ビットコインFXで使えるテクニカル指標やインジ組み合わせまとめ

テクニカル分析

FXを始める初心者がまず覚えておきたい「テクニカル分析」。

ビットコインFXはファンダメンタルズ分析(ETF承認や取引所GOXのニュース情報など)だけでもトレードする人もいますが、テクニカル分析はチャート上のみで相場予測できるので、FX初心者だけでなく中・上級者まですべてのトレーダーが基準にしている分析方法です。

これからテクニカル分析の基本的な読み方や使い方、FX初心者でも活用できるテクニカル指標を紹介していきます。

また、お勧めのテクニカル指標やインジケーターの組み合わせも紹介します。
この記事を読んで、自分流のトレード戦術を練る参考にしていただければ幸いです。

チャートパターン

三角持ち合い

三角持ち合い(トライアングル)はレンジ相場やエリオット波動の終点でよく見られ、その後の動くタイミングや値動きがある程度予想出来るので、ビットコインFXトレードの勝率や収益率を大幅にアップすることができます。

三角持ち合い(トライアングル)とは、高値も安値も更新できずどっちつかずな状況が続き、次第に値幅が狭くなっていくチャートパターンです。

三角保ち合いは以下の3種類に分けることが出来ます。

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  • アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  • ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

以下の記事で詳しく説明しています。

アセンディング/ディセンディングトライアングル(三角持ち合い)でビットコインFXに勝つダマシ回避術
BitMEX(ビットメックス)などビットコインFX取引所でトレードをするならば、ハイリスク・ハイリターンの世界を勝ち抜くためにも、テクニカルトレードの知識は必須です。 今回は、よくお目にかかるチャートパターンである「三角保ち合い(トラ...

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムは、三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)と同じトレンド転換を表す代表的なチャートパターンの一つです。

ダブルトップは上昇トレンド時の高値圏・ダブルボトムは下落トレンド時の底値圏で真価を発揮するチャートパターン、
利確ポイントは二番底・二番天井とネックラインの等距離の位置が目安です。

また、「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断する為のオシレーター系の指標を併用すると相性がいいので使いやすくなると思います。

ダブルトップとダブルボトムの応用形であるヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)は、ネックラインを活用して、エントリーポイントや利益ポイントを読むことができ、期待値も値幅も大きく出るので併せて覚えておきましょう。

ダブルトップとダブルボトムのエントリー利確ポイントやダマシ回避方法、アダムとイヴも解説
BitMEX(ビットメックス)などビットコインFXで、ヘッドアンドショルダーやダブルトップ・トリプルボトムなどのチャートパターンはテクニカルで重要な売買サインとなります。 FXで安定して高い利益率を維持するためには、 長い時間足で三...

ヘッドアンドショルダー(三尊)

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)は数あるテクニカル指標の中でも、簡単に判別できる分かりやすさからか、最も強力な指標でそのパターン通りに動くことが多いです。

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)を見つけたらかなり高い勝率が見込めます!
利益を出しやすい指標なのでぜひ身に着けてください。

この三尊・逆三尊はトレンド転換の指標なので、当然ながらトレンドがはっきりしている相場で力を発揮します。

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)をビットコインFXで最大限に使うトレード方法
ビットコインFXのBitMEX(ビットメックス)でも十分に機能し使うことができるテクニカル指標「三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)」について書きたいと思います。 三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)は数あるテクニカル指標の中でも...

フィボナッチ比率

人間が本能的に心地よいと感じるフィボナッチ比率(0.618、0.382、0.236)はチャートにも反映されます。
チャートは投資家心理の集合体だからです。

押し目や反転のポイントを図る、ポジションを持つ、利確するなど、トレードの売買根拠を求めフィボナッチ比率が働くのは当然。

この本能的に人間が心地いいと感じる比率を、テクニカル指標として世界中のトレーダーが意識するということは有効なラインとしてより機能するということです。

フィボナッチ・リトレースメントなどの指標を使うことで、価格のサポート(支持帯)とレジスタンス(抵抗帯)を予測することができ、チャートの「戻し」や反転するポイントで指値注文することができます。

フィボナッチリトレースメントを使って逆張り・利確ポイントを見つけるビットコインFX戦術
ビットコインFX限らず、幅広い相場でも使えるフィボナッチ数列はトレードの勝率を大幅に上げる可能性のある便利なテクニカル指標です。 フィボナッチ・リトレースメントなどの指標を使うことで、価格のサポート(支持帯)とレジスタンス(抵抗帯)を...

ピッチフォーク

テクニカルフォーメーションの中でも簡単に引くことができ便利なツールなのですが、あまり日本では使っている人が少ない指標です。

BitMEXでも使うことができるので是非覚えておきましょう。

ピッチフォーク・ファンの描画方法をビットコインFXチャートで解説
今回はBitMEXのチャートツール(TradingView)で使える隠れた名脇役的なツール、ピッチフォークについて解説します。 ピッチフォークというのは、もともと農具のことです。 チャートに表示される図がピッチフォークに...

ワイコフチャート

ワイコフ・チャートは4つのマーケットサイクルで構成されています。

  • Accumulation:累積
  • Mark Up:利幅
  • Distribution:分布
  • Mark Down:値下げ

ビットコインFXはワイコフ・チャートに沿ってトレンド転換するのか?というテーマで記事をかいています。

ビットコインFXはワイコフ・チャートに沿ってトレンド転換するのか?ワイコフ理論とは
米の伝説的な相場師で、いわゆるテクニカル分析の先駆者としても知られるリチャード・ワイコフの「ワイコフ・チャート」が、現行BTCチャートと酷似していると少し話題になっています。 ビットコインFX取引所BitMEX(ビットメックス...

エリオット波動理論

エリオット波動はテクニカルトレード最高峰の手法です。

エリオット波動を使えば、チャートの動きをいくつかのパターンで先読みできるので、トレンドが反転しそうなポイント(天井や大底)をあらかじめ予測するができます

エリオット波動を正確に理解することで、トレード勝率は驚くほど高まります。

ただ、フィボナッチなどの他のテクニカルも絡んでくるので、ちょっと理解するのに時間を要する手法でもあります。

それでも知る価値があります。
騙されたと思って学んでみてください!

エリオット波動理論の基本と必勝トレード戦術をビットコインFXで分かりやすく解説
信用取引やビットコインFXなど相場の動きにとどまらず、世界中のチャーチストに絶大な人気を誇るテクニカルパターンの王道、エリオット波動理論(elliot wave)を使ってトレードの勝率を飛躍的に高める方法をご紹介します。 エリオット波動は...

ギャン理論

ウィリアム・ギャンの理論は、約700年にも及ぶ相場資料をベースに完成されており、過去の相場の推移を分析することを重視しています。

ギャンの理論はトレンドの発生・終了やおおよその発生時間も予測するという、他のテクニカル分析にはない具体的な戦略が特徴です。

ギャン理論を使いこなせ!使えるスクエア・ファンの使い方をビットコインFXで解説
BitMEX(ビットメックス)のビットコインFXで日々研究に勤しむ仙人ですが、 今回は数あるテクニカルトレード理論の中でも、 日本ではメジャーではないけれど世界で幅広く知られている"ギャン理論"をご紹介したいと思います。 ...

トレンド系テクニカル指標

いわゆるトレンド系と呼ばれるテクニカル指標です。

FXでは相場の方向性を表すことを「トレンド」といいます。トレンドには相場が大きく上昇する「上昇トレンド」とその逆の「下降トレンド」の2種類があり、FX初心者が勝つためにはこのトレンドの把握が欠かせません。

実際にどれが特徴として使えるか調べなくてはいけませんが、FX初心者が上昇/下降トレンドを把握するために役に立つトレンド系テクニカル指標。

主なトレンド系の指標をまとめました。

単純移動平均線(Simple Moving Average)

単純移動平均線はSMAと表記されます。

世界中のプロトレーダーが参考にしている最も有名なインジケーターなので必ず覚えておきましょう。

BitMEXチャートの移動平均線(SMA)を正しく表示する方法とトレードに勝つ設定を伝授
BitMEX(ビットメックス)を一日3時間はいじらないと精神が安定しない仙人です。 今日は、基本中の基本のインジケーター、テクニカル分析の代表「移動平均線」についてご紹介します。 BitMEXではトレーディングビュー(Tradi...

一目均衡表(Ichimoku)

一目瞭然、ひと目見てわかる、というのが名前の由来だそうです。
海外では「Ichimoku」と呼ばれています。

特徴としては、多くのテクニカル分析がチャートの縦軸である「価格」に着目しているのに対し、一目均衡表は横軸である「時間」も重視し、価格とともに「いつ相場が変化するのか」という、そのタイミングを示唆してくれる点でしょう。

週足や日足など長めの時間足での一目均衡表の三役好転(逆転)は、有力なトレンド発生のシグナルとなります。

一目均衡表(一目雲)の基本と効果的なビットコインFXのトレード手法を解説
ビットコインFXのBitmex(ビットメックス)チャートは様々なテクニカルツールが使えますが、今回は一目均衡表(一目雲)について、使い方とトレードでの利用方法をご紹介します。 ちなみに記事のトップ画像を始めてcanvaというサイトで作...

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)

ビットコイン価格がボリンジャーバンドの下値支持線(下弦)にきた時に買いポイント、上値抵抗線(上弦)にきた時に売りポイントとみる判断方法が有名ですが、

ボリンジャーバンドは単に逆張りの指標になるインジというわけではなく、相場のトレンド状況を把握し、エントリーや・決済ポイントの判断にもなる非常に便利な指標です。

ボリンジャーバンドの使い方|ビットコインFXでエントリーと利確ポイントを解説
今回はチャートツールTradingViewでも有名な指標、「ボリンジャーバンド」の正しい表示の仕方をご紹介します。 また、ビットコインFXのBitMEX(ビットメックス)でも使えるので、トレードで効果的に使う方法も併せて解説したいと思いま...

パラボリック(Parabolic SAR)

パラボリックSARとはトレンド追随型の相場の中で突然発生する上昇トレンドや下降トレンドが切り替わるタイミングを見分けるのに役立つ放物線のインジケーターで、

ドテンロングorショートなど逆張りの指標として機能する指標です。

トレンド発生やトレンド転換をいち早く察知できるパラボリックSARは、
初心者でも使いやすい簡単に判断できるテクニカルツールです。
ただ、ダマシもあるのですぐに損切り・撤退できるようにオーダーを出しましょう。

パラボリック(Parabolic SAR)を使ってビットコインFXでトレードする方法
今回はビットコインFXのBitMEX(ビットメックス)のチャートでも表示できる便利なインジケーター、パラボリックSAR(Parabolic SAR)について使い方を解説します。 点々がついていて蝶々の幼虫みたいな綺麗な模様のように見え...

アルーン・オシレーター(Arron Oscillator)

アルーン・オシレーターについて解説記事をかく予定です。

GMMA

GMMA(複合型移動平均線)はビットコインFXでも、スキャルピングやスイングトレードで有効なテクニカル指標として世界中で人気の手法です。

短期(青色)と長期(赤色)それぞれ6本、合計12本の指数平滑移動平均線(EMA)を一度に表示して、
複数ラインの位置関係や形状から中長期的なトレンドの状態や強さ、大まかなエントリーポイントのレンジを判断する際に役立ちます

視覚的にトレンドの強弱が簡単につかめるので、テクニカル分析が苦手な初心者でも、使いこなすことができるというのが最大のメリットです。

GMMA(複合型移動平均線)を使ってビットコインFXでトレードする方法
BitMEX(ビットメックス)のビットコインFXで日々トレードをしている仙人ですが、TradingViewで使えるテクニカルツールの一つ、GMMA(複合型移動平均線)というトレンド系テクニカル指標について解説してみます。 このGMMA...

EMA(Exponential Moving Average)

EMA(指数平滑移動平均線)は、移動平均線の中で最もバランスの取れたMAと言われており、二本ではSMAの方が人気ですが欧米ではEMAが主流です。
使い方はMAと共通です。

EMA(指数平滑移動平均線)の使い方をビットコインFXで解説。DEMA・TEMAの違い
SMA(単純移動平均線)とともに2大移動平均線とも言われる、EMA(指数平滑移動平均線)の見方と使い方についてご紹介します。 移動平均線の中でも最もバランスがよく使いやすいと言われており、上級者にも愛用されているトレンド系指標の優等生...

ピボット・ポイント(Pivot Point)

ピボットポイントは海外トレーダーや機関投資家が好んで使用している、相場の方向性を判断サポート/レジスタンスラインを可視化するためのインジケーターです。

ピボットポイントの使い方とトレード手法をTradingViewで解説
BitMEX(ビットメックス)でビットコインFXを主戦場にしている筆者ですが、今回は世界のトレーダーに信頼されているインジケーター、ピボット(ピボットポイント)についてご紹介します。 ピボットは、日々の相場変動はピボット(回転軸)を中...

オシレーター系テクニカル指標

オシレーター系とは買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを判断するためのテクニカル指標です。

通常は別チャート上で表示されます。

また、オシレーター系指標は一方向のトレンド相場より、揉み合い相場(レンジ相場)時に有効に機能します。

RSI(相対力指数)

RSIは、50%を中心として0~100%の範囲で推移し、上昇トレンドに入ると数値が50%以上で推移し、下降トレンドに入ると数値が50%以下で推移します。

通常、RSIが70%(80%)以上であれば買われすぎ、RSIが30%(20%)以下であれば売られ過ぎと判断されます。

RSI(相対力指数)を使ったビットコインFXトレード手法とおすすめの組み合わせ
有名なオシレーター系インジケーターであるRSI(相対力指数)をご紹介します。 当サイトでは以前一目雲(一目均衡表)とRSIの記事と一緒にしていましたが、RSIについてもっと詳しく書くべきだ!と思ったので記事を分けました。 世界中...

