私も使用するおすすめビットコインFX取引所 Bybit はこちら

PancakeSwap取引所の登録方法・使い方|BSCの申し子がDEFIを塗り替える【パンケーキ】

PancakeSwap取引所の登録方法・使い方取引所の登録方法

defiトークンが活発に取引されているのはETHチェーンが主でしたが、強力な対抗馬バイナンスチェーン(BSC)で優秀なDEX暗号通貨取引所「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」が登場し大きなシェアを得ています。

AMM(自立型)DEX(分散型取引所)の勢力図を塗り替えるほどの人気を誇るPancakeSwapを押さえておくことは、NFTはじめ新プロダクトに投資する者なら避けて通れないと言っても過言ではないでしょう。

PancakeSwapをまだ使ったことがないという人にも分かるように、登録方法や使い方をまとめて紹介します。

PancakeSwap 手数料が安く注目のBSC系DEX(分散型取引所)
PancakeSwap公式サイト

PancakeSwap取引所とは/特徴

取引所名PancakeSwap(パンケーキスワップ)
リリース2020年9月
運営AMM(自立型)DEX(分散型取引所)
取引方法成行注文のみ

PancakeSwapは、Binance Smart Chain(BSC)で稼働する最も出来高のある自動マーケットメーカー(AMM)DEX(分散型取引所)です。基本的にUniswapのクローンです。
2020年9月にBSCとほぼ同時期にリリースされ、イーサリアムチェーンのGas代高騰から手数料の安い逃避先として急速にシェアを拡大しました。

PancakeSwapの特徴

PancakeSwapには次のような特徴があります。

  • 手数料の安いBSC
  • 独自トークンCAKE
  • シロッププール
  • 宝くじ機能

取扱銘柄数はUniSwapに及びませんが、PancakeSwapにはUniswapにはないトークンがいくつもあり、その中でもBAKE、FRONT、BURGERなどはBinanceエコシステムとも呼ばれます。

DEXの中でPancakeSwapが支持されている理由は以下の仕組みが評価されているからです。

  • 大手Binanceのサポートの元公平な運営をされている
  • プールに流動性を提供すれば手数料報酬が得られるインセンティブ設計
  • 中間管理者もいないので手数料が安く抑えられる
  • ETH(UniSwap)よりも圧倒的に安く速い
  • そもそも取引手数料が安い
  • 上場ハードルが低く多彩な銘柄をトレードできる

独自トークンCAKE

独自のCAKEトークン報酬を獲得するためシロッププールに流動性提供することができます。
報酬を収穫して流動性プールに追加して手数料を稼ぐことができます。
SushiSwapのSushiトークンと似た感じですね。

Uniswapがイーサリアムチェーン(ERC20)代表なら、PancakeSwapはバイナンスチェーン(BEP20)代表という構図になっており、DEFIシェア争いを繰り広げています。

プールに流動性を提供して収益を得る

取引所に提供される流動性は「プール」に自分のトークンを賭ける流動性提供者(LP)からもたらされます。
プールから得られるCAKEトークンは、「ファーム」で更にCAKEトークンを獲得するためにステーキングすることもできます。

PancakeSwapユーザーと出来高は増え続けている

PancakeSwapは一日の取引量でUniswap取引所を上回ったこともあり、BSC(バイナンススマートチェーン)上の分散型ファイナンス(DeFi)の地位を確立しました。PancakeSwapユーザーと出来高

BSC上のプロジェクトがもっと成熟すれば、長期的な成長が続く可能性があります。
ちなみにFTXやBinanceで、PancakeSwapの独自トークンCAKEの先物契約「CAKE-PERP」等も取引できます。上場取引所も増え注目されているということですね。

PancakeSwapのセキュリティ

UniswapとPancakeSwapはどちらも自立型のDeFiですが、PancakeSwapはBSCでありBinanceエコシステムのサポート(ユーザー保護)が期待できます。過去にもSCAMプロジェクトのロールバックがありました。※適用されない場合もある

先日DNSが乗っ取られフィッシングに誘導されるという事件がありましたが、PancakeSwap自体の問題というよりも既存システムへの攻撃だったので今後無くなっていくと思われます。
ただ、スマートコントラクトは評判の高いプロジェクトであっても、常にバグのリスクが伴います。余剰資金で遊びましょう。

