世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

GMOコインのビットコインFXを使い方やトレード手数料から比較【追証あります】

取引所の使い方

皆さんビットコインFXやっていますか?
私は今日もBitMEX(ビットメックス)で少額ロングを握りしめています。

ところで、私はかつてGMOコインのビットコインFXで数百万円儲けたことがあります。
今はその時のように甘い設定ではないのですが、勝ちやすい取引所というイメージはありますね。

今回はBitMEXとGMOコインのビットコインFX手数料や使い方の違いや、それぞれの取引所で有効なトレード方法について贔屓目なしで、正直に解説していきます。

世界最大手の海外取引所BitMEXと日本大手企業のGMOコインですが、けっこう大きな違いがあります。

GMOコインは仮想通貨販売所ですが、板取引を開始するという情報があります。
随時更新していきます。

BitMEXの登録はこちら↓

GMOコインはどんなFX取引所?


GMOコインは、日本の大手IT企業GMOグループが運営している仮想通貨取引所です。

GMOグループは既に「GMOクリック証券」が為替FX市場で大きなシェアを獲得していて、ノウハウと経験を武器に鳴り物入りでビットコインFXに参入しました!

また、ETH、BCH、LTC、XRPのアルトコインFXがリリースされたことも記憶に新しいですね。

ビットコインFXに特化したスマホアプリ「ビットレ君」が使いやすいことで人気ですね。

大手企業運営のメリット

大手企業でそれなりのノウハウも持っている会社なので、サーバーが強くアクセスが殺到しても簡単にはダウンしないという長所があります。

BitMEXのサーバーは強いほうですが、日本の取引所、例えばZaifやビットフラヤーのサーバーは頻繁に落ちるので、思わぬロスカットなどで損益を被ってしまう人が後を絶ちません。

また、マウントゴックス事件のように、会社が顧客の資産を盗まれてしまったり消失させてしまったりといったリスクが低いこともメリットと言えるでしょう。

ちなみに、BitMEXは世界一のセキュリティとトレードシステムを誇っており、最も安全にトレードをすることができます。
BitMEX(ビットメックス)の安全性は?運営会社やセキュリティ対策から信頼性と危険性を評価
「海外の取引所って危ないんじゃないの…?」 という不安がある方に向けて、セキュリティとシステムから安全性と信頼性を考察してみました。 BitMEX(ビットメックス)はレバレッジ最大100倍なのに安心のゼロカット(追証がない)という海...

GMOコインは「取引所」ではなく「販売所」

GMOコインではビットコインを含む仮想通貨の現物売買とビットコインFXができるのですが、
世界でも珍しい販売所形式での運営方法をとっています。

他に販売所形式の取引所としてはDMMビットコインがあります。

アルトコインFX比較!BitMEX(ビットメックス)とDMMビットコインどっちが勝ちやすい?
海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」と国内取引所「DMMビットコイン」には大きな共通点があります。 それはアルトコインで証拠金取引(FX)ができるということ! BitMEXといえば世界一のビットコイン取引量を誇る最高峰の取引所。...

「販売所」ではGMOコインが提示する価格で売買が行われ、希望のオーダー量を入力すれば即座に購入することができます。
「取引所」のように注文板(オーダーブック)やユーザー間の駆け引きなどはなく、胴元であるGMOコインとの取引になるわけですね。

「販売所」のメイン手数料は「スプレッド手数料」

​「取引所」は、ユーザー同士の売買オーダーを仲介するプラットフォームサービス
対して「販売所」は、ユーザーの売買相手が運営(GMOコイン)であることが大きな違いです。

取引手数料が全体的に安く設定されている「販売所」ですが、それはスプレッド手数料が販売所のメインの収入となっているからです。
スプレッド手数料については後述。

GMOコインFXの取り扱い銘柄は?