ウィリアムズ%R(William’s %R)

ウィリアム%Rは、RSIやストキャスティクスと似た相場の動きに敏感に動く指標で、スキャルピングなど短期売買やエントリーのタイミングを計るのに便利な人気のテクニカルです。

ウィリアム%Rを使ったトレード手法をビットコインFXで解説。ダイバージェンスや他インジとの違い
今回はBitMEX(ビットメックス)のビットコインFXでも使える、すばやい反応でトレンド転換をとらえる優秀なインジケーター「ウィリアムズ%R」をご紹介します。 ウィリアム%Rは、RSIやストキャスティクスと似た相場の動きに敏感に動く指...

ストキャスティクス(Stochastics)

直近の価格の終値が、一定期間内の最高値と最安値の中で、
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を表すオシレーター系テクニカル指標です。

ストキャスティクスはレンジ相場でのオシレーター的な指標としても優秀ですが、ゴールデンクロス・デッドクロス・ダイバージェンスなど、多様な売買シグナルを発してくれる便利な指標なので是非抑えておきましょう。

ストキャスティクスを使ったビットコインFXトレード法|ダイバージェンスのWトップ・ボトムが熱い
ビットコインFXのBitMEX(ビットメックス)でも役に立つ有名なテクニカル指標ストキャスティクスの使い方について解説していきます。 ストキャスティクスといえば、切れ味鋭い便利なオシレーター系の指標として世界中のトレーダーに愛用されて...

DMI・ADX(方向性指数)

ADXは、トレンドの強さを測定する際に使う非常に役に立つテクニカル指標で、このインジケータだけを使うFXトレーダーもいるほど便利なツールです。

+DI (買い手) が-DI (売り手)を下から上に抜けゴールデンクロスになった場合、買いシグナルが発生。
-DI (売り手) が+DI (買い手)を下から上に抜けデッドクロスになった場合、売りシグナルが発生。
ADX線が40の値を超える場合、上昇トレンドまたは下降トレンドが強い。

など得られる情報量が多い。

ADX(DMI)のダイバージェンスでダマシ回避トレードをビットコインFXで解説
BitMEX(ビットメックス)のビットコインFXで、色んなテクニカル分析を試してトレード方法を研究している仙人です。 今回は有名なオシレーター系インジケーターである「ADX(DMI)」を使ったトレード方法をご紹介します。 ADX...

MACD(マックディー)

短期移動平均線と長期移動平均線の広がりの差を見ることで早い段階で「トレンドの転換」を察知することができるのがMACDです。

MACDが0以上であれば上昇トレンドを意味し、
0以下(マイナス)であれば下落トレンドを意味します。

プラスからゼロになるのは移動平均線のデッドクロス、
マイナスからゼロになるのはゴールデンクロスと呼びます。

MACDとその移動平均線であるシグナル線という2本の線の交差を売買判断に使うことで、トレンドの行き過ぎをとらえた逆張り的な売買手法として使えます。

MACDを使ってビットコインFXのトレンドの転換点と売買ポイントを判断する方法
BitMEX(ビットメックス)では様々なテクニカル指標を使うことができますが、今回は「MACD(移動平均収束拡散法)」を使ったトレード方法をご紹介したいと思います。 MACDの読み方は「マックディー」です。エムエーシーディーより覚えや...

CCI(商品チャネル指数 Comodity Channel Index)

オシレーター系の指標でありながら、これ単独で使用しても十分にトレード確度を高めることができる優秀な指標です。
BitMEXのCCIは私が見た感じではオシレーター系指標の中でもかなり有効に機能しています。

CCIはいろんな使われ方をするテクニカル指標で、新たなトレンドの発生を判断する時にも機能しますし、買われ過ぎor売られ過ぎを判定する指標としても機能しますが、最も効果的な使い方はダイバージェンス確認からの逆張り手法です。

隠れた名インジ。CCI(商品チャンネル指数)のダイバージェンスで逆張りFXトレードする方法
ビットコインFX専門の取引所BitMEX(ビットメックス)で使えるテクニカルインジケーターの中でも、実は使える実力派の指標をご紹介します。 その名もCCI。(Comodity Channel Index) 日本語では商品チャンネル指...

モメンタム(Momentum)

モメンタムは相場に発生しているトレンドの方向性とその勢いの強さを把握することが出来、さらに、トレンドの転換を見極めることもできます。

移動平均線や一目均衡表とも関係があって連携プレイが得意です。

モメンタム(Momentum)を使ったトレード手法と設定方法をビットコインFXで解説
ビットコインFXに首ったけの筆者ですが、今回は非常にシンプルな指標 「モメンタム」というオシレーター系テクニカルをご紹介します。 英語で書くとmomentumですが、これは「勢い」や「はずみ」という意味です。 この文字通り、モメン...

アルティメット・オシレーター(Ultimate Oscillator)

究極オシレーター(UO:Ultimate Oscillator)は、3本の時間枠を用いることでオシレーターの欠点を補い潜在的な買い圧力と売り圧力を計るというものです。

エントリーポイントを厳選するので売買サインが少ないのですが、その分ダマシに惑わされず勝率が高いという特徴があります。

究極(アルティメット)オシレーターを使ったトレード戦略をビットコインFXで解説。
今回は、名前がカッコイイというか独特なテクニカル指標、 究極オシレーター(Ultimate Oscillator)をご紹介します。 なぜ究極なのか?究極とは何なのか? 私はドキドキしながら調べました。 そしてなぜ「アルテ...

テクニカル指標オススメの組み合わせ

テクニカル指標オススメの組み合わせをご紹介します。

一目均衡表(一目雲) × RSI

エントリー方法は、ローソク足が雲の上にあり、RSIが30%を下回った場合ロング。
ローソク足が雲の下にあり、RSIが70%を上回った時にショートでエントリーです。

利益確定は、買いの場合はRSIが70%を上回った時、売りの場合はRSIが30%を下回った時です。

これである程度今後の相場を予想することができます。
⇒一目均衡表(一目雲) × RSI

ボリンジャーバンド × RSI・ストキャス

ボリンジャーバンドは、ストキャスティクスやRSIなどオシレーター系指標全般と相性がいいです。

ボリンジャーバンド上弦・下弦付近での動きと、オシレーター系指標の買われ過ぎ・売られ過ぎの数値を見ることで、逆張りするエントリーポイントを探りましょう。

ボリンジャーバンド × MACD

為替FXツールではデフォルトでボリンジャーバンドMACDを併用するインジがあるほどメジャーな組み合わせです。

ボリンジャーバンド上弦・下弦付近で値動きの勢いを把握し、MACDのゴールデンンクロスとデッドクロスをエントリーポイントにするといった感じでしょうか。

三尊 × フィボナッチリトレースメント

ヘッドアンドイショルダー(三尊・逆三尊)フィボナッチリトレースメントを併用することで、おおよそのネックライン(レジスタンス・サポートライン)を予測することが出来ます。

エリオット波動 × フィボナッチリトレースメント

エリオット波動の推進5波・調整3波のリズムはフィボナッチ比率の値動きで推移する可能性が非常に高いです。
自然の法則を味方につける最強コンビです。

その他にもオススメのテクニカル指標組み合わせはあるので、また追記します。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の手数料ルールについて詳しく解説

BitMEXで使えるインジケーター
移動平均線ADXRSI
MACDボリンジャーバンドストキャスティクス
一目均衡表(一目雲)EMA 指数移動平均DMI 方向性指数
パラボリックSARCCI 商品チャネル指数エンベロープ
ケルトナーチャネルモメンタム(momentum)WMA 加重移動平均
ウィリアム%Rウィリアムズアリゲーターウィリアムフラクタル
究極オシレーターチョピネス・インデックスチャプゾーン
ジグザグ(ZigZag)ドンチャンチャネルエルダーのフォース指数
MA with EMA CrossEMA CrossトリプルEMA・二重EMA
A/DAccumulative Swing Indexバランスオブパワー
Hull 移動平均オンバランス・ボリュームノウンシュアティング
VWMAオーサムインジケターオシレーサーフィッシャー変換
Connors RSIDPO トレンド除去価格オシレーター相対ボラティリティ指数
Mcginleyダイナミクスコポック曲線プライスオシレーター
Price Cannelシャンデクロールストッププライス出来高トレンド
RVI 相対的活力指数シャンデモメンタムオシレーターボラティリティ履歴
SMI エルゴディック指数ボリンジャーバンド %B/幅移動平均線の交差
TRIXボルテックスインジケーター線形回帰曲線
ネット出来高マスインデックスムーブメント Ease
チャイキン オシレーター/マネーフローマネーフロー真力指数
アルーンオシレーター出来高オシレーター平均トゥルーレンジ
Moving Average Channel

コメント

タイトルとURLをコピーしました