私が使っているおすすめビットコインFX取引所「Bybit」はこちら

Uniswap(ユニスワップ)の登録方法と使い方|話題のDEXで掴め草ドリーム

Uniswap(ユニスワップ)の登録方法と使い方取引所の登録方法

人気のdefiトークンバブルの震源地となっている、DEX暗号通貨取引所「Uniswap(ユニスワップ)」の登録方法や使い方をまとめて紹介します。

COMP、AMPLE、YFIなど2020年はDefiトークンが暴騰し、かつてのアルトコインバブルを彷彿とさせるものとなりました。

今後も上場コインに注目が集まるUniswap(ユニスワップ)を押さえておくことは、暗号通貨に投資する者としてもはや避けては通れない存在になっていると言っても過言ではないでしょう。

Uniswapをまだ使ったことがないという人も、この記事を読めばUniswapのみならずDefiのことが理解できます。

Uniswap 有望銘柄をいち早く取引できる注目のDEX(分散型取引所)
Uniswap公式サイト

Uniswap(ユニスワップ)取引所とは

取引所名Uniswap(ユニスワップ)
リリース2018年11月
運営DEX(分散型)
取引方法販売所形式
開発オープンソース(ホワイトペーパー

Uniswapの特徴

Uniswap(ユニスワップ)とは、2018年11月に登場したETH(イーサリアム)上でERC20トークン(イーサリアム上で生成されているトークン)をswap(交換)できるプロトコルです。

DEX(分散型取引所)なので業者を仲介することなく取引を完結することが出来ます。

Hayden Adams

Hayden Adams

ETH開発者の一人であるHayden Adamsにより発明され、世界中の協力者によって完全なオープンソースで開発されています。

トークンの上場基準が無く、誰かがコントラクトアドレスにプールした数量分をスワップ(交換)できるというシンプルな仕組みで、今までDEXの主流であったIDEX、Ether Delta、Kybernetwork、Oxなどが抱える流動性や手数料の割高感という課題を解決した新世代のDEXと言われています。

Uniswapのユーザーと出来高は増え続けている

UniswapでSwap(交換・取引)が出来る新興銘柄のアルトコインが続々とFTXやMXC等チャレンジングな仮想通貨取引所にリスティングされていますが、取引所上場時には10倍を超えるような価格の高騰を記録する通貨も現れることも珍しくありません。

今やUniswapはDEXのトップシェアを獲得しており、一時的とはいえ大手取引所Coinbaseのプロトレーダー向けプラットフォーム「Coinbase Pro」の出来高を超えたほどです。DEXの出来高ランキングちなみにFTX取引所では、Uniswapのトップ100銘柄をインデックス先物契約にした「UNISWAP-PERP」等も取引できます。それだけ注目されているということですね。

Uniswapの3つの機能

Uniswapには大別すると以下3つの機能に集約されます。

  1. スワップ(交換)
  2. 送金・受信(他ウォレットや取引所へ)
  3. プール(ETHと同価値のトークンを預けることで流動性インセンティブを得る事が可能)

スワップ(swap)というのは、ETHとERC20トークンもしくはERC20トークン同士をトレードすることです。

送金・受信というのは一般的なウォレット機能です。
プールというのはUniswapの仕組みの肝となる部分なので以下で詳しく解説します。

Uniswap(ユニスワップ)の仕組み

Uniswapはスマートコントラクトで制御されたアルゴリズムのみで、自動でシステムが稼働し続けており、例え開発者でも資金を操作することはできません。

Uniswapが支持されている理由

DEXの中でUniswapが支持されている理由は以下の仕組みが評価されているからです。

  • 完全にオープンソースで開発され公平な運営
  • プールに流動性を提供すれば手数料報酬が得られるインセンティブ設計
  • 中間管理者もいないので結果手数料が安く抑えられる
  • 上場ハードルが低く多彩な銘柄をトレードできる

コントラクトアドレス自体が流動性を提供するプールとして利用しており、すべてのユーザーがトレード(Swap)することも、流動性を提供(Pool)して報酬を受け取る側に回ることもできます。

Uniswap v1からv2にアップデートしたことで流動性が強化

Uniswap v1では、イーサリアムでERC-20トークンとswapすることが出来ましたが、v2にアップデートされたことでERC-20トークン同士をswapすることが出来るようになりました。

以下の画像はERC-20トークン同士をswapするときに起きていることの図解です。そのペアでの流動性が枯渇しないよう、内部で別のペアとのスワップが起きているとかたぶんそんな感じです。
uniswapの仕組み

プールに流動性を提供して収益を得る

Uniswapのユーザーは誰でも、ETHとETHと同価値分のERC20トークンをプールにロックし流動性を提供することで、ロックした金額の大きさに応じて、Swapされたトレード額の0.3%から一部をインセンティブとして受け取ることができます。

uniswapの図解その1

UniswapのユーザーはプールへロックされたETHやトークンの流動性の分だけ取引できるので、流動性が大きくなるほどレートが是正され、トレードの利便性が向上します。

Uniswap(ユニスワップ)の登録方法

Uniswapの利用を開始する前に、私はまずUniswapに必要なERC20対応ウォレット、MetaMask(メタマスク)をブラウザにインストールしました。(Trust walletもスマホ同期に使います)

ChromeもしくはBraveブラウザ拡張プラグインMetaMask(メタマスク)をインストール。ウォレットを新規作成するときには復元パスフレーズが表示されるので必ず記録してください。ほかの端末で共有したり、新規ログインする場合に必要になります。

メタマスクをブラウザにインストール

復元パスフレーズはスマホで売買する際にも同期に使います。必ず保存しておきましょう。

MetaMaskがブラウザにインストールされたら右上アイコンに並んでいるか確認します。無かったら「拡張機能」アイコンからMetaMaskのピンを有効にします。

そしてUniswapにアクセスします。「connect wallet」をクリックし、先ほど用意したMetaMaskを選択。MetaMask側のポップアップ「次へ」をクリックします。
uniswap登録手順ステップ1

以下の画像のように、「connected」「balanse」やアカウント名が確認できればウォレットの接続成功です。

Uniswap登録手順ステップ2

Uniswapをスマホに同期する方法

私はUniswapをブラウザのMetaMaskのウォレットで始めたので、スマホにMetaMaskを同期できるウォレットを探したところ、「Trust Wallet」で同期できることがわかりました。iOS、Android共に対応しています。※スマホ版MetaMaskアプリもあるが、Uniswapに接続できるか不明Trust Wallet

スマホアプリTrust WalletをインストールすることでUniswapをパソコンブラウザとパソコンで同期して使うことができます。

Trust Walletアプリを開き「既にウォレットを持っている方」をタップ、マルチコインウォレットをタップ、フレーズ入力欄にMetaMaskの復元パスフレーズコピペ、以上で簡単に同期が完了します。Trust Walletウォレットをインポート

モバイルブラウザからUniswapをTrust Walletでも繋げばスマホでもUniswapで共有したウォレットでトレードできるようになります。

スマホのChromeとかブラウザでUniswap公式サイトを開き、「Connect to a wallet」→「WalletConnect」→「View QR code」をタップ。出てきたQRコードをスクリーンショットします。

スマホでUniswap

Uniswap側で出したQRコードのスクショを、Trust Walletアプリの設定ページ「WalletConnect」から読み取ってTrustウォレットをUniswapに接続します。WalletConnectでUniswapを同期

Trust Walletアプリで「接続する」という画面が出て、状態がオンラインになったら、そのページを閉じずにUniswapを開いているブラウザに戻りましょう。
接続が成功していればアドレス名が表示されています。アプリを閉じるとログアウトします。

uniswapと同期完了

MetaMaskのモバイルアプリもできた

MetaMaskのモバイルアプリも正式リリースされ、iOS・Androidともにストアでインストールすることができます。Uniswapに接続できるようになればTrustWalletは使わなくなるかもですね。
MetaMaskのモバイルアプリ

 

Uniswap(ユニスワップ)の使い方

Uniswapの使い方はシンプルなので、すぐ覚えられるともいます。

スワップ(swap)

