世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

BitMEXのトレード画面の使い方とオーダーブックなどカスタマイズ方法を解説します

取引所の使い方

BitMEX(ビットメックス)のトレード画面は初めて見たときは何がどこにあるのか分かりにくい印象を受けますよね。私はそうでした。

機能が多いので初心者がいきなり使うのは迷うことが多いと思います。

でも機能が沢山あるということは、逆に覚えると非常に便利であるということです。

慣れてくるとトレード画面のカスタマイズ方法もわかってくるので、自分好みの配置にしたりと使いやすくなってきます。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらでまとめています。

今回は私がよく使っているトレード画面の配置を例にして各機能の使い方とアドバンスト画面のカスタマイズ方法をご説明します。

BitMEXのトレード画面

BitMEXの管理画面トップ「取引」を選択したときにこのような画面になっていますね(アドバンストにしています)。
BitMEXのトレード画面

今回紹介する機能を覚えていただければトレード画面のほぼすべての操作をカバーできると思います。

①価格チャート

チャート画面で過去から現在までのBTCの値動きを追うことができますね。

デフォルトの状態だと表示が小さいので、このマークをクリックして別ウィンドウで表示して見やすくしたりできます。

チャートはTradingViewというチャートシステムを元に表示されており、インジケータなども豊富です。

インジケータはここで追加することができます。

例のトレード画面では、MACDというインジを追加しています。私がトレードで最も頼りにしている指標です。

他にも一目雲や移動平均線、ボリンジャーバンドなど、本当にたくさんのインジがあります。
カスタマイズして自分好みの設定を行いましょう。

②オーダー画面

ここで色んなオーダーを出したりします。

オーダー方法は、基本は指値注文と成行注文を使いますが、トレイリングストップや利食い指値などの特殊注文を使うこともできます。

歯車マークから「プラスマイナスボタンを表示」にチェックを入れると数値の入力に便利なのでオススメです。


また、「サイドバーを移動」をクリックするとサイドバーを右端から左端に配置換えすることができ、
「サイドバーを非表示」をクリックするとサイドバーを隠すこともできます。

③レバレッジ調整画面

BitMEXでは1~100倍でのレバレッジを設定が可能です。

この画面のスライダーを利用することでレバレッジの調整を行うことができます。

デフォルトでは「クロスマージン」になっており、証拠金すべてをレバレッジ取引に使用することになっています。

「分離マージン」を設定することで、証拠金が何%を下回ったらロスカット(精算価格)、というように損失を限定することができます。

スライドバーを左から右にドラック&ドロップすることでパーセンテージを変更できます。

スライダーの上には、現在のポジションの量とROE(自己資本利益率)が表示されています。

レバレッジ変更方法|BitMEXを制すクロスマージンと分離マージン使い分けでリスク管理!
BitMEXのクロスマージン・分離マージンのレバレッジ変更方法と使い分け方について解説します。ビットコインFXで何よりも大事なのはレバレッジ管理。ロスカットは怖くなくなり、味方につけることさえ出来るのです。

④現在の価格等

現在選択している通貨(ビットコイン)の価格に関する詳細情報が表示されています。

一番大きな目立つ価格は現在の取引価格。
その下にマーク価格 / インデックス価格が表示されています。

⑤資金調達率(Funding手数料)

この辺の数値は一つだけ押さえておきましょう。
資金調達率(Funding手数料)です。

資金調達率(Funding手数料)は8時間ごとに徴収され、変動制で上限は0.375%です

画像ではfunding手数料が3時間後に 0.0102%と書いてあります。
この場合、3時間後にロングポジションを持っていた場合、0.0102%の手数料を支払うことになります。
逆に3時間後にショートポジションをもっていた場合0.0102%の手数料を受け取ることが出来ます。

BitMEX(ビットメックス)の手数料|テイカーメイカー料金、Fundingコストを安くする方法は?
BitMEXの手数料を全てを分かりやすく解説します。テイカー/メイカー手数料の使い分け方、Funding手数料(資金調達)は絶対に覚えましょう。アルトコインFX手数料の違いや出入金手数料を安く抑える方法も説明します。

⑥注文板画面(オーダーブック)