PancakeSwapの手数料は圧倒的に安い

料金コストには変動があり、より複雑なトランザクションには一般より多くのコストがかかりますが、BSCの低料金はDeFiユーザーの参入障壁を低くしています。

PancakeSwapの手数料はUniSwapの10分の1以下

イーサリアムのガス料金は、高騰時トランザクションごとに数百ドル(数万円)かかる場合もあります。数百万円単位で取引しないと元が取れないレベルですよね。

しかしBSC(Binance Smart Chain)上であれば取引手数料は数十分の一以下でより高速に済ませることが可能です。※料金はETHではなくBNBで支払う

取引手数料もUniSwapよりも安い

UniSwapやSushiSwapの取引手数料は0.3%なのに対して、PancakeSwapは0.2%です。
送金手数料が圧倒的に安いのに、さらに取引手数料も安い。

PancakeSwapでトークンのスワップ(取引)を行う際、0.2%の取引手数料を支払いますが、その内訳は以下の通りです。
0.17% – 流動性提供者への手数料報酬という形で流動性プールに還元されます。
0.03% – PancakeSwap Treasuryに送られます。

PancakeSwapの始め方/登録方法

まずはMetaMaskをPCブラウザにインストール

PancakeSwapの利用を開始する前に、私はまずPancakeSwapに必要なERC20対応ウォレット、MetaMask(メタマスク)をブラウザにインストールしました。(Trust walletもスマホ同期に使います)

ChromeもしくはBraveブラウザ拡張プラグインMetaMask(メタマスク)をインストール。ウォレットを新規作成するときには復元パスフレーズが表示されるので必ず記録してください。ほかの端末で共有したり、新規ログインする場合に必要になります。

メタマスクをブラウザにインストール

復元パスフレーズはスマホで売買する際にも同期に使います。必ず保存しておきましょう

MetaMaskがChromeもしくはBraveブラウザにインストールされたら、右上アイコンに並んでいるか確認します。無かったら「拡張機能」アイコンからMetaMaskのピンを有効にします。

MetaMaskにBinance Smart Chainを追加

そしてMetaMaskのウィジェットにアクセスします。ウォレットアイコン→「設定(Setting)」→「ネットワーク」をクリックします。MetaMaskにBinance Smart Chainを追加

出てきた入力欄に以下のように記入し「保存」をクリックます。
するとMetaMaskで「Binance Smart Chain」を選択できるようになり、これでPancakeSwapでウォレットを「Connect」し使うことができるようになります。

MetaMaskにBinance Smart Chainを追加2

ネットワーク名Binance Smart Chain
RPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
通貨シンボルBNB
ブロックエクスプローラのURLhttps://bscscan.com

BinanceからMetaMaskへBNBを送金する

私はBinanceにBNBを持っていたので、バイナンススマートチェーンに対応させたMetaMaskに送金してみました。数秒で着金しました、早い。

BinanceからMetaMaskへBNBを送金

PancakeSwapをスマホに同期する方法

※追記:現在はMETAMASKアプリで同期できるようになったのでTrustwalletはインストールする必要はなくなりました。

PancakeSwap側で出したQRコードのスクショを、Trust Walletアプリの設定ページ「WalletConnect」から読み取ってTrustウォレットをPancakeSwapに接続します。WalletConnectでUniswapを同期

Trust Walletアプリで「接続する」という画面が出て、状態がオンラインになったら、「ブラウザ」からPancakeSwapに戻りましょう。
接続が成功していればアドレス名が表示されています。

MetaMaskモバイルアプリでもOK

MetaMaskのモバイルアプリでも直接接続できるようになりました。
iOS・Android公式からインストール、リカバリーフレーズを入力しPC版と同期できます。MetaMaskのモバイルアプリ
Metamaskのメニュー「ブラウザ」を選択、ログインしたい公式サイトにアクセス。(例:Opensea)metamask-browser右下アイコン「add to favorites」しておけば、いつでも簡単にアクセスできます。metamask-browser2

PancakeSwapの使い方

PancakeSwapには大別すると以下6つの機能に集約されます。

  1. スワップ(交換)
  2. プール
  3. ファーミング(シロッププールで流動性インセンティブを得る)
  4. lottery(宝くじ)
  5. NFT
  6. IFO(イニシャルファームオファリング)

スワップ(swap)

PancakeSwapではBEP20規格に対応したトークンを「Trade」→「Exchange」でトレード出来ます。取引したいトークンを選択し金額を入力、詳細を確認し「スワップ」をクリックします。pancakeswap-tradeの使い方
「bscscanで表示」をクリックするとトランザクションの詳細が確認できます。

プール(Pool)

