世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

BitMEX(ビットメックス)には追証(借金)がない?証拠金維持率やノミ行為について

BitMEX(ビットメックス)には追証(借金)がないって本当? 仮想通貨コラム

ボラティリティの高いビットコインFXで、不安要素といえば追証(おいしょう)の存在ですよね。

追証というのは平たく言えば借金になるということです。

相場が急変動したときに、証拠金以上の損失が起きないようにロスカットという強制決済が行われるわけですが、値動きの勢いが強いとスリッページ(価格滑り)がおき、マイナスの損失が生まれたときに発生するものですね。

私が見た中ではビットフライヤーのLightning FXで追証2500万円の人がいました…

そんな額払えるわけがないのでいきなり2500万円の借金を抱えることになります。

追証がやばい

ですが、BitMEX(ビットメックス)では追証は一切発生しないゼロカットシステムとなっています

最大で100倍ものハイレバレッジを掛けられるのに、どうして追証がないのでしょう。

もしかして何か裏があるのでは…

そんな方のためにBitMEX(ビットメックス)には追証(借金)がない?証拠金維持率やノミ行為について詳しく解説します。

関連記事 追証のないBitMEX(ビットメックス)の使い方はこちらの記事で!

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が10%割引されます。
BitMEXの公式サイト

追証とは?

追証(Margin Call)
ビットコインFXのような信用取引では、証拠金として入金した額を担保に実際より大きなポジションを借りるので、定められた証拠金(保証金)率を維持する必要があります。

証拠金維持率を下回ると基本的にロスカット(強制決済)されるようになっています。

ロングorショートポジションの含み損や、証拠金(BTC)の値下がりなどにより、証拠金維持率が一定の比率を下回った場合、自動的にロスカット(強制決済)が発生し損失を確定させます。

そのロスカットが追いつかないほど相場が急変動(暴落or暴騰)した時、ロスカットが追いつかず価格滑り(スリッページ)がおきることがあります

その場合、強制決済されたポジションの損失が証拠金よりも多くなり、残高がマイナスとなります。
これが追加保証金、いわゆる「追証」です

一度ロスカットが起きてしまうと相場価格が元に戻ろうとも発生した追証は自然に減少・解消することはないので注意が必要です。

ロスカット執行の証拠金維持率は取引所によって違う

ちなみに、主要な取引所のポジション保持のために必要な証拠金維持率と最大レバレッジは以下となります。

取引所名 最大レバ 証拠金維持率
BitMEX 100倍 0.5%
GMOコイン 10倍 75%
bitFlyer 15倍 50%
bitbank trade 20倍 20%
DMMビットコイン 5倍 80%
Zaif 7.7倍 30%
コインチェック 5倍 50%

BitMEXの証拠金維持率は0.5%なので、簡単に言うと口座残高がほぼゼロになるまでポジションを保有していられる(=値幅に耐えることが出来る)ということになります。
DMMビットコインは80%ということなので、通常は、ロスカットが起きてもいくらか残高が口座に残っている状態で損失を留めることができるということになります。

証拠金維持率の考え方の例例えば、レバレッジ最大15倍のビットフライヤーFXで100万円分のロングポジションを持っている場合、100万円の15分の一、約6.7万円の証拠金がある状態を「証拠金維持率100%」ということになります。証拠金で67万円がある状態なら「証拠金維持率1000%」ということになります。これが維持率50%以下まで下がると(口座残高が3.35万円以下)、ロスカット(強制成行決済)が執行されるということです。分かりますかね。

悲惨な追証体験談

ネットで見つけたビットコインFXで追証となってしまった人の画像をいくつかご紹介します。

ビットフライヤーFXの追証

ビットコインFXで日次マイナス1600万円、
1BTC=172万のときに30枚ロング時、暴落が起き125万で強制ロスカットで追証発生とのこと。

証拠金はマイナス450万円となってしまっています。
証拠金50%切ったら自動で切ってくれるはずのビットフライヤーFXですが、相場が急変した時にはこのように追証が発生します。

