世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

BitMEX攻略法④同一アカウントで複数ポジション両建て手数料で必勝する方法

必勝法・攻略法・勝ち方

BitMEX(ビットメックス)の必勝法シリーズ第4弾です。

BitMEXでは両建てができないと聞いたことがありませんか?
BitMEXには、実は5種類のビットコインFXが用意されています。

これらの別契約のビットコインFXを使いこなすことで、両建てを可能にし、さらに手数料をもらうことで確実にプラスになるというトレード方法をご紹介します。

過去のBitMEX必勝法・攻略法はこちらをご覧下さい。

関連記事 両建ても出来るBitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらでまとめています。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

BitMEXでは別契約のビットコインFXは両建てできる

BitMEXには、実は4種類のビットコインFXが用意されています。

  • 無期限ビットコインFX(XBT/USD)
  • 3か月先物ビットコインFX(XBTU18など)
  • アップサイド利益契約ビットコインFX(XBT7D_U)
  • ダウンサイド利益契約ビットコインFX(XBT7D_D)

無期限ビットコインFXというのが、普段のBitMEXのビットコインFXです。

そのほかにも先物、アップサイド・ダウンサイド利益契約というものがあります。
先物限月コードは6月=M、7月=N、8月=Q、9月=U、10月=V、11月=X、12月=Zとなっているので、満期日の月によって表記が変わります。

これらのビットコインFXは一つの種類の中では一方向のポジションしか持つことができませんが、他の契約のビットコインFXであれば関係なく別方向ポジションをもつことができます。

つまり、無期限ビットコインFXでロング、先物ビットコインFXでショートポジションをもつということが可能になります。

無期限ビットコインFXと先物は何が違う?

出来高が無く使い物にならないアップサイド・ダウンサイド利益契約は今回はスルーします。

ビットコインの出来高(取引量)に大きな差がある

無期限ビットコインFXの出来高が最も(ズバ抜けて)多く、先物ビットコインFXの出来高は数十分の一くらいです。

以下はほぼ同じ時刻の一日のビットコインの取引量です。
先物は4,503BTC/日。無期限は196,103BTC、となっており、出来高は43倍の差がありました!

Funding手数料(スワップ金利)がない!

無期限ビットコインFXにはFunding手数料というスワップ金利があるのですが、先物にはありません!

これにより長期でポジションをもっていても手数料などが発生しないというメリットがあります。

チャートを見ればわかると思いますが、無期限ビットコインと先物ビットコインFXの価格チャート推移はほぼ同じです

ただ、価格は無期限と先物で一定のズレがあります。
先物ビットコインFXのチャートは紫のラインで無期限ビットコインFXのチャートが表示されています。(無期限~の方のチャートにはマーク価格が表示されている所)

先物ビットコインFXには強制決済日がある

先物ビットコインFXには満期日があります。「11日後」というのが次の満期日を表しています。
金曜日の夜21時(日本時間)に満期日がやってきます。

無期限ビットコインFXと先物ビットコインFXで両建てトレードする手順

全体的な流れとしては以下のようになります。

①BitMEX無期限ビットコインFXでオーダーを出す。

②BitMEX先物ビットコインFXで反対オーダーを出す。

③両オーダーに指値注文を仕掛ける。

④一方が決済されたら残ったもう一方の指値注文を変更する。

⑤残ったもう一方の指値注文が決済されたら完了。①から繰り返す。

それでは以下に手順とその注意事項やポイントなどを書いていくのでよく読んでください!

BitMEX無期限ビットコインFXでオーダーを出す

これはいつものBitMEXのトレード方法なのでやり方はわかりますよね。

ここでの注意点は、なるべく指値注文を使うこと、そして、低レバレッジの注文量に留めることです。

この両建てトレードにおいて、ロスカットが起きてしまうと失敗になってしまうので、オーダーは安全な倍率で行いましょう。

オーダー方法がわからない方はこちらの記事をご覧ください。

無期限ビットコインFXでは、資金調達率がプラスになる方向の注文を出すのがポイント。
ポジションを長く持てば持つほどFunding手数料がもらえるので長期保持にも向いています。後詳しく説明します。

BitMEX先物ビットコインFXで反対オーダーを出す

BitMEXにログインしたら、トレード画面の右上の方、銘柄一覧の下にビットコインFXの種類を選択するタブが並んでいます。

これをクリックするとその契約のビットコインFXの画面に移動します。
私はよく2週間先物ビットコインFX(XBTM18)を使います。

オーダー方法は無期限ビットコインFXと全く同じです。

無期限ビットコインFXとほとんど同じ価格帯(に相当する価格)で指値注文を仕掛けましょう

ただ注意してほしいのは、チャートの形はほぼ同じですが、価格はズレていること。

なので、無期限の方で指した指値注文のビットコイン価格をそのままオーダーすると失敗します。

重要なのは、同じチャートの形なので一致するレジスタンスラインやサポートラインを意識してオーダーを出すことです。

一方のオーダーが約定したらもう一方を約定させる

ほどなくして、無期限か先物のどちらかのオーダーが約定すると思います。

そのとき、ほぼ同じ時間にもう一方の約定していない方のオーダーを約定させましょう。できるだけ指値注文がいいですが、ここはちょっとコツがいります。

チャート上の指値注文の値をドラッグで移動させて約定させやすくしましょう。

スキャルピングとスイングトレードを使い分けてBitMEX(ビットメックス)で勝つ方法
いざBitMEX(ビットメックス)やbitbankでビットコインFXをしようと思ったとき、自分の中に明確なトレードルールというか、トレード戦法を持っているかいないでは勝率に雲泥の差が出てきます。 当ブログはBitMEXの記事多めですが...

