世界でもっとも使われているビットコインFX取引所「BitMEX」

レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応。当サイトから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。

BitMEXを始める!

三角持ち合い(トライアングル)でビットコインFXに勝つ使い方・ダマシ回避を解説。

テクニカル分析

BitMEX(ビットメックス)などビットコインFX取引所でトレードをするならば、ハイリスク・ハイリターンの世界を勝ち抜くためにも、テクニカルトレードの知識は必須です。

今回は、よくお目にかかるチャートパターンである「三角保ち合い(トライアングル・フォーメーション)」の見方・使い方について解説したいと思います。

先端でどっちかに大きく動くのが三角持ち合いやな!

という認識で止まっているのだとしたらただのギャンブルです。
三角持ち合いの力を存分に利用する為にこの記事を最後まで読んでみてください

ビットコインFXでトレードするにあたって、逆三尊ダブルトップなどのテクニカル指標はわかりやすく効果も強いのでもちろん覚えておくべきですが、テクニカル指標だけを見ていてもチャンスをものにするには不十分です。

三角持ち合い(トライアングル)はレンジ相場やエリオット波動の終点でよく見られ、その後の動くタイミングや値動きがある程度予想出来るので、ビットコインFXトレードの勝率や収益率を大幅にアップすることができます。

関連記事 BitMEX(ビットメックス)の基本的な使い方はこちらで。

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

実際に三角持ち合い(トライアングル)をどのように見て、どのようにトレードに生かせば勝てるのかをBitMEXを例に説明していきます!

三角保ち合い(トライアングル・フォーメーション)とは?


チャートには似たようなパターンがいくつか存在します。

こういう形になったら買いたい…

と思う人が多いと、そのチャートパターンは機能するので、覚えておくことで先の動きの予測がしやすくなり勝率が格段に上がります。

三角持ち合い(トライアングル)とは、高値も安値も更新できずどっちつかずな状況が続き、次第に値幅が狭くなっていくチャートパターンです。

三角保ち合いは以下の3種類に分けることが出来ます。

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル
  • アセンディング(上昇)・トライアングル
  • ディセンディング(下降)・トライアングル

三角持ち合いは三種類に分類することができる

それぞれの三角持ち合いパターンには以下のような性質があります。

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  • アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  • ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

一つづつ詳しく見ていきましょう。

シンメトリカル(対称)・トライアングル

引用元:SBI証券

シンメトリカル(対称)・トライアングルは、山と山、谷と谷を結んだトレンドラインが上下対称になるように引ける三角保ち合いのチャートパターンのことで、基本的に前のトレンドの一時的な小休止を表し、再び直近のトレンドが継続することが多いです。

トライアングルの中の2分の1~4分の3までのところで直前のトレンドと同方向にブレイクし、4分の3を過ぎてチャートがトライアングルの中にある場合には、トライアングルの効果は失われると考えられています

また、シンメトリカル・トライアングルの場合は利確ポイントも明確に予測できます
ブレイク後の利確ポイントは、トライアングルの頂点(起点)からトライアングル下限ラインまでの垂線の幅と同幅をブレイクポイントから計測したA地点、同じ幅でAPEX(頂点)から計測したB地点、そして頂点(起点)から下限ラインと平行なライン(パラレル・ライン)の延長線上のCの3通りのいずれかに絞ることができます。

ここでとるべきトレード戦略は、直近のトレンドが上昇トレンドであれば、買い先行で回転売買を行っていき、三角保ち合いを上にブレイクしたのを確認してさらにロングを積むという戦略になります。

そしてパラレルラインまで値幅が取れたら利確です。

ただ、実際にはチャート上では上昇トレンドであっても下にブレイクすることもあるので、その場合はトレンド転換が起きるかどうか見極める必要があります。

例えば、「買われ過ぎ」ゾーンであれば、上昇トレンド継続が否定されてトレンド転換が起こりやすいです。
トレンドラインを下にブレイクしたのを確認してドテンショートを持つのがこの場合のトレード法になります。

アセンディング(上昇)・トライアングル


引用元:SBI証券

アセンディング(上昇)・トライアングルは、上側は水平線、下側は上向きのトレンドラインとなっている三角保ち合いのチャートパターンのことです。

安値が切り上がっていき、最終的には上側の水平線のレジスタンスラインを突破し、元の上昇トレンドを継続することが多いです。

このチャートパターンも順張りの押し目で拾ってき、レジスタンスラインをブレイクしたら積み増し、というトレードスタイルになると思います。

上昇トレンドに逆らって、ショート先行でエントリーするのは勝率が低いのでやめましょう。
「買われ過ぎ」ゾーンでトレンド反転が起きそうだと思った場合は、トレンドラインをブレイクするまではノーポジで様子見することをオススメします。

ディセンディング(下降)・トライアングル

引用元:SBI証券

ディセンディング(下降)・トライアングルは、上側は下降トレンドライン、下側が水平線のサポートラインになっている三角保ち合いのチャートパターンです。

高値が徐々に切り下がり、売り圧力が次第に強まっていることを表しています
トレンドには逆らわず、売り先行の回転売買で、サポートラインを下にブレイクしたところでショートでエントリーするのがセオリーです。