3日以内に支払えとのことですが、果たして払えたのでしょうか…。

172万で30枚ロング、125万で強制ロスカット

引用:twitter

GMOコインの追証

早朝に暴落が起き、BTC価格が20万幅の下げを記録したそうです。そのとき20万の追証が発生しています。
必要証拠金維持率が75%であるGMOコインでさえ追証が発生してしまいます。

20万の追証

引用:twitter

Zaif(ザイフ)の追証

Zaif(ザイフ)のビットコインFXはサーバー落ちからのチャート崩壊・ロスカット連鎖で悲惨なエピソードが数多くあります。
この方もきっとサーバーダウンからのロスカットに巻き込まれたうちの一人でしょう…。
暴落により720万円の追証が発生しています。
Zaif(ザイフ)の追証

追証を不払いにしたからと言って、怖いお兄さんたちが取り立てにやってくる…ということはありませんが(法律で禁止されています)、口座を永久に凍結され、二度とその取引所を使うことはできなくなります。

BitMEXに追証が発生しない仕組みは?

冒頭でも述べましたが、BitMEXでは一切発生しません。
ネット上で過去の出来事を調べ上げましたので間違いないです。

レバレッジ100倍ということは、暴落or暴騰した時の損益発生の速度も100倍ということです。それなのに一切追証がないとは、何か悪いことをしているのではないか…、と疑ってしまっても不思議ではないですね。

でも以下の理由を聞いたらあなたはBitMEXが追証がないことに納得できるかもしれません。

BitMEXはトレードシステムのエキスパートが開発

エキスパートって言われても、どのくらいの専門家なのかがポイントですよね。
BitMEXは最初3人の創立者によって立ち上げられました。
CEOのアーサー・ヘイズ氏、Web開発のスペシャリストであるサミュエル・リード氏、そして、高機能トレードシステムの権威ベン・デロ氏です。

ベン・デロ氏は、JPモルガンやIBMなどの大企業で高頻度トレードシステムを10年以上開発した経歴があります。
設計、アーキテクチャ、システムツールの実装など幅広い専門知識があり、いくつかの技術の特許(香港と米国)まで取得しています。

サミュエル・リード氏は香港のテクノロジー系大企業2社でCTOを務めたこともある高頻度Webアプリケーションの専門家です。
この二人が開発した、特許を取得しているBitMEXのリアルタイムトレードシステムの計算能力の高さこそ、BitMEXが追証を一切発生させない第一の門です。
他の取引所のプログラマーやシステム開発者で、ここまでオープンに情報を公開しているところはありません。
それだけBitMEXが自分たちの技術に自信を持っているということも伺えます。

BitMEXは板が厚いのでスリッページが起きにくい

追証が発生するそもそもの原因として、以下のようなことがあります。

ロスカット(強制決済)が執行された時にはポジションを決済する方向の成り行き注文が出されるのですが、その時に板(オーダーブック)に並んでいる注文が少なくスカスカだった場合には、より不利な価格で決済がされることになります。
このとき損失が証拠金維持率を突き抜けて残高マイナスまで行ってしまうことがあります。(GMOコインやDMMビットコインなど板取引でない場合は除く)

つまり取引所の取引量、もっと言えばオーダーブックに並んでいる指値注文のボリュームによって追証の発生しにくさが変わってきます。

その点、BitMEXは世界最大の取引高を誇っています。世界中の取引所の中でも圧倒的なのがわかりますね。
しかも、成行注文(テイカー手数料)よりも指値注文(メイカー手数料)の方が圧倒的に安く設定されているので、自然と板が厚くなるよう考えられています。

これだけ取引板に厚みがあれば価格滑りも最も起きにくい取引所と言って過言ではないでしょう。

BitMEXの出来高ランキング

引用:coinmarketcap.com

BitMEXには追証補填用のプール金がある

BitMEXは、相場が大変動した時にも徹底して追証が発生しないように、積立基金(プール金)のようなものがあり、この額は誰でもBitMEXで確認することが出来ます。
トレード画面の「契約」→「保険基金」のページから確認することが出来ます。
BitMEX保険基金の履歴ページ