両オーダーに指値注文を仕掛ける

無期限と先物両方のオーダーが約定したら、同じ値幅分の利食いポイントで指値(決済)注文を出しましょう。
トレード画面の「保有ポジション」の欄を使ってオーダーを出しましょう

右端の「ポジションを決済」の入力欄に、それぞれのビットコインFXの「参入価格」から同じ値幅のオーダーを出しましょう。

値幅は1時間以内には決済できるくらいの幅にしておいた方が安全なトレードができると思います。

一方が決済されたら残ったもう一方の指値注文を変更する

芝訳して相場が動いて、片方のオーダーが約定したとします。

そうしたら可能な限り損をしない方向でオーダーを決済しましょう。
できれば指値注文を駆使して手数料コストを失くしましょう。

これで両方のオーダーが決済されれば手順は一通り終了です。
注文履歴や残高画面を見て減ってなければ成功です。

これを何度も繰り返すことによって、地道ではありますがかなり勝率の高いトレードをすることができます。

無期限ビットコインFXの方は資金調達率がもらえるポジションに!

前述しましたが、無期限ビットコインFXでは、資金調達率がプラスになる方向の注文を出すのがポイントです。

ポジションを長く持てば持つほどFunding手数料がもらえるので長期保持にも向いています。

資金調達率(funding手数料)とは、テイカー・メイカー手数料の他にある手数料で、スワップ手数料のことです。

Funding手数料は相場の状況により随時変動していく手数料で、ポジション(ロング or ショート)を持っていると手数料の支払い・受け取りがそれぞれポジションを持っている人に発生します。

BitMEXでのFunding手数料支払いタイミングは8時間ごと(日本時間の5時、13時、21時)です。

上の画像の例では、「-0.0208%の手数料が一時間後に、ショートからロング保持者に支払われる」という意味です。

よくわからない方は以下の記事も読んでみてください。

BitMEX攻略法②資金調達率ルール(スワップポイント手数料)でチャートの先を読めば必勝か?
「BitMEX(ビットメックス)」 レバレッジ100倍で追証無し、手数料の安い板取引…これ以上にユーザー有利な取引所はあるだろうか? あったら教えてください! BitMEXについての必勝法・攻略法を考察紹介していくシリーズ...

BitMEX両建てトレードは可能な限り指値注文で

成行注文をこのトレード方法で使ってしまうと、テイカー手数料0.075%という高い手数料を相殺するだけで利益が少なくなってしまいます。

価格が多少ずれてしまってもかまわないので、テイカー手数料はあまり使わなず、メイカー手数料-0.025%がプラスでもらえる指値注文を使うようにしましょう。

ただ、注意してほしいのは、チャートの指値をドラッグする方法でオーダーを変更するとき、現在価格におぶつけてしまうと成行注文として約定してしまうので注意してください。手前で止めるのがコツ。

手数料に関してはこちらの記事で詳しく書いてます。

BitMEX(ビットメックス)の手数料|テイカーメイカー料金、Fundingコストを安くする方法は?
BitMEXの手数料を全てを分かりやすく解説します。テイカー/メイカー手数料の使い分け方、Funding手数料(資金調達)は絶対に覚えましょう。アルトコインFX手数料の違いや出入金手数料を安く抑える方法も説明します。

BitMEX両建ては小さな値幅で決済が安全

安全に両建てトレードを行うなら小さい値幅でメイカー手数料で稼ぐのが無難ですが、両建てで大きく勝負したい、リスクヘッジとして両建てを使いたいという時にはこの限りではありません。

ただ、大きい値幅を取りに行くトレードをする場合でも、BitMEXの両建てに鳴れてからチャレンジすることを強くお勧めします。

レンジ相場で使おう

このBitMEXの両建てトレード手法は一方向に強いトレンドが現れているときには上手く機能しません、指値注文が置き去りにされてしまうリスクが高いからです。

最も相性がいいのは、レンジ相場です。

レンジ相場というのは、トレンドが定まっていない、同価格帯内を行ったり来たりするような値動きの相場のことですね。(画像は一例)

トレンドが強い相場だと失敗しやすくなります。(画像は一例)

関連記事 Bitmex(ビットメックス)スマホアプリの操作方法はこちらの記事で解説しています。

まとめ

同一アカウントで複数ポジション両建てし手数料で必勝する方法というテーマで記事を描いてみましたがいかがでしたか?

BitMEXでは両建てができないと思っている方がおそらくほとんどじゃないのかなと思いますが、実はBitMEXではメイカー手数料とFunding手数料がプラスでもらえるので、両建てトレードに最も適したビットコインFX取引所でもあります。

BitMEXで必勝のトレードを見つけてしっかり資産を増やしてください。

BitMEXの登録がまだの方は、メールアドレスのみあればすぐに完了するのでやってみてくださいね。

BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などがすべて無料なので実はものすごく使いやすい仮想通貨取引所です。
GMOコインの公式サイト

コメント