私が使っているおすすめビットコインFX取引所「Bybit」はこちら

OKEx取引所の公式スマホアプリでのトレードの仕方を日本語で解説

OKEx取引所の公式スマホアプリでのトレードの仕方を日本語で解説OKEXの操作方法

世界一のシェアを誇るビットコイン先物の大手海外取引所OKEX(オーケーイーエックス)の公式アプリの操作方法をご紹介します。
Binanceと創業年も同じで機能も似ており兄弟みたいなところです。

取引高世界一のビットコイン先物だけでなく、ビットコイン無期限契約、ビットコインオプション取引、レンディングなど多機能で、アルトコインの取扱数も多いという万能型。

日本人が規制されるという話もないので、日本語に対応していないからと言って使わないのは勿体無い!
パソコンからだとGoogle翻訳機能を使えば何とか日本語にすることができますが、今回はOKEx公式アプリが英語ができない方でもなんとか使えるように画面の機能を解説します。

OKEx OKEx取引所の登録はこちら


登録は簡単、今なら初入金で$10貰えます。OKEx公式サイト

OKEx公式アプリはiOSとAndroidストアにある

OKExのスマホアプリは、公式のアプリストアからインストールすることが出来ます。

OKEx公式アプリはiOSとAndroidストア

アプリ内は一切日本語に対応しておらず、英語もしくは中国語表記で使うことができます。

OKEx公式アプリは英語表記で分かりにくい

私は英語だけ何とかわかるので、あまり不便を感じませんでしたが、英語が全くわからない方には使いこなすのは困難だろうと思います。単語レベルでいいので暗記してしまえば、その後は不自由はないかと思います。

簡単ログイン設定をしておこう

OKExの会員登録をした後であれば、自分のアカウントでログインして使うことが出来ます。一度ログインしてしまえば、指紋認証やパターンパスワードなどのセキュリティ設定をすることで素早くログインできるようになります。
OKEX指紋認証やパターンパスワード設定

簡単なKYCを済まして出金上限を上げておく

OKEXのKYC初期状態(レベル0)では、出金上限が低いので、写真提出もいらない簡単なKYC(レベル1で十分)を済ませてしまいましょう。
やり方はとても簡単で、名前を英語(ローマ字)で入力、持っているパスポートの番号を入力するだけです。
これを済ませるだけで一日出金上限が200BTCにまでアップします。
OKEXのKYC初期状態(レベル0)
OKEXの簡単なKYCを済まして

OKEXアプリの入金・出金画面

入金画面(Deposit)

OKEXの入金機能はトップ画面の「Deposit」タブをタップすることで使うことができます。
入金したい通貨を選択すると、入金用のウォレットアドレスが表示されます。
OKEXアプリ入金画面(Deposit)

出金画面(Withdraw)

OKEXの出金機能はトップ画面の「Withdraw」タブをタップすることで使うことができます。横にスクロールするとタブが出てきます。
OKEXアプリ出金画面(Withdraw)

フォームに必要内容を入力して送信することが出来ます。ウォレットアプリとしても使いやすい部類のUIだと個人的に思います。

OKEXアプリの資金移動(Transfer)

資金移動(Transfer)というのは、OKEXに入金した資金を使ってトレードをする際に必ずする手順です。資金移動をしないと証拠金にできないのでトレードが出来ません。
OKEXに例えばBTCを入金すると、はじめは「Funding Account」に着金します。
ビットコイン先物取引をトレードしたい場合、「Funding Account」から「Futures Account」に移動する必要があります。
OKEXアプリの資金移動(Transfer)

OKEx公式アプリのビットコインFX取引画面

OKEXでは、ビットコイン先物だけでなくビットコイン含む無期限契約、スポット取引、ビットコインオプション、仮想通貨の購入、レンディングなど多くのことが出来ます。
全てを把握する必要はないので、自分が使いたい機能だけ覚えて使えばいいと思います。

