんです。

トレードごとに、ストップロス、リスクリワードレシオを使うようにすると、大負けすることはなくなります。
負けたとしても想定内の損失である為、自分のトレードに対するメンタルを保持でき、冷静な判断を継続できます。

リスクリワード・レシオをTradingView(BitMEXのチャートツール)で描画しトレードに活かす方法
ビットコインFX取引所であるBitMEX(ビットメックス)のチャートツールは、TradingView(トレーディングビュー)が使われています。 このTradingViewは無料なのに多機能で高性能なチャートソフトで、使いこなせば使いこなす...

まとめ

ビットコインFXで大きな損失を出した時にどうやって立ち直ったのかインタビューをまとめてみました。

ビットコインFXに限らず、投資で無敗で稼ぎ続けるということはあり得ないことです。

重要なのは、いかに上手く負けるか、手堅く利益を残せるかということです。

長く相場で生き残っている猛者トレーダーは、このリスク管理が本当に徹底しています。

皆さんもこのエピソードを参考に、大負けした時でも平静を保ってメンタルコントロールしてください。

関連記事 【BitMEXの登録方法】BitMEX(ビットメックス)手数料を割引する口座開設方法

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


ビットコインFXならここで間違いなし!下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


ビットコイン購入ならここで間違いなし!GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などが全て無料・BTC板取引もあり最も使いやすい国内仮想通貨取引所です。BitMEXと併せて使うことをお勧めします。

Binance 現物トレードならバイナンス


アルトコイントレードならここで間違いなし!世界最大の仮想通貨取引所です。豊富な通貨ペア、高いセキュリティ、使いやすさなど他の追随を許しません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました