私が使っているおすすめビットコインFX取引所「Bybit」はこちら

OKEX取引所の手数料解説【スポット取引、先物取引、永久スワップ取引、オプション取引】

OKEX取引所の手数料解説【スポット取引、先物取引、永久スワップ取引、オプション取引】OKEXの操作方法

多機能なOKEX(オーケーイーエックス)取引所の手数料は取引種別によって異なるという特徴があります。
取引種別には【スポット取引、先物取引、永久スワップ取引、オプション取引】という、BTCトレードをメインとして4つに大別できます。

  • Buy Crypto(カードで現物購入)
  • スポット取引(ドル建て現物/マージントレード)
  • デリバティブ(BTC証拠金の無期限/先物/オプション)
  • C2Cローン(レンディング?)

スポット取引とは、法定通貨建て(USDT)で仮想通貨のトレードができるものをひとくくりにしています。
主な商品は無期限と先物を含む「デリバティブ」ですね。ビットコイン先物取引(BTC/USD)は先述したように世界一の取引高を誇っています。

そんな海外の大手取引所OKEX取引所の手数料解説について詳しく紹介していきます。

ビットコイン無期限契約(つまり通常のビットコインFX)をトレードしたいのであればBybit(バイビット)の方が出来高が多く使いやすいので登録をオススメしています。

OKEx OKEx取引所の登録はこちら


登録は簡単、今なら初入金で$10貰えます。OKEx公式サイト

OKEX取引手数料は取引高とOKB保有量で変わる

OKExは、「過去一カ月間の取引量」と「OKBの保有量」によって手数料割引される階層に分類されます。翌日の取引手数料が階層によって決まります。

手数料割引される階層を計算するとき、スポット、先物、永久スワップ、オプション市場の中でいづれかの商品で条件を満たしているのであれば、上記4つの商品で階層の手数料割引を受けることができます。

たとえば、過去一か月間に5,000BTC(VIP2)、先物30,000 BTC(VIP3)、オプション1,000 BTC(VIP1)のスポット取引量を達成しているとするとします。
その場合、手数料割引される階層は4つの商品で共通してVIP3の割引料率を受けることが出来ます。

OKEXのスポット取引手数料

OKEXのスポット取引、つまりドル(USDT)建ての現物板に基づくレバレッジ取引の手数料は以下となっています。

ユーザーLvOKB保有量30日取引量(BTC)メーカーテイカー一日引出限度額
Lv1<500<1,0000.100%0.150%500(BTC)
Lv2500以上<1,0000.090%0.135%500(BTC)
Lv31,000以上<1,0000.080%0.120%500(BTC)
Lv41,500以上<1,0000.070%0.105%500(BTC)
Lv52,000以上<1,0000.060%0.090%500(BTC)
スワップ(保有時間に応じてかかる金利手数料:後述)がかかるものの、先物取引よりやや安い手数料になっています。

OKEXの永久スワップ(無期限)取引手数料

証拠金がBTC・USDTに関わらず、無期限契約レバレッジ取引銘柄の手数料は以下となります。

ユーザーLvOKB保有量30日取引量(BTC)メーカーテイカー一日引出限度額
Lv1<5005,000未満0.020%0.050%500(BTC)
Lv2500以上5,000未満0.018%0.045%500(BTC)
Lv31,000以上5,000未満0.017%0.040%500(BTC)
Lv41,500以上5,000未満0.016%0.035%500(BTC)
Lv52,000以上5,000未満0.015%0.030%500(BTC)
資金調達率という変動制のスワップ手数料(後述)がかかるので、スポットや先物取引よりやや安い手数料になっています。

OKEXの先物取引手数料

OKEXの先物手数料の手数料は以下となります。OKEXの主要取引銘柄で、世界一の取引高を誇るのがビットコイン先物取引です。毎週、隔週、または四半期ごとの取引銘柄があります。

ユーザーLvOKB保有量30日取引量(BTC)メーカーテイカー一日引出限度額
Lv1<50010,000未満0.020%0.050%500(BTC)
Lv2500以上10,000未満0.018%0.045%500(BTC)
Lv31,000以上10,000未満0.017%0.040%500(BTC)
Lv41,500以上10,000未満0.016%0.035%500(BTC)
Lv52,000以上10,000未満0.015%0.030%500(BTC)
メイカーテイカーは永久スワップ(無期限)と同じ手数料率ですが、満期日にならない限り、取引手数料以外のスワップなどが一切かからないというメリットがある為、長期的なポジションを構築する場合に有利な取引方法。オススメです。

OKEXのオプション取引手数料

OKEXの、ビットコインオプション取引の手数料は以下となります。

ユーザーLvOKB保有量30日取引量(BTC)メーカーテイカー一日引出限度額
Lv1<500<1,0000.020%0.050%500(BTC)
Lv2500以上<1,0000.018%0.045%500(BTC)
Lv31,000以上<1,0000.017%0.040%500(BTC)
Lv41,500以上<1,0000.016%0.035%500(BTC)
Lv52,000以上<1,0000.015%0.030%500(BTC)

BTCオプションの行使料率は、ユーザーレベルに関わらず0.02%固定です。
また、単一オプション契約の行使料率は、行使収入の12.5%未満となります。

オプション取引のメイカーテイカー手数料も、無期限や先物と同じですが、権利の行使など損益構造が違うので比較はしにくいですね。

OKEXスポット取引のスワップ金利

OKEXのスポット取引・マージン取引において、ポジションを保有している時にかかるスワップ金利の手数料率です。

※ビットコイン先物取引(Future)ではこの手数料は一切かかりません。
銘柄名レベル0~1
1日の料率/制限
レベル2
1日の料率/制限
BTC0.02%/ 500.019%/ 100
LTC0.05%/5,0000.0475%/10,000
ETH0.05%/2,0000.0475%/4,000
OKB0.098%/50,0000.0931%/100,000
BCH0.05%/1,2500.0475%/2,500
EOS0.05%/100,0000.0475%/200,000
XRP0.05%/2,000,0000.0475%/4,000,000
USDT0.04%/500,0000.038%/1,000,000

OKEX永久スワップの資金調達率(スワップ)

OKEXの永久スワップ(無期限)でのみ発生する「Funding rate(資金調達率)」という手数料について解説します。

Funding手数料は相場状況により随時変動していく手数料で、特定の時間(8時間ごと)にポジション(ロング or ショート)を持っていると手数料の支払い・受け取りがそれぞれポジションを持っている人のアカウントに発生します。

ロング側ショート側
資金調達率が+支払う貰える
資金調達率が-貰える支払う

資金調達率は、現物価格との乖離を修正するために設定されており、仮想通貨の先物銘柄には仕組みは違えどほぼこのようなスワップ手数料があります。(限月先物にはありません)

基本的に資金調達率の範囲は -0.375% ≦ -0.001% 0.001% ≦ 0.375% です。

OKEXの現物購入(Buy Crypto)の手数料

OKExでは、外部サービスと連携したクレジットカードで現物を購入する機能もありますが、スプレッドのような手数料になっているようで、けっこう高いです。
表面的には手数料は書いていませんが、1BTC=8840ドルの時の購入レートが1BTC=9230ドルとなっているので5%ほどのスプレッドがあり、実質手数料は5%かなり高いので使う価値無しです。
OKEXの現物購入(Buy Crypto)の手数料

OKEX手数料まとめ

OKEX取引所のスポット取引、先物取引、永久スワップ取引、オプション取引の手数料をまるごと解説してみました。

私が特に強調しておきたいのが、OKEXのビットコイン先物取引は世界一位の取引高を誇っており、長期ポジションを持つとき最も手数料的にはコストを抑えることができるという点です。

大手海外取引所の中でも商品が多く分かりにくいですが、OKEXを使う人は自分が取引する取引商品の手数料は知っておきましょう。

ビットコイン先物取引をするなら先物取引高世界一位のOKEXに登録してみましょう。

OKEx OKEx取引所の登録はこちら


登録は簡単、今なら初入金で$10貰えます。OKEx公式サイト

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました