世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

NinjaTraderとBitMEXを連携してバックテストとして使う方法。ヒストリカルデータは?

NinjaTraderとBitMEXを連携させる方法 ツール・自動売買

BitMEX(ビットメックス)で日々トレードに励んでいる方の中には、

BitMEXのチャートだけでは心もとないので他のチャートツールも使っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

BitMEXのチャートはTradingViewを採用しているのである程度の細かい分析はできるのですが、メタトレーダー(MT4/5)ほどの細かい分析には適していません。

仙人
仙人

そんなおぬしに朗報じゃ!

実はあまり知られていませんが、BitMEXでは元々使えるチャートとは別に、NinjaTrader(ニンジャトレーダー)というチャートツールを連携して使うことができます。

BitMEXはNinjaTraderの提携業者となっており、BitMEX内のチャート表示・分析、板情報などのデータを取り組むことができます。

NinjaTraderは、トップクラスのチャートツール、データ、バックテスト機能を使うことができるとのことなので、BOTのシミュレーションなんかに役立ちそうですね。

ただ、BitMEXとNinjaTraderの連携では実際の売買はできず、チャート分析やバックテストのみとなっています。(XBTという独自表記がネックになってそう)

今回はそんなBitMEXと連携して使うことができるNinjaTrader(ニンジャトレーダー)の導入方法と使い方について解説します。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらでまとめています。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

BitMEXと連携できるNinjaTraderって何?

NinjaTrader(ニンジャトレーダー)とは、CryptoGTが採用しているMT5のようなチャートソフトです。

NinjaTraderという名前ですが忍者は全く出てきません。

2003年に誕生し、日本では知名度が低いですが4万人以上のトレーダーに利用されています。

FXトレードのチャートソフトはメタトレーダー(MT4/5)の方が圧倒的に有名ですが、NinjaTraderもMT4/5に近く使いやすい印象ですね。

BitMEXなど提携業者のAPIからデータを読み込み、表示させることで使うことが出来ます。

データ読み込み、表示、チャート分析などの基本的機能は無料で使えますが、売買機能は有料となっています(しかもBitMEXでは使えない)。

BitMEXではチャートソフトとして利用することになりますが、無料でもメタトレーダーに匹敵するぐらい高機能です!

ちなみに、BitMEX連携は無料でいいのですが、NinjaTraderで普通にトレードしようと思ったら月$60のリース・レンタル契約、もしくは$999の買い切りという選択になっているようです。

NinjaTraderを使うメリットは

  • より詳しくチャートを分析することができる
  • 色んなインジケーターを使うことができる
  • バックテスト(デモ運転)をすることができる

NinjaTraderを使うデメリットは

  • 英語しかないのでgoogle翻訳ツールを使うしかない
  • BitMEX連携では自動売買できない
  • どちらにしても自動売買機能は有料である

という感じです。

仙人
仙人

そこまでメリットを感じないなら無理に使う必要はないぞ?

NinjaTraderを導入する方法

NinjaTrader導入まで4つの手順があります。

BitMEX(ビットメックス)に登録

Ninjatraderをインストール

githubからZipファイル入手

NinjatraderをBitMEXと連携

まずはBitMEXに登録

BitMEXに登録していない、トレード用のアカウントを別で作りたいということなら一分もかからず登録できるので、BitMEX公式サイトから口座開設してしまいましょう。

BitMEX管理画面にログインできたら、上部メニュー「アカウント」→サイドメニュー「NinjaTrader(チャート作成)」をクリックするとNinjatrader詳細ページになります。(このページにいかなくても連携は出来ます)
BitMEX管理画面からNinjaTrader

Ninjatraderをインストール

NinjaTrader公式サイトにアクセスしてパソコンにダウンロードしましょう。
メールアドレスの登録のみでダウンロードできます。
NinjaTrader公式サイト

この入力欄にメールアドレスを入力するとダウンロードの手続きに入ります。
NinjaTrader公式サイト

「You have free market data?」と質問されますが、BitMEXのデータを使用するので「NO」を選びましょう。
BitMEXのデータを使用するので「NO」

ダウンロードするバージョンは『NinjaTrader8』です。
NinjaTrader8

ダウンロードが無事完了するとこの画面になります。
ninjatraderfinish

NinjaTraderをBitMEXと連携する方法

連携する為のファイルをダウンロード

githubからNinjaTraderとリンクさせるソースファイルをダウンロードしNinjaTraderに読み込ませることでBitMEXと連携します。

BitMEX-NinjaTrader公開リリースページにアクセスして『Bitmex-Connect_v1.0.7.zip』をダウンロードしましょう。

最新のものがあれば最新のヴァージョンをダウンロードしましょう。
Bitmex-Connect_v1.0.7.zip

インストールしたNinjatraderを起動させます

パソコンが64bitであればそちらを起動します。
Ninjatrader64bit

今はskipでOK。
BitMEXでは無料モードしか使わないのでskip

初期の状態ではBitMEXと連携していない状態なので先ほどダウンロードしたzipファイルを読み込ませます。

上部メニューの「tools」→「Import」→「NinjaScript Add-On」からzipファイルを選択し読み込みます。
Ninja Script
Import