BitMEXでは、保険基金を使用して取引ポジションの追証を防いでいると明記されています。
また、ロスカット価格が市場価格とBitMEX独自価格で剥離が起きている場合にユーザーが不利な価格で約定しないようにする補填にも使われるということです。
保険基金の日々の残高

今のところ1万3000BTCほどプールされていますね。
たしかにこれだけのお金を準備しているのなら、ちょっとくらい追証が起きたくらいで屁でもないでしょう。(ちょっと儲けすぎでは…ということはここでは敢えて触れないでおきます。)

BitMEXは相対取引(ノミ行為)だから追証がない?

金融業界では合法的にノミ行為・ノミ屋、市場取引に対して相対取引(P2P)という業態があります。
※競馬などギャンブルのノミ屋(ブックメーカー)は日本では違法となります。

日本の取引所はノミ屋が多い?

実は日本の仮想通貨FXの取引所は半数以上がノミ屋です。取引所ではなく「販売所」という呼び名で区別されています。
代表的なところでは、GMOコイン(最近取引所も出来たので複合型)、DMMビットコイン。
ビットフライヤーやコインチェックの現物販売もノミ屋です。

海外では仮想通貨FXのCryptoGTやXMなんかも完全なP2Pのノミ行為ですね。

BitMEXもノミ屋だがちょっと違う

ではBitMEXはどうなのかというと、BitMEXも販売所形式(ノミ行為)です。
そのおかげで取引所内でBTCをXBTに変換して安全に円滑に取引ができるようになっているわけですが、ロスカットされたポジションはBitMEXの懐に入る仕組みです。
日本の販売所と大きく違うのは、ユーザー同士の完全P2P方式(相対取引)ということです。
日本の販売所は、胴元である取引所とユーザーとの相対取引なので根本的に仕組みが違うので、同じ括りにはできないところが複雑ですが。

ノミ屋は追証が発生しない…ということはない

で、結論ですが、販売所(ノミ屋方式)だから追証が発生しない、ということはないです

GMOコインやDMMビットコインを見てもらえばわかりますが、相場の大変動時に追証は発生しています。
CryptoGTは追証なしを明言しているので超過損失も飲んでくれるのでしょうね。

BitMEXがP2P方式だから追証が発生しないのではなく、前述した理由から追証を防ぐ対策をしているからということがわかって頂けれたらと思います。

なんでノミ屋と言うの?客の賭け金の損益を胴元を介さず「飲んで」しまうからとか、警察のガサが入ったときに、証拠となる馬券等を飲み込んでしまうからとか。ノミ屋と言われるようになった語源は諸説あるらしいです。

追証がない日本の取引所は?

さて、追証がないビットコインFXができる日本の取引所はBitMEXのほかにどこがあるか知っていますか?

実はbitbank trade(ビットバンクトレード)のみです!

その他の日本の仮想通貨取引所は全て追証があります。
ほぼすべての取引所には追証があると考えても差し支えありません。

bitbank tradeは唯一追証がない国内取引所なのですが、実はあまり流行っていません。
なぜでしょうか。実はこれにも理由があります。

bitbank tradeは追証がないのに不人気な理由

bitbank tradeのデメリットを手短に書いていく感じになります。

キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)という名の追証補填金積み立て手数料が発生する。

決済時に利益が出た場合のみ、その利益に対して、0.2%が徴収される、というbitbank trade独自の手数料です。
利益がでた決済注文のみにかかる手数料とはいえ、0.2%の手数料というのは、かなり高いといえます。

成行/指値注文手数料が比較的安い、金利スワップが発生しない、ということを差し引いてもちょっと敬遠してしまう手数料体系かもしれません。

口座開設が複雑で面倒くさい。

bitbank tradeでビットコインFXをするためには、bitbank.ccの口座も併せて作らなければいけません。
しかも本人確認・住所確認があるのですぐに取引を始めることができません。BitMEXなら登録から1分で全ての機能が使えますからね。