PancakeSwapのプールでは、トークンを流動性プール「LP」に追加することで流動性を提供する代わりに報酬を受け取ることができます。
自分のトークンを流動性プールに追加すると、FLIPトークン(PancakeSwap版の流動性提供トークン)を受け取ることができます。

例として、CAKEとBNBを流動性プールに預けた場合、CAKE-BNBのFLIPトークンを受け取ることになります。受け取ったFLIPトークンの数はCAKE-BNBの持ち分を表しています。
pancakeswapプール(Pool)

誰かがPancakeSwapを取引するたびに、トレーダーは0.2%の手数料を支払い、そのうち0.17%が取引したスワップペアの流動性プールに追加されます。

10CAKEトークンと10BNBトークンをプールし、10FLIPトークンを得ます。
1FLIPトークン = 1CAKE + 1BNBということですね。
誰かが「10CAKE」を「10BNB」と交換(スワップ)すると、その人が支払う手数料のうち0.17%が取引したスワップペアの流動性プールに追加されることになるので、CAKE/BNB流動性プールには,10.017CAKE と10.017BNBが存在することになりました。
これにより1FLIPトークンは、1.00017CAKE + 1.00017BNBに価値が高まります。
また、FLIPトークンを使ってCAKEファームで収穫物(報酬)を得ることができるので、リクイディティ・プロバイダーとしての価値がさらに高まります。

イールドファーミング

CAKEトークンをファームするための初期流動性プール「LP」にFLIPを掛け報酬を得ることをファーミングと言います。
使用するファームを選び、「+」を押してFLIP(流動性トークン)をステークし「確認」で決定します。pancakeswap-farming

これでファーミングが開始されます。
1ブロックにつき得られる報酬の倍率は都度変化します。

宝くじ(Lottery)

6時間毎にPancakeSwap宝くじができます。pancake宝くじ(Lottery)

チケット1枚の価格は10CAKE、1~14までの数字のランダムな4桁の組み合わせ(例:2-9-11-7)を得られます。チケットの4つの番号すべてと一致するとジャックポット!(宝くじプール全体の50%)
2つ以上の番号が一致した場合も特典を獲得できます。

NFTを獲得

PancakeSwapで特別なNFTのアイコンを獲得できます。
BSCで最もかわいいNFTの勝者として選ばれた場合、それが表すCAKE値と交換するか、キューティーをコレクターアイテムとして財布に入れておくことができます。

IFO(イニシャルファームオファリング)

IFO(イニシャルファームオファリング)は、イールドファーミングの力を使用して、新トークンをユーザーの手に渡す方法です。PancakeSwapでは、サポートされているプールからCAKE-BNB LPトークンを使って新トークンの購入権を手に入れることができます。
現在アクティブなIFOはPancakeSwap公式で確認できます。

PancakeSwap infoを活用しよう

pancakeswap.infoは、PancakeSwapに上場している全銘柄の出来高やプール量、チャートなどを可視化してくれるUniswap公式のマーケット情報サイトです。PancakeSwap infoを活用しよう
自分がウォッチしている銘柄をチェックするのに大変重宝するので、PancakeSwapユーザーは必ず使いましょう。

出来高が多い新興銘柄があらわれたらTwitterやredditなどで検索してみて、どのような理由で人気なのか、これから値上がりの可能性はあるのかなど投資判断に使えます。
そのほか、coinmarketcap等でも出来高の多いペアを確認できます。

PancakeSwapを使う注意点

詐欺銘柄も紛れ込んでいる

将来有望な銘柄も多く上場しているPancakeSwapですが、誰でも上場基準を満たせばBEP20トークンを上場することができるので、今後無価値になってしまったり、詐欺プロジェクトでそもそも存在しないものも紛れ込んでおり玉石混交です。
銘柄選びはTwitterや海外コミュニティをみて自分で判断しましょう。

PancakeSwapのまとめ

手数料が安く可愛いと話題のBSC上のDEX「PancakeSwap」の特徴や始め方、使いかたについて解説してみました。

UniSwapは取引量が最も多いDeFi取引所ですが、PancakeSwapは利益の大部分を手数料として支払いたくない小口投資家に魅力的な代替手段となっており、今後もBSCの代表的なDeFiとして発展していくのではないかと思われます。

日本国内の取引所上場銘柄だけを触っているだけでは大きな機会損失です。
是非最先端のアルトコインのトレンドに乗って飛躍のきっかけにしてください。

PancakeSwap 手数料が安く注目のBSC・DEX(分散型取引所)
PancakeSwap公式サイト

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました