世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

BitMEXのマーク価格とインデックス価格の違いは?参入価格・清算価格についても解説

取引所の使い方

BitMEX(ビットメックス)は、マーク価格とインデックス価格という二つの価格が存在します。

BitMEXのロスカットはマーク価格という価格を基準に執行されますが、インデックス価格というものもあります。

マーク価格とインデックス価格はだいたい同じですが、相場が大きく動いているときには剥離が大きくなっていたりもしますね。

実は、マーク価格とインデックス価格の違いを知らなければ、予想していたよりも早くロスカットされてしまった!というような事態になりかねません。

この記事では、BitMEXで利用されるマーク価格とインデックス価格との違いを中心に、どのように価格が算出されているのかも解説していきます。
関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらでまとめています。

BitMEXで使われている価格の種類

BitMEX(ビットメックス)で使われている価格は5種類あります。

  • 直近価格(Last Price)
  • インデックス価格(Index Price)
  • マーク価格(Mark Price)
  • 参入価格(Entry Price)
  • 清算価格(Liquidation Price)

があります。

それぞれの価格について説明します。

直近価格(Last Price)

一番目につくBTC価格です、管理画面の上端にも表示されています。

直近価格(Last Price)というのは、BitMEX(ビットメックス)で現在取引が行われた最新のBTC価格です。

単純にBitMEXで今XBTがいくらの値がついているかということですね。

他の取引所ではこの直近価格だけが表示されており、取引価格としての基本単位となっていますね。

参入価格(Entry Price)

参入価格というのは、売買板(オーダーブック)上で自分の取引が成立した約定価格を表しています。

決済注文を出す際は、参入価格と直近価格を基準に設定するようにしてください。

ポジション照会にある「未実現損益」と「清算価格」に関しては普通は参入価格で算出されるものなのですが、BitMEX(ビットメックス)はマーク価格で計算されるので注意。

清算価格(Liquidation Price)

清算価格というのは、保有しているポジションがロスカットされる価格を表しています。

証拠金とレバレッジがかかった注文サイズによって清算価格は決定されます。

清算価格は、インデックス価格ではなくマーク価格が基準になっています。

証拠金に対してポジションサイズを大きくすればするほどレバレッジも相対的に大きくなり、清算価格が現在値に近付くようになります。

インデックス価格(Index Price)

オーダーブック(売買板)の画像の部分に記載されている価格です。

マウスをカーソルさせると「インデックス価格」と表示されます。

インデックス価格というのは、他の海外取引所で規模も大きい「Bitstamp」と「GDAX」と「Kraken」3つの取引所の直近取引価格取得し、3分割して算出しているものです。

チャート上では「BXBT」という名称で表示されています。
「.BXBT」と表示されたものがインデックス価格で、BitstampとGDAXとKrakenの取引価格を1分ごとに算出しています。

紫のチャートがインデックス価格です。

インデックス価格は、BitMEX(ビットメックス)の流動性リスクで不要なロスカットが起きないように、マーク価格を算出する時にも利用されます。

追記2018年9月にインデックス価格の参考にKrakenも追加されましたが、より価格操作されづらい現物市場に近い価格なりますね。

マーク価格(Mark Price)

インデックス価格とFunding手数料を用いて算出される価格がマーク価格(公正価格)です。

含み損益やレバレッジと拠出金の計算、ロスカットの執行基準となる清算価格を決める基準ともなる価格です。

マーク価格は清算価格と未実現損益のみに影響します。

ただ、売買板(オーダーブック)に並んでいるオーダーから消費してロスカットは執行されるので、ロスカットに関してはマーク価格と直近価格との剥離が起きている場合、清算価格がずれる場合もあります。

このシステムがあることで、市場操作や流動性不足、マーク価格がインデックス価格に比べて理由無く上下する場合に、不必要な清算を自動的に防ぐことができます。

例えば、数秒の間に市場価格が急激に動いてもマーク価格は滑らかな価格変動になります。

マーク価格が設定されていることで、流動性の問題からオーダーブック上の市場価格が急激な異常値になったとしても、ありえないレートでロスカットされるリスクを軽減することができます。

国内取引所の「Zaif」では、マーク価格が存在しないことで信用取引で実際に急激な異常値が度々起きています。

板が薄く、更に信用取引だった場合は大口の投資家の大きな成行売買で簡単に相場操縦が発生してしまいます。
こういった問題を解決するのがマーク価格というわけですね。

マーク価格の計算方法

知らなくてもそこまで問題はないですが、参考として計算方法を簡単に説明しておきます。

マーク価格の計算方法は、Funding手数料とインデックス価格を掛け合わせて自動算出されます

Funding手数料はインデックス価格との乖離を無くそうとする方向に手数料を調整しているので、

結果的にマーク価格は、直近価格とインデックス価格の中間くらいになることが多いですね。

関連記事 Bitmex(ビットメックス)スマホアプリの使い方まとめ。

BitMEXの価格に関するまとめ

BitMEX(ビットメックス)のマーク価格・インデックス価格・参入価格・清算価格について解説してみましたが、いかがでしたか?

マーク価格とインデックス価格についてはややこしいですが、どういうものか理解しておくとトレードするときの微妙な駆け引きに役立つことがあります。

とはいっても実際に見ているのはいつも直近価格ですけどねw

インデックス価格が先行して上がっている場合などに、チャートがどう動くのか参考にしてみるのもいいと思います。

ロスカットされないように清算価格に気を付けてトレードを楽しみましょう。

ちなみに、XBT(ビットコイン)の価格表示単位を変更する方法などもあるので併せて読んでみてはいかがでしょうか。

BitMEXでビットコイン(XBT)を円建てやドル建て、satoshi単位に変える方法
皆さんBitMEX(ビットメックス)でビットコインFXトレードしていますか? BitMEXのビットコインにはXBTという単位が使われています。 XBTはビットコイン(BTC)と全く同じ意味で使われているので、BitMEXではそう...

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクからBitMEX(ビットメックス)に登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

コメント