SWAPタブをクリック、交換元通貨を選択、そして交換したい通貨(交換先通貨)を検索窓から探し選択します。交換したい数量をどちらか一方に入力すると自動でレートが算出されます。uniswapのスワップ(swap)

その時、Uniswapでその数量がプールに預けられている数量よりも多くなる場合、非情な不利なレートが提示されることがあります。

大きな金額の取引をする場合には、まず少額で入力し適正なレートを見てから、そしてコントラクトアドレスに十分な流動性がプールされているのか確認してから行うようにしてください。

また、「Minimum received」というのは提示されるレートと実際にスワップされたときのレートが完全に一致せず僅かな揺らぎがあるのですが、最低いくらの通貨が獲得できますよ、ということが罹れています。
「Price Impact」はこのスワップが市場価格に与える影響度を表しています。
「Liquidity Provider Fee」というのはプール流動性提供者に還元される手数料を表しています。

ユニスワップのスワップ詳細

プール(Pool)

ETHと、それと同額のERC20トークンをプールにロックすることで、報酬「Liquidity Provider Fee」を流動性提供者で割り振った分を得ることが出来ます。

イーサリアムのGas代高騰問題

Uniswapはオープンソースの優れた設計によりガス効率が高くなっており、ETH → ERC20トークンのスワップではBancorの1/10のガス代程度で済みます。

以下の表のとおり、Uniswapの手数料は他のDEXに比べても、かなり安く抑えられています。
ERC20トークン同士の交換ではそこまで安くないですね。uniswapのgas手数料

ユーザーはトレードで少しでもコストを抑えたいので、Uniswapはその点でも選ばれています。

ただ、2020年に入ってからのDefiの盛り上がりによりイーサリアムの需要が爆増、それによってGas代も高騰するという事態になっています。

仮想通貨相場が暴落すればGas代はまた落ち着いてくるはず…とか言ってたら相場が下落してGasが半額以下にまで落ちていました。ムラがありますねぇ。

Uniswap infoを活用しよう

Uniswap.infoは、Uniswapに上場している全銘柄の出来高やプール量、チャートなどを可視化してくれるUniswap公式のマーケット情報サイトです。
自分がウォッチしている銘柄をチェックするのに大変重宝するので、Uniswapユーザーは必ず使いましょう。

出来高が多い新興銘柄があらわれたらTwitterやredditなどで検索してみて、どのような理由で人気なのか、これから値上がりの可能性はあるのかなど投資判断に使えます。

uniswapに預けられている総額や出来高

uniswapにプールされている資産総額や全体出来高

uniswapでプールが多い銘柄が分かる

uniswapでプールが多い銘柄が分かる

uniswap銘柄ペア

uniswapで最も取引されている銘柄ペアが分かる

そのほか、coinmarketcap等でも出来高の多いペアを確認できます。

Uniswap(ユニスワップ)の注意点

Gas代の高騰

Uniswapはイーサリアム上で動いているアプリケーションなので、Gasが掛かります。
Defiブームが盛り上がるほどGas代が高騰し、投資に対してのリターンが悪くなるというデメリットがあります。

マイナーな銘柄がたまに表示しにくい

Uniswapに上場しているはずなのに、検索窓に表示されない銘柄は、直接イーサスキャンで読み取る必要があります。

詐欺銘柄も紛れ込んでいる

将来有望な銘柄も多く上場しているUniswapですが、誰でも上場基準を満たせばERC20トークンを上場することができるので、翌日には価値が0になってしまったり、プロジェクトが存在しないようなものも紛れ込んでおり、まさに玉石混交といった感じです。

ダイヤの原石を探すには、Twitterや海外コミュニティをみて自分で判断しましょう。

Uniswap(ユニスワップ)のまとめ

話題のDEXで掴め草ドリーム!ということで、全自動のプロトコルで動いているUniswap(ユニスワップ)の詳しい登録方法(始め方)や使いかたについて解説してみました。

日本国内の取引所上場銘柄だけを触っているだけでは大きな機会損失です。
是非最先端のアルトコインのトレンドに乗って飛躍のきっかけにしてください。

Uniswap 有望銘柄をいち早く取引できる注目のDEX(分散型取引所)
Uniswap公式サイト

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました