OI(Open Interest : 未決済建玉)が仮想通貨ビットコイン価格に与える影響とFXトレード考察

OI(Open Interest : 未決済建玉)が仮想通貨ビットコイン価格に与える影響とFXトレード考察 トレード戦略

仮想通貨FX、ビットコインFXでレバレッジが掛かったまだ決済されていない手持ちポジションをOI(Open Interest : 未決済建玉)といいます。

仙人
仙人

ちなみに、建玉の読み方は「たてぎょく」です。

実はこのOIの増減によって仮想通貨相場の状態を把握する方法があります。

当記事では、これらOI(Open Interest : 未決済建玉)の増減の推移が仮想通貨ビットコインの価格にどう影響を与えているのか、仮想通貨・ビットコインのOIの推移の調べ方や、その動きからどのような値動きが予想されるのか、どうトレードに生かしていけばいいのか解説します。

OI(Open Interest : 未決済建玉)を確認する方法

BitMEX/bitfinex LSチェッカーを見る

以下のキャプチャ画像のように、ロング・ショートの比率や増減、資金調達などを一覧で見ることができます。(代替サイトにdatamish等もあります)

BitMEX LSチェッカー

bitfinexのLSチェッカーの方が建玉の数が具体的でわかりやすいです。
ロングポジションとショートポジションが何BTC溜まっているのか、その量と比率が表示されています。

bitfinexのLSチェッカー

bitfinexのLSチェッカー

そのほかにも以下のような機能があり便利です。

画面右上のメニュー画像

画面右上のメニュー画像

BitMEX LSチェッカーBitMEXでの成行注文と資金調達率のチェック。以下で説明
BTC先物LSチェッカーCBOE、CMEといった米国先物市場でのOI(未決済建玉)情報
BitMEXリーダーボードBitMEXで公開されているトレーダーランキングと彼らのポジションを見ることができます。
USDTアラートUSDTの発行トランザクションの増減追跡とビットコイン価格の相関を比較できます。

BitMEXのLSチェッカーは資金調達率の表示やロングショート比率だけ見るだけでいいかもしれない。(勢いチェッカーは成行オーダーの数だと思う)

BitMEX LSチェッカー

BitMEX LSチェッカー

ビットコインだけでなく、イーサリアム版 XRP版 モネロ版も同サイト内にページがあります。

ツイッターBOTによる通知を利用する

BitMEXで取り扱いのある銘柄、ビットコイン含むアルトコインすべてのOI(Open Interest : 未決済建玉)が確認できるので、仮想通貨市場全体の資金循環の考察に便利です。

BTC板アラートをフォローすることで、ビットコインFX最大取引所BitMEXでの未決済建玉を一定間隔で知らせてくれるので、ツイッターのタイムラインで一覧をチェックすることができます。

このようなツイートです。見方は以下で説明します。

BTC板アラートのツイート例

BTC板アラートのツイート例

アカウントの固定ツイートで使い方を解説してくれていたので、それを転載させていただきます。
BTC板アラート

BTC板アラートの未決済建玉の見方

BitMEX XBT ETH未決済建玉の見方(引用)

BitMEXアルト未決済建玉の見方2

BitMEXアルト未決済建玉の見方(引用)

OI(Open Interest : 未決済建玉)の見方

①OIの増減のみで分かること

OI(未決済建玉)の増減によって以下のような傾向がまずわかります。

OIの増加大口の仕込み等で、ボラティリティUP※板が厚くなりボラ低下とも取れる
OIの減少新規ポジションが積まれるまで、ボラティリティDOWN※板の薄さからボラ増大とも取れる
追記ロングショート比率のアンバランスさ、OIの増加速度により見解が異なる場合があります。

②OIの増減・LS比からわかること

ロングポジション・ショートポジションのOI(未決済建玉)の推移に増減が起こるとき、以下の3パターンが推測することができます。

OI増加時OI変化なしOI減少時
新規のロング/ショートが増加新規ロング×ショート決済
(ロング決済×新規ショート)
が拮抗
ロング/ショートの決済が増加
※強制決済(ロスカット含む)

新規ポジが積まれているのか、強制決済と利食いが起きているのか、LSが逆転しているのか判定しましょう。

実際にロングショート比率の推移は、LSチェッカーで確認してください。

bitfinexのLSチェッカー

③クソポジチェッカーとOIからわかること

先ほどのOIの増減、LS比と合わせて、ポジションの分布をみることで相場状況が把握できます。

ポジションの分布をみるには、ビットコイン版クソポジ(含み損)チェッカーを併せて見て、ロング・ショートがどの価格帯で多く積まれているのか、含み益ポジション・含み損ポジションがどのくらいあるのかチェックしましょう。

クソポジチェッカーの見方その1

クソポジチェッカーとデータを照らし合わせると、段違いに相場状況が可視化されてくるはずです。

OI(Open Interest : 未決済建玉)をFXトレードに生かす方法

上述した情報(OIの増減、LS比、クソポジ)を総合すると、以下のようなことが見えてきます。※諸説あるので真偽は自分で確かめてください。

OI増加・ロング増加・ショートクソポジ多→上昇パターン

未決済建玉が増加するので、近いうちに大きく相場が動く可能性が高まります。

その時に、ロングポジションが増加している場合(※ショートポジより多いとは限らない、増減の推移が重要)、大口トレーダーによるロングの仕込みが考えられます。

更にその時、大量の含み損を抱えたショートポジション(クソポジ)が溜まっていれば尚いいです。

大口トレーダーが相場上昇の仕掛けをした場合、ショートクソポジのロスカットを巻き込んでより大きく高騰させることができるからです。

OI増加・ショート増加・ロングクソポジ多→下落パターン

未決済建玉の増加に合わせてショートポジションが増加している場合(※ロングポジより多いとは限らない、増減の推移が重要)、大口トレーダーによるショートの仕込みが考えられます。

更にその時、大量の含み損を抱えたロングポジション(クソポジ)が溜まっていればアツい。

大口トレーダーが相場下落の仕掛けをした場合、ロングクソポジのロスカットを巻き込んだ方が大きく暴落させることができるからです。

この逆パターンも普通に起こります。相場に絶対はありません。チャートやオーダーブックの動きも総合して最終的なエントリー方向を決めます。

まとめ

OI(Open Interest : 未決済建玉)が仮想通貨ビットコイン価格に与える影響と、FXトレードに生かす方法を考察してまとめました。

少し複雑な話になってしまいましたが、どちらにエントリーをするという以前に、今の相場状況はどのようになっているのか?という相場観を理解することにとても役立ちます。

トレードに生かすOIを使った考察方法も紹介したので、是非参考にして、ご自身のトレード根拠の考えに組み込んでみてください。

私は毎回、この記事のように型にはめたパターンでエントリーしているわけではないです。少しでも違和感を感じ取ればノーポジで静観しますし、「いける!」と思えば逆に張ることもあります。

大切なのはこのような指標を知っておくことで状況判断の材料が増え、仮想通貨ビットコインFXのトレードを優位性をもって望むことができるということです。

タイトルとURLをコピーしました