チャートが独自の動きをすることがある。

チャートが独自の動きをする理由はいくつかありますが、まず、中国のOKEX取引所のビットコインFXの取次をしているということと、ビットバンクユーザー自体が比較的少なく取引高が低いということがいえます。

つまりOKEX取引所の中国ユーザーの動きに振り回される可能性もあり、しかもトレードUIもちょっと使いづらいですね。。。私は以前bitbank trade推しだったんですがちょっと様子見です。

bitbank trade(ビットバンク)からBitMEXにBTCを送金・出入金する方法
ビットバンクトレード(bitbank trade)といえば、日本の仮想通貨FX取引所の中でも、最も良心的な運営をしている取引所です。 海外のBitMEX、国内のbitbank tradeを抑えて置けば十分であると私は考えているくらいで...

追証を防ぐために気をつけるポイント

ビットコインFXのボラティリティとレバレッジの掛け算は、大きなリターンをもたらす反面、損失にも反映されるものです。
いくらのレバレッジが罹っているのか?証拠金維持率は何%か?
それに見合ったリスクを想定しておかなければなりません。

そこで重要なのは、追証やロスカットが発生しないように先手を打つ戦略です。

最大レバレッジギリギリのトレードをしない

例えばBitMEXなら100倍レバレッジを実現できますが、一万円の口座残高(証拠金)に対して100万円のフルレバレッジのトレードをしたらすぐにロスカットされてスッカラカンになってしまうでしょう。

そうならないように、一万円の証拠金だったら3~5万円(レバレッジ3~5倍程度)にしてコツコツ増やすとかリスク管理をしっかり考えましょう。

よほど自信のある局面のみ、なくなってもそこまで痛くない証拠金を入れている状態でハイレバレッジでかけてみるのはいいと思いますよ。
作戦次第です。

損切り注文を予め入れておくか想定しておく

ロスカットになってしまう理由として、損切が遅くなってしまい損失を確定したくないという心理が働いてロスカットされるまで粘ってしまうということがあります。
そうならないように、オーダーを入れたときには同時に、
損切りはどの価格帯で出すか?を考えておく必要があります。

損切注文をエントリー時にすでに入れておくのもかなり良い戦略です。
損切注文である「ストップ指値注文(逆指値)」利確の注文である「利食い注文」の原理を理解して使いこなせるようになりましょう。
ストップ指値注文

以下の記事で詳しく説しています。

BitMEXの注文決済方法|逆指値(ストップ指値)、利食いオーダー、トレイリングストップを図解
BitMEXで手数料負けしない為に!基本的な注文方法(オーダー方法)の指値注文/成行注文はもちろん、勝率を大幅に飛躍させるストップ指値/成行(逆指値)・利食い指値/成行・トレイリングストップ等特殊注文について分かりやすく解説します。

BitMEXの追証まとめ

BitMEX(ビットメックス)には追証(借金)がない?証拠金維持率やノミ行為について、というテーマで記事を書いてみましたがいかがでしたか?

以下に取引所の追証の有り無し、必要な証拠金維持率をまとめます。

取引所名 追証 最大レバ 証拠金維持率
BitMEX ナシ 100倍 0.5%
GMOコイン アリ 10倍 75%
bitFlyer アリ 15倍 50%
bitbank trade ナシ 20倍 20%
DMMビットコイン アリ 5倍 80%
Zaif アリ 7.7倍 30%
コインチェック アリ 5倍 50%

追証は怖いものですが、BitMEXでは発生しないので安心してトレードすることができるということがわかったと思います。

BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

関連記事 BitMEX(ビットメックス)をスマートフォンで使いやすくする方法を紹介しています。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)のデメリットと評判を調査してみました。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などがすべて無料なので実はものすごく使いやすい仮想通貨取引所です。
GMOコインの公式サイト

コメント