Tether(テザー/USDT)が仮想通貨価格に及ぼす影響とビットコインFXトレード戦略

Tether(テザー/USDT)が仮想通貨価格に及ぼす影響とビットコインFXトレード戦略 トレード戦略

今ビットコインの次に多く取引されている仮想通貨は何だと思いますか?

…それはイーサリアムでもリップルでもなく、Tether(テザー/USDT)を代表するステーブルコインです。

仮想通貨といえば、

スプレッド

ボラティリティ(価格変動)が激しい金融商品でしょ。

というイメージがあるかもしれません。
しかし、Tether(USDT)は価格の安定を目的に作られたステーブルコイン、ペッグ通貨という用途のものです。
※USDTの他にもTUSD・PAX等があります。

Tetherの特徴や「テザー砲」と呼ばれる疑惑の真実、仮想通貨価格に及ぼす影響から考えるビットコインFXのトレード戦略まで踏み込んだテーマで紹介します。

Tether(テザー)の特徴 – デジタル化された法定通貨

Tether(テザー)の特徴
Tether(テザー/USDT)とは、法定通貨と連動した価値の暗号通貨を発行するプロジェクトのことでUSDTという単位で表します。

発行されるテザーは全て1USDT=1ドルと同額の法定通貨によって裏付けられています。

安定した法定通貨に価値を連動させている通貨を「ペグ通貨(ペッグ通貨)」と呼びますが、Tetherはブロックチェーンの利点と機能性を活用しつつ、法定通貨にペグされ安定した価値の担保を実現しています。

つまり、USドル、ユーロ、日本円などの現金を、法定通貨としての価値はそのままにデジタル化したものがTether(USDT)をはじめとしたステーブルコインの特徴です。

Tetherの特徴
シンボルUSDT
発行者Tether Limited(親会社iFinex、系列にbitfinex・米国)
価格1USDT=1USD
発行枚数無制限
取扱取引所Binanceなどほぼ全ての海外仮想通貨取引所

Tether(テザー)のメリット

他のステーブルコインでも言えることですが、テザーのメリットは暗号通貨と法定通貨の良いとこ取りです。

  • 海外送金が早い
  • 送金手数料が安い
  • 法定通貨との交換が担保されている

海外送金が早く手数料が安い

ドルや円などの法定通貨を国際送金する際には銀行など金融機関を経由する必要があり、利用者にとっては送金に何日もかかる・手数料が高いなどの制約がありました。

一方ビットコインなどの仮想通貨はいつでも比較的少額の手数料で数分~数時間で海外にも送金ができるメリットがあるものの、価格が安定しておらず投資を好まない人には使いづらいという欠点がありました。

Tether(テザー/USDT)をはじめとしたステーブルコインであれば、ブロックチェーン上に取引が記録されるので安全に価値を保存でき、少額の取引手数料で送金が出来ます。

法定通貨との交換が担保されている

Tether社が保有する法定通貨(USドル)と同額のテザーを発行する仕組みはProof of Reserves(プルーフ・オブ・リザーブ、PoR)というシステムによって担保されています。

法定通貨の管理と新規テザーの発行は運営母体であるTether Limitedが一元管理しています

Tetherは発行枚数に上限がなく、事実上無制限に新規発行できるのですが、Proof of Reservesがキチンとなされていれば、Tether Limitedに入金された法定通貨は発行されたテザーと常に同額となるように維持されます。

つまり、

  • ユーザーが法定通貨を入金→同額のテザーが発行される
  • ユーザーがテザーを入金→テザーは消滅(Burn)し同額の法定通貨が払い出される

という風になります。

またTether Limitedに入金された法定通貨の総額はリアルタイムに公式サイトで公開され誰でも確認することができます。

Tether Limited

Tether Limitedのスクショ19/4/27

Tether(テザー)のデメリット

テザーのデメリットは、発行元であるTether Limited社に依存してしまうことです。

  • カウンターパーティリスク(テザー砲疑惑)

カウンターパーティリスク

ユーザーが入金した法定通貨を管理しテザーを発行・償却するのはTether Limited社が一元管理しているわけですが、

  • もし仮にTether社がハッキングを受けてしまったら?
  • 資金の不正利用などのスキャンダルが発覚してしまったら?

発行されたテザーと保有法定通貨の数量が異なるということが起きてしまい、Tether社は1USDT=1USDの交換を保証できなくなります。
このようなカウンターパーティーリスクを孕んでいます。

テザー砲疑惑については次の項で説明します。

テザー砲疑惑とインサイダー情報の問題

テザー砲疑惑とは、

TetherはUSドルの入金を確認しないで新規テザーを発行しているのでは?それを使ってビットコインを高騰させているのでは?

という一連の疑惑です。

2017年9月頃から徐々にUSDTによるビットコイン購入が増加したことが、疑惑のきっかけとなっています。

以下の画像は、テザーが新規発行された後のマネーフローを比較したものです。

テザー砲疑惑のマネーフロー

テザー砲疑惑のマネーフロー(引用)

テザーが新規発行された数時間後に以下の画像の通り、bitfinex取引所(Tether社の系列)で、スパイクのような出来高とともにビットコイン価格の高騰が観測されたことから「テザー砲」と呼ばれるようになりました。

テザー砲

これぞテザー砲

このようなテザー砲はあくまで疑惑に過ぎませんが、Tetherの価格推移には多くのユーザーが注目していますし、Tetherの価値を揺るがすことになってしまったのは事実です。

またTetherはインサイダーな取引に利用されることが多いように感じます。2019年4月末の下落の際には、あらかじめUSDTを買い上げておき、暴落とともに売るという動きが観測されています。

テザー発行のトランザクションなどは先に紹介した公式サイトのページで監視し情報を共有すれば程度把握することができます。

テザーが仮想通貨ビットコインチャートに与える影響

過去のテザーが発行された後のビットコインチャートにはいくつか共通点があるというレポートもあります。

報告書はUSDTの発行とビットコインの価格変動が高い相関関係を持つことを発見。

BTCの急激な価格上昇は、約半数のケースでusdtが事前発行されてからおよそ2時間以内に生じている。
アナリストは、ビットコインの価格を操作する手段としてUSDTの大量生産のテザーを非難している。(2018年1月28日)

英文引用:news.bitcoin.com

価格の変化を監視していくことが、Tetherを売買するポイントになります。

次の項でテザーの発行量やトランザクションを調べる方法を解説します。

テザーの発行量やマネーフローを調べる方法

テザーのトランザクション・新規発行を調べる

Tetherがいくら新規発行されたのかを調べるには公式サイトのOMNIEXPLORER.INFOページで確認できます。
3MbYQMMmSkC3AgWkj9FMo5LsPTW1zBTwXLがテザーを発行するアドレスの様ですが、他にも発行アドレスはあります。32TLn1WLcu8LtfvweLzYUYU6ubc2YV9eZsとか。

Tetherがいくら新規発行されたのかを調べる

3MbYQMMmSkC3AgWkj9FMo5LsPTW1zBTwXLの発行履歴

テザーの大量移動を察知する方法

また、Twitterの@whale_alertアカウントなどをフォローしておけば、USDTをはじめBTCなど仮想通貨の大きな移動を察知することができます。トロンのチェーンでもTetherが発行できるようになったとの情報も呟いてくれます。ややこしや。
@whale_alert
通貨の移動先がレバレッジ取引できる取引所であった場合は大きなBTC価格の操作が起こる可能性があり、取引所からウォレットに移動した際には、相場がひと段落するなど考えられます。

テザーのリッチリスト(大量に保有している大口ウォレットアドレス)の情報もTether公式サイトで公開されています。(→こちら)
Remarkというのは、わかっている範囲でのウォレットの保有取引所名です。

テザーのリッチリスト

テザーのリッチリスト一例

テザーのマネーフロー(資金の循環)を調べる

Coinlib(コインライブラリー)というサイトを使います。Global chartsページで見れます。

テザーのマネーフローページ24時間のtetherマネーフローです。
仮想通貨市場に流入している法定通貨、Tether・ペグ通貨の流れがわかります。
米ドルや日本円、ユーロがどれだけ影響・変化してきているのか見ることができます。

24時間のtetherマネーフロー

24時間のtetherマネーフロー例

取引所別の出来高ランキングなんかもあります。

取引所別のtether出来高ランキング

取引所別のtether出来高ランキング例

テザーを含めた法定通貨全体のマネーフローも見れるので合わせてチェックしましょう。

テザーを含めた法定通貨全体のマネーフロー

テザーを含めた法定通貨全体のマネーフロー例

テザーの値動き自体が指標になる利用方法もある

Tetherは1ドルにペッグされている仮想通貨ですが、1USDT=0.98~1.05USDあたりで価格の揺らぎがあります。
この揺らぎは時に意味があり、

テザーの値動きと価格
1USDT>1USDUSDTに買いが殺到している(発行が追い付いていない)、つまり法定通貨の流入が起きている。BTC上昇か?
1USDT<1USDUSDTが売られている(Burnが追い付いていない)、市場から資金が抜けている。BTC下落か?

という風な見方ができます。
オシレーダー系のインジケーターのようにこれを目安にトレードをしている人も多くいるので有効に機能しています。

この法則は、中国の人民元が仮想通貨に多く流入している場合に特に表れやすいです。
中国では法定通貨での仮想通貨の売買が禁止されている為、その代替通貨としてUSDTが多用されている為という説もあります。

以下のUSDT/USDとBTC/USDチャート(TradingViewで表示)を重ねた画像では綺麗にBTCの値動きと相関していることがわかると思います。
USDT/USDとBTC/USDチャート(TradingViewで表示)を重ねた画像

今後、カウンターパーティリスクをできるだけ軽減しセキュリティ面が強化されたステーブルコインが普及していけば、この法則も変わっていくかもしれません。

その時にはまた追記したいと思います。

ステーブルコインは他にも色々ある

ステーブルコインには現在主に以下の銘柄があります。
テザーの疑惑が晴れなかったとしても代替コインはあるので、今後はTetherやbitfinexの影響が薄まっていくのかもしれません。

ステーブルコインの種類
Tether(USDT)Tether(テザー/USDT)は、OMNI(オムニ)というブロックチェーンを基盤とし、米ドル担保型ステーブルコインでシェアNo1。
USD Coin (USDC)USD Coin(USDC)は米国の送金法に則った透明性の高いUSDペグ通貨で、CENTREプロトコルが使用されているステーブルコイン。シェアNo2。
Gemini Dollar(GUSD)Gemini Dollar(ジェミニドル/GUSD)の最大の特徴は、担保である米ドルがアメリカ国内の大手銀行に預けられ、それが破綻時などのFDIC(連邦預金保険公社)による預金保険の保護対象になっている点。
True USD(TUSD)True USD(トゥルー・ユー・エス・ディー/TUSD)はイーサリアムのERC20に準拠したステーブルコイン。
Paxos Standard(PAX)Paxos Standard(パクソス・スタンダード/PAX)はブロックチェーンベースで設計されたステーブルコイン。
DaiDaiはイーサリアムのプラットフォームERC20で作成されたステーブルコイン。Dappsでよく利用される。
LCNEMLCNEM(エルシーネム)はネム(NEM)のモザイクという、独自のトークン発行機能を利用して発行される日本円担保型のステーブルコイン。
Stasis EURSStasis EURS(ステーシス・ユーロ)はユーロを担保としたステーブルコイン。
Bit CNYBit CNY(ビット・シーエヌワイ)は人民元を担保としたステーブルコイン。

テザー問題で高まるステーブルコインの需要

2019年4月26日に起きたテザー/USDTの悪材料ニュース(顧客の資産が不正利用されているとかいう噂ネタ)の影響を受け、米ドルのステーブルコインPAXやUSDCの発行量が急激に増えています。
テザーの疑惑に嫌気がさしたユーザーや取引所が他のステーブルに乗り換える動きが活発になっています。

これからはトラストレスなペッグ通貨が覇権をとるかもしれませんね。

Tether (テザー/USDT)のまとめ

Tether(テザー/USDT)が仮想通貨価格に及ぼす影響とビットコインFXトレード戦略について書いてみました。

Tetherはペッグ通貨と呼ばれるUSDの価格と連携した仮想通貨です。

ビットコインを始めとした多くの暗号通貨は価値が不安定であることから、正しく運用されていればUSDTは優秀なペッグ通貨として機能していけると思います。

しかし、ステーブルコインには他にも選択肢が増えてきているので、最悪USDTが陳腐化してしまっても他のコインが台頭するだけの様な気もします。
今後のニュースには注意を払っておきたいですね~。

タイトルとURLをコピーしました