完了後に再起動し、接続設定をしましょう。

接続タイプは「Other」を選択して「Connect」をクリックします。
otherconnect

接続画面が表示されます。(表示されない場合は上部メニューの「connections」→「configure」を選択)
configure

BitMEXを選択してOKをクリック。

ユーザー名とパスワードは適当でいいみたいですが、どちらも「test」と入力しましょう。
「connect on start up」にチェックを入れておくと起動時に自動接続してくれます。
connect on start up

上部メニューの「connections」からBitMEXとの連携を選択できるようになりました。
connections

NinjaTraderの使い方

NinjaTraderで利用できるBitMEXの機能は以下の通りです。

  • 仮想通貨レート
  • 板情報(オーダーブック)
  • チャート
  • ホットリスト(取引高)
  • BitMEXニュース
  • バックテスト

NinjaTraderの各機能の使い方が分かりづらかったので解説しておきます!

仮想通貨レートの使い方

「NEW」→「Market Analyzer」から監視ペアリストを表示します。初期状態では何も銘柄が追加されていないので何もないページが表示されます。

Market Analyzerページで右クリックするとメニューが表示されるので、
「Add Instrument」→「Search」と選択しましょう。
仮想通貨レートの使い方

とても沢山の銘柄がありますが、上部にある検索欄に「BitMEX」と入力すると表示したい銘柄をBitMEXのものに絞ることができます。

表示したい銘柄を選択しましょう。複数選択したい場合にはCtrlキーを押しながらクリックします。

Add Instrument

BitMEXの銘柄がリアルタイムに表示されます。数値だけです。
BitMEXリアルタイム

また次回スムーズにBitMEX銘柄にアクセスできるように、リストを保存しておきましょう。

右クリックから「Template」→「Save As」を選択します。
出てきた画面でファイルの名前を付けて「save instruments(銘柄リストを保存する)」にチェックしてSaveをクリックします。
BitMEXリストの保存

板情報(オーダーブック)の使い方

「New」→「Level2」とクリックすることで板情報のページを表示できます。初めは何も表示されていません。
右クリックをするとメニューが表示されるので「Instrumentals」から表示したいBitMEX銘柄を選択しましょう。
下の画像ではXBTUSDを表示しています。
板情報ninja

別の銘柄のチャートを表示するには別のタブを開く必要があります。
少し面倒ですね。

チャートの使い方

「New」→「Chart」とクリック、「Instrument」の入力欄から銘柄を選択、
時間足や期間、チャート表示のスタイルを設定するとチャートを表示することができます。
チャートninjasettei

銘柄変更や時間足変更、様々なインジケーターの追加や線画ツールがかなり充実しています。

このチャートの画面から別の銘柄に切り替えることもできますし、右クリックでもチャート線画メニューを開くことが出来ます。
チャートninja

ホットリスト(取引高)の使い方

「NEW」→「Hotlist Analyzer」と選択して取引高を表示することができます。
私はあまり使い方がわかりませんでした。
NEW Hotlist Analyzer

BitMEXニュースの使い方

「NEW」→「NEWS」からBitMEXの最新ニュースを受信できます。
使いどころがよく分からない機能ですけどね。
1NEWSBitMEX

バックテストの使い方

「NEW」→「Strategy Analyzer」からバックテストが行えます。
出てきた画面の右側からバックテストの設定をすることが出来ます。
Strategy Analyzer

BitMEXのAPIからデータを読み込むようですが、かなり重いです。
というかninjatraderが全般的に重いです。

BitMEXninjaバックテスト

ヒストリカルデータを取得して使う

Ninjartraderのヒストリカルデータメニューから過去のデータをダウンロードできます。
Ninjartraderのヒストリカルデータメニュー

MT4にデータを取り込んで使うことができますが、数日分しか取得できないようです。

ストラテジービルダー(Strategy Builder)で、条件を入力すれば自動でスクリプトを作ることができるのが便利です。
全て英語の表記ですが基本は同じです。
ストラテジービルダー

読み込むのに時間がかかりすぎたのでこの項はまた後日詳しく書いてみたいと思います。

BitMEXでNinjaTraderを使う方法まとめ

NinjaTraderとBitMEXを連携させる方法というテーマで記事を書いてみましたがいかがでしたか?

たしかにかなり詳細なチャート分析やバックテストができるのでしょうが、正直とても使いづらいと思います。

実際に日本にNinjaTraderを使いこなしている人がどのくらいいるんでしょうか…。

取り敢えず解説してみましたが、私はBitMEXのチャート分析をしたいときはBitMEX(ビットメックス)内のチャートかTradingViewを使うと思います。

また、BitMEXではNinjaTraderの他、Sierra Chart(シエラチャート)という売買ソフトも有料ですが提携しているので使えます。
また時間があれば解説してみたいと思います。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の手数料ルールについて詳しく解説

関連記事 BitMEX(ビットメックス)ならスマートフォンでも使うことができます。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

コメント