ビットコインFXに限らずですが、大口投資家が敢えて下にブレイクさせてから上昇させるというダマシもあるので、実際には、「このラインまで反発したら撤退・損切りする」というストップ価格を決めてエントリーすると勝率の高いトレードになります。

三角保ち合いを利用したBitMEXトレード戦術

実際にBitMEX(ビットメックス)のビットコインFXのチャートを用いて、三角保ち合いを使ったトレード方法を見ていきましょう。

このチャートは下落トレンドのBitMEXビットコインFXチャートです。
三角持ち合いから下にブレイクして下落トレンドが継続しています。

このチャートを形成しているときのトレード思考は以下になります。

  1. 二度更に下を目指そうとしたが否定しダブルボトム形成→トレンド転換?
  2. 直近の高値を更新できずレンジ→三角持ち合い形成と判断。
  3. トライアングルが1/2~3/4の間でブレイクする可能性大なので、ブレイクしたのを確認してショートエントリー。

さらに、利確ポイントもある程度目星がつく感じになっていたので追記しました。

利確ポイントは、三角持ち合いのパラレルライン(三角の頂点から先端までの傾きを下弦に水平移動させたライン)が第一利確ポイントでしたが、そこは突き抜けています(画像に書いてないです)。
三角を含む下落のレンジ幅の下弦で反発しているので、そのあたりに決済の指値注文を仕掛けておくといい感じのトレードになったでしょうね。

こんな感じで三角持ち合いでのトレードをしてみてください。

画像を見てもらえばわかると思いますが、実施のチャートは必ずしもきれいな三角形になるとは限りません。
しかし、チャートをよく見ると、三角保ち合いは色んなところで発生しています。

三角保ち合いは、色んな時間足(日足、1時間足、30分足、5分足など)で、大小さまざま発生しています。

これらを見つけて、狙いを定めてブレイクでエントリーをするだけでもトレードの勝率は高いと思います。

BitMEXトレードで三角持ち合いを探す方法

BitMEXのビットコインFXでは、チャートの機能をフルに使って三角持ち合いを探せます。

まず、チャートを拡大しましょう。
せっかくなので全画面表示にしてみましょう。
トレード画面でこのマークの部分をクリックすると別ウィンドウで全画面表示できます。

この部分をクリックすると、BitMEX内で拡大表示にできます。

チャートの左サイドにラインツールがあります。このアイコンです。

チャート上をドラッグしてトレンドラインを引くことができます。

こんな感じでチャートでどのラインが意識されているのか、ちょっとでも気になったらラインを引いて検証してみましょう。

この画像では「トレンドライン」を使っていますが、三角持ち合いを探すには「延長線」がおすすめです。

描いたトレンドラインは、ドラッグすることで移動でき、ラインを右クリックし「複製」をクリックすると、コピーされたラインが近くに表示できるので、パラレルライン(平行した傾きのラインから利確ポイントを予測した線)を探すときにも役立ちます。

三角持ち合い(トライアングル)の別名

引用元

この三角持ち合い(トライアングル)は、相場が三角形の中に納まることがその呼び名がつけられていますが、一目均衡表の波動論ではこの相場を「P波動」と呼んでいます。

ちなみに三角持ち合い(トライアングル)とは逆に、高値安値がどちらとも広がっていく相場のことを逆P波動Y波動、逆三角持ち合い、逆ペナント型と呼ぶこともあります。

引用元

まとめ

三角持ち合い(トライアングル)でビットコインFXに勝つ使い方・ダマシ回避を解説。というテーマで記事を書いてみましたがいかがでしたか?

三角持ち合い一つとっても、色んな戦略がありますし、

どっちかに大きく動くのが三角持ち合いやな!

と思っていた方には大変役立てたのではないかと思います。

三角持ち合いには三通りあり、

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  • アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  • ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

というのが基本にあり、特にシンメトリカル・トライアングルは利確ポイントがわかりやすいので勝ちやすいですね。
BitMEXのチャートを使って、実際の三角持ち合いの考えかたも紹介しました。
是非実践のビットコインFXトレードに役立ててください!

BitMEXで他のテクニカルツールを使ったトレード方法もご紹介しています。

ビットコインFXのテクニカルトレード一覧
ボリンジャーバンドやMACDなどの初心者向けテクニカル指標や、 エリオット波動理論などの中級者向けテクニカル分析のトレード方法を解説しています。

BitMEXの登録がまだの方は是非この機会にアカウント開設だけでもしてみてください。(所要時間1分)

BitMEX登録方法|ビットメックスの口座開設を分かり易く解説【1分で完了】
100倍レバレッジでビットコインFXができるBitMEXの登録方法(口座開設)について解説します。アカウント登録は本人確認不要で1分もかからず簡単にできるぞい!

関連記事 BitMEXチャートの移動平均線はどう設定すればいい?表示方法とグランビルの法則を解説

BitMEX BitMEXの登録はこちらから


下記リンクから登録して頂くと、特別優遇特典として手数料が割引されます。
BitMEXの公式サイト

GMOコイン 送金手数料無料のGMOコイン


GMOコインは送金手数料や日本円出金手数料などがすべて無料なので実はものすごく使いやすい仮想通貨取引所です。
GMOコインの公式サイト

コメント