注文板画面(オーダーブック)にBitMEXの投資家たちが売買したい値段と数量の注文情報がリアルタイムで反映されています。

歯車マークをクリックすると、「グループ化」「コラム」「清算アラート」オプションを設定することが可能です。

「グループ化」は板の一行ごとの値幅をデフォルトの0.5以上に調整できる機能です。
「コラム」は表示を一列or二列に切り替える機能です。
「清算アラート」はロスカット注文が板に載った時に通知を行ってくれる機能です。

⑦デプスチャート

デプスチャートは、リアルタイムに売りと買いのオーダーボリュームを視覚的に把握することができます。

オーダーブックと一緒に見ることで視覚的+数値的に今のマーケット状態を知るのに役立ちます。

⑧直近の取引(歩み値)

直近の約定履歴がリアルタイムに流れるので最新の価格の流れを掴むことができます。

大口の成行買いが起きたときにはこの画面がピカっと光って書き換わるので、私はそれを個人的に
「ヘルフラッシュ!」と呼んでいます。

⑨証拠金

ウォレット残高、未実現損益、ポジション証拠金、利用可能残高などが表示されています。

ロング・ショートポジションを持っているときにこの画面を表示していると一目で残高の状況がわかります。

⑩ポジション画面

自分の現在保有しているポジションの損益・履歴が表示されます。

保有しているオーダーのサイズ、参入価格、現在マーク価格、清算価格(ロスカット値)、証拠金、未実現損益(ROE%)、実現損益が確認できます。

「ポジションを決済」で成行注文か指値注文の反対売買をして、決済の操作をすることもできます。

⑪通貨選択画面

ここでは取引する通貨を選択することができます。

基本的には一番左のビットコインしか使わないと思いますが、BitMEXではアルトコインのトレードも可能です。

ただ、アルトコインFXは流動性があまりなかったり、レバレッジや手数料がちょっと異なります。

BitMEX(ビットメックス)の手数料|テイカーメイカー料金、Fundingコストを安くする方法は?
BitMEXの手数料を全てを分かりやすく解説します。テイカー/メイカー手数料の使い分け方、Funding手数料(資金調達)は絶対に覚えましょう。アルトコインFX手数料の違いや出入金手数料を安く抑える方法も説明します。

⑫オープンオーダー

トレード画面から抜けていたので追記しました。

オープンオーダーでは、主に、自分が出している約定前の指値オーダーの確認や指値注文のキャンセルをすることができます。

「⑩ポジション画面」とよく似ていますが、ポジション画面は約定後のオーダーを確認できます。
どちらもトレードには必須の機能なので表示させておきましょう。

自分好みにトレード画面をカスタマイズする方法

取引画面の右上、アカウント名をクリックすると、カスタマイズ項目が表示されます。

「カラーテーマ」では白か黒を選ぶことができます。
デフォルトでは白です。黒にするとビットフライヤーlightningっぽくなります。

「ダッシュボードのレイアウト」ではベーシックとアドバンストが選べます。
ベーシックにするとデフォルトの配置に戻ります。

アドバンストに戻すとカスタマイズした画面に戻すことができます。

movie <動画>BitMEXのトレード画面をカスタマイズする操作方法

アドバンスト画面で配置をカスタマイズする

アカウント名の下あたりに「カスタマイズ」という箇所があります。

これを「カスタマイズ」にすることでもカスタマイズモード(=アドバンスト)にすることができます。

「カスタマイズ」の文字をクリックすると、追加で表示・非表示したい項目を選択することができます。

ドラック&ドロップで配置を変えることができるので自分好みのトレード画面にすることができます。

関連記事 Bitmex(ビットメックス)スマホアプリの使い方まとめ。

BitMEXのトレード画面の使い方まとめ

BitMEXのトレード画面の使い方と配置や機能のカスタマイズ方法を解説していきましたがいかがでしたか?

機能がたくさんあるので一度にすべてを使いこなすのは難しいと思いますが、慣れてくると直感的に多くのことができるのでかなり便利にトレードができるようにできていると気づくはずです。

是非自分好みのトレード画面を見つけてレバレッジ取引を楽しんでくださいね。

トレードに役立つ小技として、別ウィンドウを画面分割して表示する方法なんかも紹介しています。

いなごフライヤーやBitMEXチャートなどトレード画面を分割表示する方法!
BitMEXやビットフライヤーやbitbankでビットコインFXトレードに勤しむ皆様、こんにちは。 皆さんはトレードをするときはどのような環境で行っていますか? サブモニター3台でチャートとトレード画面を同時にみてやっているよ! ...

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

コメント