世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

GMOコインからBitMEXに出入金する方法|送金手数料など全て無料で本当におすすめです!

BitMEXの出入金方法

BitMEX(ビットメックス)は海外の仮想通貨取引所なのですが、入金に対応している通貨はビットコイン(BTC)のみとなっています。

つまり、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入してBitMEXに送金しなければいけないんです。

BTCを送金するときに、日本の取引所の中でも送金手数料が各社違うことがご存知ですか?

その中でも、最も送金手数料や出金(引き出し)手数料が安いのがGMOコインです。

ビットコインFX取引所の手数料を徹底比較!一番安いレバレッジ取引業者はどこ?
ビットコインFXは、為替FXなどの相場に比べてボラティリティが大きくリスクも大きいがチャンスも多い、という今人気の金融商品です。 しかも、マーケットクローズの時間を気にすることなく、24時間365日、基本的にいつでも取引できるというの...

取引所公式サイトはこちら↓

今回は送金手数料が最も安い日本国内の仮想通貨取引所GMOコインからBitMEXに送金する方法について解説していきます!

ビットコインの送金手数料は取引所によって違う!

以下に、比較的規模が大きい日本の取引所のビットコインの送金手数料を比較した表を作ってみました。

FX取引所名 BTC送金手数料
BitMEX 0.0002BTC~
GMOコイン 基本無料
DMMビットコイン 0.0008BTC~(マイナー手数料のみ)
bitFlyer 0.0004BTC~ 円出金216~756円
Zaif 0.0003BTC~ 円出金350円~
bitbank trade 0.001BTC~ 円出金540円~
コインチェック 0.0005BTC~ 円出金400円~

このビットコイン送金手数料の表からも分かる通り、ビットコイン送金手数料が最も安いのはGMOコインの「無料」となっています。

他の日本の取引所は手数料が加算されていることがわかりますね。

ちなみに、BitMEXも送金手数料は最安値並に安いことがわかると思います。

BitMEXの手数料については以下の記事で説明しています。

BitMEX(ビットメックス)の手数料|テイカーメイカー料金、Fundingコストを安くする方法は?
BitMEXの手数料を全てを分かりやすく解説します。テイカー/メイカー手数料の使い分け方、Funding手数料(資金調達)は絶対に覚えましょう。アルトコインFX手数料の違いや出入金手数料を安く抑える方法も説明します。

ビットコインの送金に掛る時間は?

GMOコインの公式サイトを参照すると

所要時間は最短で30分となっています。(ブロックチェーン上などでの承認状況により異なります)

DMMビットコインでは3営業日以内、Zaifでは2営業日以内、となっているのでGMOコインでのビットコイン送金は処理スピードも速いことがわかりますね。

送金無料だし着金も速いとなれば、GMOコインでの送金一択に絞っていいと思いますよ!

GMOコインからBitMEXにBTCを送金する方法

BitMEXでBTC入金用アドレスを取得する

BitMEXにログインしたら、管理画面トップ上段のメニューから、「アカウント」ページへ。

緑色の「入金」ボタンをクリックして下さい。

「お客様個人のマルチサインビットコイン入金アドレス」が表示されます。
赤枠で囲んでいるところがあなたのビットコイン送金先のアドレスになるのでコピーしてメモ帳などに張り付けて保存しておきましょう。

GMOコインからビットコインの出金申請する

GMOコインの公式サイトにログインしたら、左のサイドメニューの中から「出入金」の「仮想通貨」をクリックします。

次に、「ビットコイン」をクリックします。

次のページに移行します。

上段に並んでいるタブから「送付」をクリックしましょう。
②宛先の選択」というところにBitMEXの入金アドレスがない場合は新規登録してから選択しましょう。
に送付するビットコインの数量を入力しましょう。
二段階認証を設定している場合はで二段階認証を入力してください。

最後に「確認画面へ」をクリックし、送金を確定させます。

これで数時間以内にBitMEXへの入金が反映されます!

BitMEXからGMOコインにBTCを送金する方法

GMOコインでBTC入金用アドレスを取得する

GMOコイン公式サイトから、左サイドメニューの中から「出入金」の「仮想通貨」をクリック。
上部のタブ「預入」をクリックし、GMOコインに入金用のBTCアドレスを表示しましょう。

「ビットコインアドレスをコピー」をクリックしてBTCアドレスをコピーしてメモ帳などに張り付けましょう。

BitMEXでビットコインの出金申請をする

ビットメックスにログインしたら、管理画面トップの上段メニューから、「アカウント」を選択。

青色の「出金」ボタンをクリックしましょう。


①宛先アドレス
ここに先ほどコピーしたGMOコインのBTC入金用アドレスをコピペしましょう。

②金額(XBT)
送金したビットコインの数量をBTC(=XBT)の単位で数字を入力しましょう。
「←全額を出金」を押すと口座残高すべてが入力されます。

③ビットコインネットワーク料金(XBT)
BitMEXでは、0.001XBTを最小料金を推奨し、0.0002XBT以上を義務付けていますが、私は最低料金の0.0002XBTで送金しています。

④2 要素トークン
二段階認証を設定している場合は入力しましょう。
最後に「送信する」を押して確定しましょう。

すぐに確認メールが登録メールアドレスに届きます。
BitMEX出金を検証
そのメール文中の「View Withdrawal」をクリックし、以下のページで「出金を確認」を選択すると送金処理が完了します。
BitMEX出金を検証

セキュリティ上の理由から、BitMEX は 1 日 1 回出金処理しています。日本時間で22時くらいです。

GMOコインでBTC送金する上での注意点

メンテナンス時間は送金が出来ない!

毎週水曜日の15:00〜16:00にメンテナンスがあり、延長となる場合もあります。
メンテナンス中は、サイトにログインできず送金もできなくなります。

送金手数料は無料だけど取引手数料は高いかも

GMOコインでトレードをする場合、注文手数料はないのですが、スプレッド手数料が高くつきます。
買いオーダーと売りオーダーの値段の差額のことですね。

なのでGMOコインでトレードをする場合はスプレッドとの闘いであると認識しましょう。
送金だけで見ると超優良取引所なんですけどねぇ。その分スプレッドで稼いでいるわけです

まとめ

GMOコインからBitMEXに送金する方法について書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

BitMEXはセキュリティも高い取引所なので、二段階認証さえちゃんと設定しておけばハッキングに遭って盗難にあってしまった!というリスクは0に近いと思います。

私のオススメの取引所の利用方法としては、
日本円の入金・出金・ビットコインの送金などにはGMOコインを使い、
実際のトレードにはBitMEXを使うのがバランスがいいと思います。

ちなみに、スマホでもBitMEXトレードをすることができます。

GMOコインなど送金手数料が安い取引所からBitMEXに送って、安全にビットコインFXを楽しんでくださいね!

BitMEXの使い方はこちらの記事で説明しています。

BitMEX(ビットメックス)の使い方|追証なしレバ100倍海外ビットコインFXを始めよう
BitMEX(ビットメックス)の使い方を初心者向けの基本から実践トレード戦略まで解説しました。未経験者でも追証なし・レバレッジ最大100倍の海外ビットコインFXだからこそ勝てるノウハウを理解できると思います。

BitMEX(ビットメックス)の登録はこちらから

下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコインの登録はこちらから

アプリの使いやすさ、勝ち易さには定評があるGMOコイン!
レバレッジ倍率やスプレッドの変更が気になりますが、送金手数料無料の取引所です。
GMOコインの公式サイト

コメント