以下の5種類の仮想通貨をGMOコインは取り扱っています。

通貨名 略称 現物取引 FX取引
ビットコイン BTC
イーサリアム ETH
リップル XRP
ビットコインキャッシュ BCH
ライトコイン LTC

FX取引をできるのはビットコインだけとなっています
アルトコインFX取引ができるようになると発表されていましたが、2018年5月30日(水)より、ビットコインFX(BTC/JPY)に加え、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPY合計5銘柄が仮想通貨FXで取引できるようになりました!

BitMEXでは現物売買はなく、全ての取り扱い通貨はFX取引となります。
取扱通貨の種類は、
BTC(XBT) 、BCH、ETH、XRP、ADAとなっています。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちら

>>目次に戻る
>>公式サイト

GMOコインのFX取引手数料は安い?

GMOコインの仮想通貨売買にかかる取引手数料は一見すると安く見えるかもしれません。
けれど、手数料が安いのには理由(ワケ)があるんですよねぇ。。。

入出金手数料 無料​
送金手数料 ​無料
オーダー手数料 ​無料
スワップ手数料 ​建玉ごとに0.04%/日

GMOコインでは、入出金手数料やビットコイン送金手数料、​仮想通貨の現物売買にかかる手数料、FX取引の新規注文・決済注文にかかる手数料など、多くの手数料が無料となっています。

ビットコインFXのスワップ手数料

スワップ手数料とは、ニューヨーククローズ(日本時間の午前7時)をまたいでポジションを保有した場合、このポジション量に0.05%/日の手数料が徴収されます。

100万円分のポジションを持っていた場合は、4万円のスワップ手数料がかかるということですね。
長期保有するには適していない取引所と言えるでしょう。

BitMEX(ビットメックス)の手数料関してはこちらの記事で説明しています。

GMOコインの最大レバレッジ

取引所のビットコインFXの最大レバレッジ倍数について表にまとめてみました。

取引所名 最大レバレッジ
BitMEX 100倍
GMOコイン 10倍
DMMビットコイン 5倍
bitbank trade 20倍
ビットフライヤー 15倍
Zaif 7.77倍

BitMEXの100倍レバレッジが圧倒しているのは当然なので、国内の取引所で比べましょう。

GMOコインの最大レバレッジは10倍となっており、DMMビットコインやZaifよりも高くはありますが、そんなに高くないといった印象ですね。

日本国内で高いレバレッジを掛けることができるのはbitbank tradeとなっています。

ビットバンクトレード(bitbank trade)のビットコインFXを手数料や使い方から徹底比較
今回はビットバンクトレード(bitbank trade)とBitMEXのビットコインFXについて徹底的に理解を深めたうえで比較してみたいと思います。 BitMEX(ビットメックス)の使い方については研究している筆者ですが、ビットバンク...

GMOコインに追証はある?

GMOコインでは、証拠金維持率が75%を下回ったときにロスカット(強制決済)が行われます。
証拠金維持率が75%というのは、例えば、100万円のポジションを持っていたとしたら、証拠金残高が75万円以下になったら強制決済となりポジションが解消されます。
ロスカットされると口座には75万円が残るということです。

証拠金維持率75%は、結構高めの設定です。
ビットフライヤーは50%ですし、ビットバンクは20%、BitMEXに至っては0.5%(ロスカットが起きると口座残高がほぼなくなる)となっています。

それなのにGMOコインに追証はある!!


GMOコインの公式に
追加証拠金(追証)制度はございません。」と書いてあるのに、

そのページ下の方に「ロスカットの執行により、お口座に不足金が発生した場合は、不足分を請求させていただきます。」と書いてあります。
よくわかりませんが、追証がないと言いつつ、実はあるようです。


引用元

>>目次に戻る
>>公式サイト

GMOコインは両建てができる!

両建てというのは、同一の通貨ペアで買いと売りのポジションを同時に持つことができるトレード方法です。

多くのビットコインFX取引所ではこの両建てができない仕様になっているのですが、GMOコインでは両建てすることができます。

デフォルトの設定では両建て機能はオフになっているので、「設定」画面で「ON」に設定する必要があります。

両建てを使ったトレード方法については以下の記事でご紹介しています。

BitMEX必勝法①ロングとショートを複数アカウントで両建てすれば負けない!
今回はBitMEX(ビットメックス)必勝法の一つを解説します。 ロングとショートを複数アカウントで両建て作戦!です。 また、よりブラッシュアップした戦略として、同一アカウントでもビットコインを両建てできる方法を使った方法もあるの...

また、BitMEXでは両建てできない仕様になっていますが、しようと思えばできなくもない、という小技を紹介しています。

BitMEX(ビットメックス)アカウントで複数ポジション両建てする小ワザや解決法4つ
本来は両建てすることが出来ないBitMEXで複数ポジション両建てする小ワザと、それを利用したトレード方法がわかったので併せてご紹介したいと思います。研究すれば自分だけの必勝パターンを見つけることも可能だと思います。

>>目次に戻る
>>公式サイト

GMOコインのスプレッド手数料は高い!

スプレッド手数料とは、売値と買値の差額のことで、仮想通貨「販売所」ならではの手数料となっています。

売値は相場よりも安く、買値は高くすることで、胴元であるGMOコインが利益として徴収しているわけですね。

GMOコインは、リリース当初は「スプレッドがFX取引では安い」ということが大きなウリでしたが、
改良され、相場が急変動したときにはその分大きくスプレッドが広がる仕様に変更されてしまいました。

当初は、ビットコインFXのスプレッドは300~1000円ほどだったのですが、今ではひどい時は50,000円以上もスプレッドが広がってしまいます!

確認されたスプレッドで最大のものはこの画像ですね。

アルトコイン売買のスプレッドはもっと広い

アルトコインのスプレッドは比較的広くなる傾向にあります。

イーサリアム現物取引のスプレッドは約2.7%ほどあるようです。ビットコインと比べると少し高めです。

リップル現物取引のスプレッドは約4.2%ほどです。
ただ、2017年末にリップルが高騰した時にスプレッドが10%を超えたことがあり批判を浴びました。
GMOコインでのリップルの取引はおすすめしませんね。


引用元

スプレッドが広いとトレードでそれだけ勝ちにくくなりますから顧客離れがおきています。

ですが、最近では、相場が落ち着きつつありスプレッドも1円単位で細かく変動するように仕様が変更されてきているようです。

追記:2018年5月末にスプレッド手数料を調べてみましたが、改善してきているようです。

GMOとDMMビットコインのアルトコインFX比較レビュー!スプレッド手数料はどちらが少ない?
先日GMOコインでアルトコインFXがリリースされました。 今回はGMOコインのアルトコインFXを、DMMビットコインやBitMEX(ビットメックス)との比較も交えて解説していこうと思います。 これでアルトコインFXができる取引所が海...
BitMEXやbitbank tradeのような「販売所」ではなく「取引所」ではスプレッド手数料は存在しないのでより透明性のあるトレードを行うことができます。

GMOコインの登録方法

GMOコインでトレードをする為には本人確認も含め会員登録が必要です。
仮登録の段階では、仮想通貨の入出金しかできずFX取引はできません。

登録の流れは

①仮登録

②個人情報の入力

③本人確認

④簡易書留の受け取り(完了)

となります。

①仮登録

まず公式サイトにアクセスし、メールアドレスを登録しましょう。
登録アドレスに届いたメールの認証をして、パスワードの設定をしたら仮登録は完了です。

②個人情報の入力

会員情報ページにアクセスし、必要情報を記入しましょう。

③本人確認

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証
  • 住基カード

のいづれかを写真に撮り、アップロードしましょう。

ここまで登録できれば、住所確認として簡易書留の発送ができます。

④簡易書留の受け取り

GMOから郵送で送られてくる簡易書留を受け取り、そのハガキに記載されているパスワードを会員ページの本人確認の項目に入力しましょう。

ハガキの到着はだいたい一週間~1か月ほどかかります。

BitMEXなら口座開設してすぐにトレードをすることができます。
なんとアカウント登録から最短3分ほどですべて完了します!
BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

>>目次に戻る
>>公式サイト

GMOコインの日本円入出金方法​

ログインしたら、左側のサイドメニューから「入出金」の「日本円」を選択します。
入金の方法には「振込入金」と「即時入金」の2種類があります。

振込入金

もっとも一般的な銀行からの振込です。

即時入金

即時入金では24時間いつでも、手数料無料で入金することができます。

利用できる金融機関は「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「その他の銀行(Pay-easy)」の3つと限られています。
その他の銀行というのも、みずほ、三井住友、三菱東京UFJ、りそなのネットバンキングのみとなっています。
※ペイジーで入金した場合、ペイジー入金額相当の仮想通貨の送付が7日間制限されます。
即時入金は他の取引所だと手数料を取られるケースがほとんどなので、これが無料であるのはGMOコインを利用するメリットですね。

日本円の出金


出金依頼は毎営業日17:00に確定します(複数回行った場合はまとめての振り込み)。

翌金融機関営業日に振り込まれます。

GMOコインからビットコインを送金する方法

GMOコインの公式サイトにログインしたら、左のサイドメニューの中から「出入金」の「仮想通貨」をクリックします。

次に、「ビットコイン」をクリックします。

次のページに移行します。

上段に並んでいるタブから「送付」をクリックしましょう。
②宛先の選択」というところにBitMEXの入金アドレスがない場合は新規登録してから選択しましょう。
に送付するビットコインの数量を入力しましょう。
二段階認証を設定している場合はで二段階認証を入力してください。

最後に「確認画面へ」をクリックし、送金を確定させます。

GMOコインのビットコインFXのやり方


​GMOコインで仮想通貨FXをするときは5倍か10倍のレバレッジを選択することができます。

ASK(買)がロング、BID(売)がショートと同じ意味です。

​成行注文の使い方

GMOコインの成行注文は、その時のビットコイン価格で即時売買が行われます。

トレード画面に表示されているBID(売)ASK(買)がそれぞれ売り価格と買い価格を表し、成行注文をするとここに表示されている価格で取引が行われます。

GMOコインの成行注文では、「許容スリッページ」というものも設定することができます。
スリッページとは、急激な価格変化が起きた場合に、注文を出した価格と注文が約定した価格の差を指します。
「許容スリッページ」で限度幅を設定することができます。

スリッページを設定するとサーバーの混雑時に注文の受付ができない場合もあるらしいので注意しましょう。

​指値注文の使い方

GMOコインでは、指値注文と逆指値注文ができます。​
指値注文とは、自分が売買したい価格を指定できる注文で、
逆指値注文とは、自分が指定した価格になったときに自動で注文を出すというものです。

GMOコインの場合は売買板がなく販売所形式なので、ASK(買)の値が指値価格に達したときに取引が成立します。

特殊注文・IFD注文の使い方

「IFD」とは「If Done(イフダン)」の略で、「新規」の注文が約定すると「決済」の注文が有効になる注文方法です。
つまり、「決済」の方の注文を指値または逆指値にすることで、一度に利確や損切りまでの注文をできてしまうということです。

「利確」のパターン

ビットコインの価格が95万円まで下がった時「95万円で1BTC買う」という指値注文が約定。

その時「98万円で1BTC売る」という注文が有効。

価格が戻「98万円で1BTC売る」という指値注文が約定。

すると結果的に3万円の利益を得たことになります。

「損切り」のパターン

ビットコインの価格が95万円まで下がった時「95万円で1BTC買う」という指値注文が約定。

その時「93万円に下がったら1BTC売る」という注文が有効。

価格が下落し続けても、93万円の時点で逆指値注文が約定。

特殊注文・​OCO注文の使い方

​「OCO」とは「One Cancels the Other」の略で、指値注文と逆指値注文を同時に出して、片方が約定したと同時にもう片方の注文がキャンセルするという注文方法です。

​特殊注文・OCO注文の具体例

1BTC=90万円だったとします。
85万円で指値注文、95万円で逆指値注文を​OCO注文で出します。

価格が80万円まで下がるとそこで指値注文が約定し、もう一方の逆指値注文は自動で取り消し。(もしくはその逆)

「安くなった時に買いたいけど、上がるようなら上がり過ぎないうちに買ってしまいたい!(もしくはその逆)」という時に使うオーダー方法です。

特殊注文・IFD-OCO注文の使い方

「IFD-OCO」は、IFDとOCOを組み合わせたオーダー方法です。

新規の注文を出す。

それが約定した段階で指値と逆指値の2つの注文が有効

一方が約定したらもう一方をキャンセル。

特殊注文のオーダー方法は、初心者の方には難しいかもしれませんが、
便利な機能なので少額のトレードから使って慣れてみてはいかがでしょうか。

>>目次に戻る
>>公式サイト

GMOコインのスマホアプリ「ビットレ君」の使い方

GMOコインは、スマホ用に仮想通貨FX取引専用アプリの「ビットレ君」を出しています。
このアプリを使えば、いつでもどこでも素早く仮想通貨のFX取引を行うことができます。

さらに、チャート機能も充実していて、チャート5種類、テクニカル指標4種類を見ることができます。
成行売買も手数料が0なのでスピャルピングに特化している取引所といえますね。

ビットレ君はiPhoneならApp Store​、AndroidならGoogle Playからダウンロードできますよ。

アプリを開き、登録メールアドレス、パスワードを入力し「ログイン」を押せば使えるようになります。

即時入金

​即時入金はビットレ君からでもすることができます。

トレード画面

トレード画面では、ビットコインFXのオーダーをすることができます。
​画面のBID(売)・ASK(買)ボタンですぐに成行注文を出すことができます。

「スピード注文」では取引数量を入力するだけで即座に成行注文を出すことができます。
「ホーム」メニューの「注文設定」からスピード注文を設定することができます。

GMOコイン独自のチャート

「チャート」ではビットコインの詳細なチャートを確認することができます。
右上の三角の矢印をタップするとメニューが出てきます。

チャートの拡大縮小、ラインペイント、ボリンジャーバンドやRSIなどのインジケーターの追加などできるので、テクニカル分析には便利ですね。

スマホでここまでチャートの編集ができるのはGMOのアプリならではの魅力かもしれません。

BitMEX(ビットメックス)のスマホアプリも使いやすくて人気です

GMOコインのアルトコインFXもリリース!

「銘柄」​をクリックすると、現在扱われているFX取引の銘柄一覧が見られます。
ETH、BCH、LTC、XRPのアルトコインFX銘柄を選択できるようになりましたね。

ビットコインFXだけでもルール設定に四苦八苦している印象ですから、アルトコインになると一体どうなるのやら、と筆者は思っていましたが、ちゃんとリリースされたようです。よかったよかった。

これでDMMビットコインのアルトコインFXとのスプレッド手数料価格競争が起こってくれればいいなあと思います。

DMMビットコインとGMOコインのアルトコインFXスプレッドを比べてみました。

GMOとDMMビットコインのアルトコインFX比較レビュー!スプレッド手数料はどちらが少ない?
先日GMOコインでアルトコインFXがリリースされました。 今回はGMOコインのアルトコインFXを、DMMビットコインやBitMEX(ビットメックス)との比較も交えて解説していこうと思います。 これでアルトコインFXができる取引所が海...

GMOコインの欠点やデメリット

メンテナンス時間はトレード出来ない!

毎週水曜日の15:00〜16:00にメンテナンスがあり、延長となる場合もあります。
メンテナンス中は、会員サイト・ビットレ君にログインできず、トレードもなにもできません。
その間に相場が急変しても、何もできず指をくわえて待つしかないのです。。。

相場が荒れるとスプレッド手数料も荒れる

ボラティリティの高い仮想通貨に価格の乱高下はもちろんつきものです。
相場が荒れるとスプレッドが広がるので注意が必要です。

FX取引の場合スプレッドは基本500円ですが、2017年末から続く相場の荒れの中でビットコインのスプレッドが最大で50,000円、リップルのスプレッドが5円前後、最大で10円オーバーとなっていました。荒れた相場の中突っ込んでいくのは慎重になったほうが良さそうです。

時々入る買い規制


参照元

2017年12月、翌年1月の価格急騰のタイミングでリップルの買い規制が入りました。
ユーザーを勝たせないため、リップルが売り切れた、など様々な憶測が飛び交っていますが、買いたいタイミングで買うことができないのは取引所としてはいかがなものでしょうか。

また、同じように売り規制が入ることもあります。十分注意しましょう。

>>目次に戻る
>>公式サイト

GMOコインのビットコインFXのおすすめトレード戦術

スプレッド手数料が高い時は触るな

GMOコインのビットコインFXはスプレッド手数料があるせいで、値動きが激しい相場では安易にエントリーすることができません。

なので相場の値動きが激しくなく、上記の「57,500円」と表示されているスプレッドが3000円以内のときにエントリーしましょう。

連続注文は10秒間を開けて

また、短期売買(スキャルピング)向けの取引所ではありますが、
連続オーダーには10秒の間隔をあけなければいけないので、

反対方向に動いたら瞬間的にすぐに損切り!というトレードはできません。
スキャルピングといえど、ある程度、値動きの予測を立ててからエントリーしなければいけません。

一度のオーダーボリュームは上限がある

さらに、一度のオーダーで出せる注文量は2BTCまで、と決まっています。

これらの情報を総合してトレード戦略を立てると、
相場が落ち着いていて、中程度のオーダー量でスキャルピングする場合にはそれなりの戦果が挙げられるのではないでしょうか。

GMOコインの意外な使い道

GMOコインでは現金だけでなく仮想通貨の送金手数料などもすべて無料となっています。

なので、ビットフライヤーやZaifなどよりも、BitMEXなど海外取引所に送金する場合に最も安く送金できる日本国内の取引所といえます。

送金手数料などを最安に抑えたいのであれば、海外取引所にビットコインを送金する際にGMOコインを使うと一番お得です。

こういう面でいえば利用価値は大いにある取引所といえますね!

GMOコイン比較まとめ

GMOコインは、送金手数料が完全無料、スマホアプリで快適にFX取引、両建て可能であるメリットがある一方、
レバレッジが低い、一度に持てる建て玉数の制限、スプレッド手数料が高いなど、改善が待たれるポイントもあるというのが現状ですかね。

ただ、BitMEXなど海外取引所に送金する場合に最も安く送金できる日本国内の取引所なので、BTCを送金するだけの為に口座解説するのもおすすめです。

このユーザーの声を受けてサービスが改善される可能性は大いにあります。
今後の発表に期待しましょう~。

BitMEX(ビットメックス)の使い方はこちらの記事で詳しく書いています。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の評判と口コミ!なぜオススメ?

GMOコインの登録はこちらから

アプリの使いやすさ、勝ち易さには定評があるGMOコイン!
レバレッジ倍率やスプレッドの変更が気になりますが、それでもまだまだ狙い目の取引所ですよ。
GMOコインの公式サイト

BitMEX(ビットメックス)の登録はこちらから

当サイトからBitMEX(ビットメックス)に登録すると優待特典(手数料10%off)が付与されます。
BitMEXの公式サイト

コメント