ビットコイン先物取引と無期限契約画面

ビットコイン先物の取引画面は、アプリ下部メニューから「デリバティブ(Derivatives)」から行くことが出来ます。
OKEXアプリビットコイン先物取引画面画面上部のタブ「Swap(無期限)」「Future(先物)」「Options(オプション)」のいづれかを選択して、トレードしたい金融商品のオーダー画面にいきます。
取引銘柄名をタップして銘柄をアルトコイン銘柄にも変更できます。基本的に証拠金はBTCとなっています。

ビットコイン先物取引画面の見方

以下にトレードする時に使う箇所を書き出しました。無期限ビットコイン取引も基本的に同じです。

OKEXビットコイン先物取引画面の見方

保有しているポジションを確認する

ちゃんと約定したのかぱっと見分かりませんよね?ポジション確認は別画面なので注意しましょう。「Position」というタブのところで確認画面にいきます。また、「Orders」で、未約定のポジション(指値注文やストップ注文)が確認できます。
OKEX保有しているポジションを確認

チャート画面の出し方

スマホアプリでのトレードの常ですが、チャートは別画面の表示になります。オーダー画面の現在価格表示の右にあるチャートのアイコンマークをクリックするとチャート画面になります。
価格表示が固定ではなく使いづらいがインジケーターや時間足変更は動作が軽いかな。
OKEXアプリチャート画面の出し方「Setting」でチャートの見た目の変更も簡易的にできます。
画面右上にある「・・・」マークからTradingViewのより詳細なチャートに行けます。またプライスアラートを設定することもできます。シェア機能も付いていますね。

OKEXアプリで出来るその他機能

OKEXで出来ることをざっとではありますが全体的に紹介します。

通貨の価格一覧ページ(Market)

アプリ下部メニューの「MARKET」でOKEXで取り扱っている通貨の価格と変動率一覧を見ることができます。中間のタブを切り替えることで金融商品ごとの取り扱い銘柄に切り替えられます。
「Global」では他の主要取引所の価格の鞘を見ることが出来ます。

OKEX通貨の価格一覧ページ

仮想通貨を購入(Buy Crypto)

下部メニュー「Buy Crypto」からは仮想通貨をクレジットカードで購入できます。
ただ、下の画像にあるように、例として現在価格BTC=9270$の時に購入画面に進むと、購入レートは9685$となっており、実際のスプレッドからなる手数料は5%ほど。けっこう高いです。

OKEXアプリ仮想通貨を購入(Buy Crypto)

現物・信用板取引(SPOT)

アプリ下部メニュー「SPOT」を選択します。
証拠金はUSDのみで、のが現物取引とレバレッジ取引ができるSPOT取引です。最大レバレッジはデリバティブの100倍と違い最大10倍までとなっているのが特徴です。私はあまり使う機会がないです。
OKEXアプリ現物・信用板取引(SPOT)

ウォレットアカウント

HOME画面の中央タブを横スクロールすると「Wallet」があります。
Walletは仮想通貨の支払い機能に特化したアプリならではの機能です。使いやすそう。
OKEXアプリのウォレット機能とトレーディングデータ

トレーディングデータ

「Trading Data」では、OKEXの先物取引の出来高やOI(未決済建玉)、ロングショート比率、トップ100トレーダーの目線などの情報を見ることができます。これはトレードする上で大変参考になるデータを含んでいるので、是非こまめに見るようにし、理解できるようになりましょう。

OKEx公式アプリのまとめ

OKEx(オーケーイーエックス)取引所の公式スマホアプリの操作方法、トレードの仕方などを日本語で解説してみました。

あまり日本ではなじみのない海外取引所ですが、海外ではかなりメジャーな部類です。
それも納得、アプリのクオリティはトップクラスで、使い方さえわかれば、この記事で解説していないものが他にもあり色んなことがアプリ一つで出来ることに気づくと思います。

是非海外の取引所アプリの中にOKEXを候補に考えてみてくださいね。

OKEx OKEx取引所の登録はこちら


登録は簡単、今なら初入金で$10貰えます。OKEx公式サイト

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました